「サントリーホール」とは?

関連ニュース

新会社サントリーの社長に創業家の鳥井信宏氏 - 05月25日(水)20:00 

 サントリーホールディングス(HD)は24日、国内の酒類事業を統合して7月に設立する新会社サントリーの社長に、サントリーHDの鳥井信宏副社長(56)を起用する人事を発表した。新会社が発足する7月1日付…
カテゴリー:

【音楽】アルゲリッチ&クレーメル2022年6月来日 現在望みうる最高のコラヴォがここに! - 05月22日(日)06:20  mnewsplus

現在望みうる最高のコラヴォがここに! アルゲリッチ&クレーメル2022年6月来日 5/10(火) 12:12 ぴあ https://news.yahoo.co.jp/articles/de8aee52caa2eed02136e6c297dcaf2395d8d22c マルタ・アルゲリッチ(ピアノ)とギドン・クレーメル(ヴァイオリン)の共演が6月の日本で実現する(2022年6月5日、6日:サントリーホール)。 これはまさに、コロナ禍によって閉ざされていたクラシックの扉が、いよいよ本格的に開くことを意味するような出来事だ。2人のデュオやソロの他、チェロの新星ディルバナウスカイテを加えたピアノトリ...
»続きを読む
カテゴリー:

資生堂がチャリティーコンサート開催 日本入国のウクライナ避難民の生活費や学費補助などを支援 - 05月12日(木)17:17 

資生堂が、資生堂チャリティーコンサート“MUSIC for PEACE”をサントリーホールで6月7日に開催する。日本に入国したウクライナ避難民支援の一環として行う。 このコンテンツは FASHIONSNAP.COM が配信しています。
カテゴリー:

「ニューノーマルな働き方協創コミュニティ」活動レポートを公開 - 05月09日(月)11:00 

2022年5月9日 株式会社オカムラ、KDDI株式会社、西部ガスホールディングス株式会社、サントリーホールディングス株式会社、株式会社セブン-イレブン・ジャパン、株式会社日立製作所、ライオン株式会社 「ニューノーマルな働き方協創コミュニティ」活動レポートを公開 人的資本経営を見据え、一人ひとりが自らの価値を高め活躍し続けられる働き方を議論   株式会社オカムラ、KDDI株式会社、西部ガスホールディングス株式会社、サントリーホールディングス株式会社、株式会社セブン-イレブン・ジャパン、株式会社日立製作所、株式会社三菱UFJ銀行、ライオン株式会社、株式会社リクルートマネジメントソリューションズの人事・総務部門など人財マネジメント、働き方改革の担当者が参加する「ニューノーマルな働き方協創コミュニティ(以下、本コミュニティ)」は、2020年10月から2022年3月まで1年半の活動期間で議論してきた内容を活動レポートとして2022年5月9日に公開しました。 URL:https://www.hitachi.co.jp/products/it/ws_sol/picup/newnormal_community_report/?nr0509    ■活動レポートのポイント 一人ひとりが自らの価値を高め活躍し続けられる働き方の実現をめざす上で重要な3つの観点に着目し...more
カテゴリー:

電通プロモーションプラスが企画制作した作品が「第51回フジサンケイグループ広告大賞」の最高賞を受賞! - 05月24日(火)15:00 

2022.05.24 株式会社電通プロモーションプラス  株式会社電通プロモーションプラスが企画制作に携わった「サントリー BOSS」の作品が「第51回フジサンケイグループ広告大賞」の最高賞にあたる「メディアミックス部門グランプリ」を受賞いたしました。    「フジサンケイグループ広告大賞」は、「広告の総合性」「広告の創造性」「広告の大衆性」という3つの広告特性に優れた新聞、テレビ、ラジオ、雑誌、ウェブの広告を顕彰する、1971年に設立された総合広告コンクールです。賞の構成は、フジサンケイグループ広告大賞グランプリを含む「メディアミックス部門」、各媒体別に作品を審査する「メディア部門」「クリエイティブ部門」「パブリック部門」、話題性の高い広告や社会に貢献した企業キャンペーンなどを表彰する「特別部門」があり、今回は、2021年にフジサンケイグループの各メディアで放送、掲載された広告254作品の中から33作品が選ばれました。     【第51回フジサンケイグループ広告大賞 受賞概要】   ■受賞:メディアミックス部門グランプリ ■担当カテゴリー:デジタルメディア「BOSS×ザ・ドリフターズ」 ■広告主:サントリーホールディングス株式会社 ■商品名:BOSS ■作品名:働く人の相棒  ■担当者 ●クリエー...more
カテゴリー:

「『アイカツ!シリーズ』オーケストラコンサート『オケカツ!』2nd Stage 10th Ver.」,最速先行受付(抽選)が本日21:00スタート - 05月14日(土)18:00 

 Aetasとバンダイナムコピクチャーズ,バンダイナムコミュージックライブが8月30日にサントリーホールで開催する,「『アイカツ!シリーズ』オーケストラコンサート『オケカツ!』2ndStage10thVer.」の,イープラス最速先行受付(抽選)が,本日21:00にスタートします。
カテゴリー:

近距離モビリティWHILL、免許不要で歩道走行可能なスクーター型新モデル発表。今秋発売へ - 05月12日(木)08:00 

WHILL株式会社は、近距離モビリティ「WHILL」シリーズにおいて新モデル「WHILL Model S」を発表。今秋の販売開始を予定しています。 安定感のあるスタイリッシュなモデル 「WHILL Model S」は、時速6km以下で走行するスクーター型の近距離モビリティ。電動アシスト自転車よりも安定感があり、シニアカーよりもスタイリッシュな製品です。 免許不要で歩道を走行できるため、免許返納後や自転車からの乗り換えなどに最適とのこと。高齢化社会の日本において、移動手段に新たな選択肢が増えるでしょう。 「WHILL」シリーズを紹介します 同社は現在、車いす型の電動近距離モビリティ「WHILL Model C2」および「WHILL Model F」をグローバルに展開中。 「WHILL Model C2」は、5cmの段差を乗り越える走破性や半径76cmで回転できる小回り性能、軽い力で直感的に操作できるコントローラー、大容量で持ち運び可能なバッテリーなどが特徴の製品です。 こういった機能や高いデザイン性はそのままに、折りたたみ式となったのが「WHILL Model F」。3ステップで折りたためるため、旅行などに持っていくのも便利です。また、旅行先で受け取れるレンタルサービスもあります。 両モデルともに、免許不要で歩道走行が可能。オプションとして、乗車中のアクシデントをカバーする保険やロー...more
カテゴリー:

ツイッター人気

こんなの見てる