「ジェネレーティブ」とは?

関連ニュース

パブリッシャーの「 AI ライセンス契約」に対する賛否両論 Vol.2 - 06月20日(木)09:50 

ジェネレーティブAI企業のOpenAI(オープンAI)と契約を結んでいない大手デジタルパブリッシャーはあるだろうか。 OpenAIが最近締結した一連の契約では、パブリッシャーは大規模言語モデル(LLM)のフィードとトレーニングにコンテンツを使用することを許可し、その対価を受け取ることになる。これまで大手テック企業は許可なしに無料でパブリッシャーのコンテンツをスクレイピングしていたため、大きな問題になっていた。 しかし、これらの契約には大きな批判もある。コンテンツを使用させる代わりに対価を支払ってもらえるのはパブリッシャーにとって良いことだが、その金額は十分なのだろうか? パブリッシャーは、もっとも価値のある資産をないがしろにしてはいないか? ここでは、メディア企業がOpenAIのようなAIテック企業と契約を結ぶことに対する賛否両論の一部を示す。反対は本記事で、賛成は6月19日公開のVol.1でチェックしてほしい。 AI企業はパブリッシャーの力不足につけこんで買い叩いている 実際のところ、パブリッシャーのコンテンツはどれくらいの価値があるのだろうか? 数百万ドルで十分なのだろうか。OpenAIがパブリッシャーへのオファーで求めている正確な条件は不明だが、数百万ドルは安すぎるように思われる。続き...more
カテゴリー:

Google DeepMind、テキストプロンプトで"口パク"にも対応するサウンドトラック生成技術 - 06月19日(水)10:29 

Google DeepMindのジェネレーティブメディアチームは現地時間6月17日、ビデオ生成モデル「Veo」と組み合わせて、生成した無音動画に同期したオーディオビジュアルを生成する研究中のV2A(video to audio)技術の現状を発表、スリラー、ホラー、宇宙空間などのシチュエーションに合わせて生成されたサウンドトラックを公開したことを公式ブログで発表した。
カテゴリー:

【Google I/Oで発表されたこと】マーケターに影響を与える AI の新機能とは何か? - 06月10日(月)10:50 

AIがアシストする世界に向けて、Googleが描く構想――5月中旬に開いた年次デベロッパーカンファレンス「Google I/O」で、その輪郭が鮮明になった。 同イベントでは、各種ソフトウェアプラットフォームとハードウェアデバイスに実装されるジェネレーティブAI機能のさまざまなアップデートが発表され、オンラインとオフラインにおける検索やコンテンツの制作・タスクの実行といった、ありとあらゆる領域へのジェネレーティブAIの活用法が発表された。 また、Gemini(ジェミニ)シリーズの最新AIモデルも発表され、AIの高速・効率化を実現する『Gemini 1.5 Flash』、プライバシーの向上に役立つ可能性を秘めた『Gemini Nano』のデモも公開。そのほかにも、AIが対応可能な情報量の増加や、プラットフォームが動画や音声、画像、テキストを処理する新たな方法といったアップグレードも発表された。 これらとは別に、最新AI動画モデルのVeo(ベオ)で動画を作成・編集する方法、さらにはLyria(リリア)モデルとMusic AI Sandbox(ミュージックAIサンドボックス:Googleは、このAI音楽ツールをYouTubeとミュージシャンのビョルン・ウルバース氏[ABBA]とワイクリフ・ジョン氏と...more
カテゴリー:

Googleが広告主向けツールを続々と拡充。目玉は ジェネレーティブAI 検索の新フォーマット - 06月03日(月)10:50 

ジェネレーティブAI検索を拡張して1週間足らず、Googleはすでに新機能『AI Overview』に広告を導入しようとしている。 5月21日のGoogle Marketing Liveで発表された情報によると、同社は一連の広告関連のアップデートと並んで、さまざまなソースから抽出された検索結果の自動生成サマリーの上下と内部に広告を配信する新しい方法をテスト中だ。AI Overview広告は、広告主の既存の検索、ショッピング、Performance Max(P-MAX)キャンペーンを利用するものだという。 Googleの幹部は、ニューヨークで開催されたプレスイベントでAI Overview広告のテストに参加している広告主やユーザーの数を明らかにしなかった。ただし、ユーザーが衣服のしわを取る方法を検索すると、インスタカート(Instacart)やウォルマート(Walmart)のような小売企業によるダウニー(Downy)やバウンス(Bounce)の広告が表示される例を挙げている。また、もうひとつの新しい検索フォーマットでは、ユーザーが画像やさまざまな条件をアップロードすると、ニーズに合う商品を見つけることができるという。 次々に発表される広告フォーマット Googleのグローバル検索広告担当ディレ...more
カテゴリー:

パブリッシャーの「 AI ライセンス契約」に対する賛否両論 Vol.1 - 06月19日(水)14:50 

ジェネレーティブAI企業のOpenAI(オープンAI)と契約を結んでいない大手デジタルパブリッシャーはあるだろうか。 このほど、OpenAIはボックスメディア(Vox Media)およびアトランティック(The Atlantic)とコンテンツライセンス契約、技術開発契約を結んだと発表した。同社は、フィナンシャルタイムズ(The Financial Times)、アクセルシュプリンガー(Axel Springer)、AP通信(The Associated Press)に続き、IACの傘下のドットダッシュメレディス(Dotdash Meredith)、ウォールストリートジャーナル(The Wall Street Journal)の親会社であるニューズコーポレーション(News Corp)とも契約を結んだと公表されたばかりだ。 コンデナスト(Condé Nast)やハースト(Hearst)、バッスルデジタルグループ(Bustle Digital Group)など、まだこの波に乗っていない大手デジタルパブリッシャーもいくつかある。一方で、ニューヨークタイムズ(The New York Times)はまったく異なるアプローチを取っており、12月にはOpenAIと...more
カテゴリー:

AdobeがAcrobatでPDFにFireflyで生成した画像を埋め込む機能とAcrobat AI AssistantでWordやPowerPointファイルなど複数のドキュメントを分析する機能をリリース - 06月18日(火)11:42 

Adobeが2024年6月18日に、PDF編集ソフトの「Adobe Acrobat」ならびにチャットAIの「Acrobat AI Assistant」に、ジェネレーティブAI「Firefly」の統合や、WordやPowerPointなどのファイルから情報を取得する機能などを追加することを発表しました。
カテゴリー:

AI 記者は人間の記者を追い出すのか? 米パブリッシャーで起きている労働組合との緊張 - 06月04日(火)14:50 

あるローカルニュースルームの労働組合が、親会社ガネット(Gannett)との契約交渉で、ニュースコンテンツの生成にジェネレーティブAIをどれくらい使用するかを巡って争っている。 メディア企業がコンテンツ制作や営業をはじめとするビジネス機能の効率化を狙ってジェネレーティブAIを導入するにつれて、労働組合はこの新技術によって脅かされるジャーナリズムの完全性と雇用を守る役割を担うようになっている。 米国ニューヨーク州ロチェスターの日刊紙「デモクラット・アンド・クロニクル(Democrat & Chronicle)」の労働組合は4月24日、ガネットから送られてきた契約書の草案で、AIの使用に関する条項が予想外に変更されていることに気づいた。 AIニュース生成方針に対する労働組合の反発 4月11日に送付され、Xに投稿された以前の草案では、「ローカルニュース報道の代替ではなく補足として、ニュースコンテンツ生成のためにAIを使用できるものとする」と書かれていた。しかし、4月24日に送られてきた改訂版では、この記述が削除され、「ニュースコンテンツ生成のためにAIを使用できるものとする」と変更されていた。 また、4月24日の草案には、AIの使用はガネットの技術利用に関する倫理ガイドライン指針に該当す...more
カテゴリー:

こんなの見てる