「システム基盤」とは?

関連ニュース

広島銀行、行内外のシステムをAPIで連携させる「フロントチャネル連携基盤」を構築 | IT Leaders - 07月10日(水)09:00 

広島銀行(本店:広島県広島市)は2024年7月8日、業務システムを行内外のシステムとAPIで連携させる「フロントチャネル連携基盤」を構築し、同年5月20日より運用開始したことを発表した。NTTデータ イントラマートのWebアプリケーション開発・実行プラットフォーム「Intra-mart」で開発している。同システム基盤を活用した顧客向けサービスとして、「ひろぎんビジネスポータル」を介した当座貸越の申し込み機能を提供開始した。
カテゴリー:

寺崎電気産業、基幹システムをS/4HANA Cloudに移行、業務を可視化してボトルネックを改善 | IT Leaders - 07月09日(火)09:00 

寺崎電気産業(本社:大阪府大阪市)は、次世代の経営改革を支えるシステム基盤をクラウドERPで構築する。SAPジャパンのクラウドERP「SAP S/4HANA Cloud Private Edition」を、導入支援パッケージ「RISE with SAP」を用いて導入する。2024年7月にシステム構築プロジェクトを開始した。SAPジャパンが2024年7月8日に発表した。
カテゴリー:

日立建機、基幹システム基盤をOCIで刷新--IT部門の運用管理負荷を軽減 - 06月28日(金)13:59 

日立建機は、経理、開発、生産、設計、販売、部品、輸出、人事、サービスを担う基幹業務システムのクラウド基盤に「Oracle Cloud Infrastructure」(OCI)を採用した。同社は、OCI上で稼働する「Oracle Cloud VMware Solution」と「Oracle Exadata Database Service」を活用し、アプリケーションやデータベースの構成変更を最小限に抑えたクラウド移行を短期間で実現した。
カテゴリー:

生成AIの学習に必要なデータセット構築や データ・生成AIの利活用に向けた調査事業を実施します - 06月28日(金)13:00 

経済産業省では、生成AIの開発力強化に向けて取り組んでいます。今回、GENIACプロジェクトの一環として、NEDOのポスト5G情報通信システム基盤強化研究開発事業を活用し、生成AIの学習に必要なデータセット構築やデータ・生成AIの利活用に係る先進事例に関する調査事業の公募を行います。これにより、生成AIモデルの開発からユーザー企業による利活用までのバリューチェーン上に存在するボトルネックの解決を目指します。
カテゴリー:

アクセラテクノロジ、コンタクトセンターサービスのパイオニアであるディー・キュービックと、コンタクトセンター向けナレッジ×AI活用ソリューションの提供で協業開始 - 06月27日(木)15:00 

アクセラテクノロジ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:進藤達也、以下「アクセラテクノロジ」)は、コンタクトセンター運営や DX 支援を展開するディー・キュービック株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:岸本享、以下「ディー・キュービック」)と、コンタクトセンター向けナレッジ×AI 活用ソリューションの提供で協業を開始したことを本日発表いたします。【協業の背景と目的】アクセラテクノロジは企業内情報の検索を技術的基盤として、創業以来 20 年にわたり、企業におけるナレッジマネジメントの実践を IT 活用の観点から支援してまいりました。その技術とノウハウを集大成して開発したのがナレッジマネジメントに生成 AI を掛け合わせることでお客様のビジネスに競争優位をもたらす「SolutionDesk」です。ディー・キュービックは、コンタクトセンター運営において「ナレッジマネジメント」が自己解決率やサービス品質の向上に不可欠な手法であると考え、その取組みに力を入れています。お客様対応業務において必要な各種ナレッジを整備し、共有・活用を促進することは、ノウハウやスキルの属人化を防ぎ、センター全体のサービス品質向上に繋がります。ディー・キュービックは、クライアント企業への「ナレッジマネジメント」を取り入れた提案を強化する中で、それを支える基幹システムとして「SolutionDesk」を...more
カテゴリー:

寺崎電気産業、「RISE with SAP」の導入で基幹システムを刷新 - 07月09日(火)10:41 

SAPジャパンは、寺崎電気産業が次世代経営改革を支えるシステム基盤として、「SAP S/4HANA Cloud」を中核としたクラウドオファリング「RISE with SAP」を採用したと発表した
カテゴリー:

和歌山市、住民情報系システムをOCI上のガバメントクラウドに移行 | IT Leaders - 07月09日(火)08:00 

和歌山市は、住民情報系システム(住民基本台帳、印鑑登録、選挙人名簿管理、就学)をガバメントクラウドに移行する。2025年1月に稼働を開始する予定。システム基盤にはOracle Cloud Infrastructure(OCI)を利用し、紀陽情報システムがシステムの運用と標準化を担う。日本オラクルが2024年7月8日に発表した。
カテゴリー:

日立建機、オンプレミスのVMware環境で動いている基幹業務システム基盤をクラウドに移行 | IT Leaders - 06月28日(金)13:26 

日立建機(本社:東京都台東区)は、基幹業務システム基盤をクラウドに移行する。オンプレミスのVMware仮想化環境で動いていた約500のアプリケーションサーバーと約100のデータベースを、「Oracle Cloud VMware Solution」と「Oracle Exadata Cloud Service」に移行する。日本オラクルが2024年6月28日に発表した。
カテゴリー:

日立建機、全社デジタル・トランスフォーメーションを支援する大規模基幹システム基盤をOracle Cloud Infrastructureで刷新 - 06月28日(金)12:00 

日立建機、全社デジタル・トランスフォーメーションを支援する大規模基幹システム基盤をOracle Cloud Infrastructureで刷新
カテゴリー:

Osaka Metro、クラウドERP「RISE with SAP」導入で経営改革を加速 - 06月27日(木)13:26 

SAPジャパンは6月26日、大阪市高速電気軌道(Osaka Metro)が、経営改革を推進するシステム基盤として、SAPのクラウドERP「SAP S/4HANA Cloud」を中核とする「RISE with SAP」を導入したと発表した。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる