「シリア北部」とは?

関連ニュース

クルド人勢力がシリア北部要衝から撤退 衝突は続く - 10月21日(月)06:07 

 トルコ軍によるシリア北部での越境軍事作戦で、攻撃を受ける少数民族クルド人の武装組織「人民防衛隊」(YPG)側は20日、シリア北部の要衝ラスアルアインから全戦闘員を撤退させたと発表した。トルコと米国は…
カテゴリー:

【速報 JUST IN 】トルコ国防省 「シリア北部国境.. - 10月20日(日)23:45 

【速報 JUST IN 】トルコ国防省 「シリア北部国境からクルド人勢力撤退を確認」 #nhk_news
カテゴリー:

【社説】トランプ氏に弱さみるトルコ大統領 米議.. - 10月20日(日)20:00 

【社説】トランプ氏に弱さみるトルコ大統領 米議会下院はトランプ大統領が決めたシリア北部からの米軍撤収に反対する決議案を可決したが、この投票は見ものだった。決議案は賛成354反対60で支持された。 #トランプ #トルコ #シリア
カテゴリー:

シリア北部 停戦は不透明 “攻撃やめてない”と双方.. - 10月20日(日)08:53 

シリア北部 停戦は不透明 “攻撃やめてない”と双方非難 #nhk_news
カテゴリー:

トルコ戦闘再開警告 シリア北部で散発的砲撃 双方「停戦合意違反」主張 - 10月19日(土)20:48 

 トルコのエルドアン大統領は18日、米国との間で17日に合意したシリア北部での5日間の戦闘停止について、クルド人勢力が国境付近の「安全地帯」から5日以内に撤退しなければ「より断固とした形で」攻撃を再開すると警告した。AP通信などが伝えた。
カテゴリー:

シリア撤退の米軍、全員イラクへ IS掃討作戦を継続 - 10月21日(月)01:08 

 エスパー米国防長官は19日、シリア北部から撤退する米軍部隊約1千人全員をイラク西部に移す計画を明らかにした。過激派組織「イスラム国」(IS)の掃討作戦を継続し、「イラクの防衛を支援するため」としてい…
カテゴリー:

トルコ国防省 「シリア北部国境からクルド人勢力撤退を確認」 - 10月20日(日)23:44 

トルコ国防省は20日、シリア北部の国境沿いからクルド人勢力が撤退している様子を確認したと発表しました。
カテゴリー:

【トルコとクルド人勢力】非難の応酬 沈静化の見通し立たず - 10月20日(日)20:00  newsplus

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191020/k10012141191000.html トルコとクルド人勢力 非難の応酬 沈静化の見通し立たず 2019年10月20日 19時14分 トルコは、シリア北部での軍事作戦を一時停止すると発表してから初めて兵士が死亡したとして、敵対するクルド人勢力を非難しました。一方、クルド人勢力はトルコが撤退を妨害していると、非難の応酬が続いていて、事態が沈静化する見通しは立っていません。 トルコはシリア北部でクルド人勢力に対する軍事作戦に乗り出しましたが、今月17日、トルコとアメリカは、クルド人勢...
»続きを読む
カテゴリー:

シリア北部 停戦は不透明 “攻撃やめてない”と双方非難 - 10月20日(日)08:52 

トルコが、シリア北部でのクルド人勢力に対する軍事作戦を一時停止することでアメリカと合意してから19日で2日がたちましたが、トルコとクルドの双方は互いに相手側が攻撃をやめていないと非難し合う事態となり、停戦が実現するかは不透明な状況です。
カテゴリー:

トルコ、シリア北部に「安全地帯」着々 12監視拠点を設置 - 10月19日(土)20:26 

 【カイロ=佐藤貴生】シリア北部への軍事攻撃を5日間、停止することで米国と合意したトルコのエルドアン大統領は18日、シリア側国境沿いに設置する「安全地帯」に12の監視拠点を設けると表明した。エルドアン氏は「安全地帯」の構想を主導し、シリアの少数民族クルド人勢力を封じ込めようと着々と布石を打っているようだ。現地の安定の要だった米軍の撤収方針に変わりはなく、停戦が継続するかは見通しづらい。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「シリア北部」の画像

もっと見る

「シリア北部」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる