「サミット」とは?

関連ニュース

グレタさん支援の環境団体、中国政府の工作機関か 沖縄の辺野古反対運動で訴訟も - 12月10日(火)11:20  news

sssp://img.5ch.net/ico/monatya.gif ヨットで英国から大西洋を横断して米ニューヨークに渡り、国連総会の関連パネルで怒りのスピーチを披露した16歳の環境活動家グレタ・トゥンベリさんについて、英字の主要メディアはこぞって取り上げた。 彼女の登壇を調整した環境団体は、以前、米国委員会により、中国共産党政府の代理人の疑いがあると指摘されている。 9月23日、国連総会開催に合わせて開かれた気候変動サミットに、世界12カ国から集まった16人の8歳から17歳までの環境保護活動に関心を置く子どもたちが参加した。 16人は、...
»続きを読む
カテゴリー:

よしもとスポーツが実践する、ファンの熱量を拡散させるO2O施策とは ~Twitter Check-Inを活用したリアルとウェブの連動~ - 12月10日(火)10:00 

ユニークビジョン株式会社(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:白土` 良之)は、2019年11月の宣伝会議サミット2019にて、当社のSNSマーケティングツール『Belugaチェックイン』について、株式会社よしもとスポーツ(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:星 久幸、以下 よしもとスポーツ)・Twitter Japan株式会社(所在地:東京都中央区、代表取締役:笹本 裕、以下 Twitter Japan)とセミナーを開催したことをご報告いたしま...
カテゴリー:

働き方改革で最も影響を受けるのは誰なのか!?キンコン西野&箕輪厚介らが最新ニュースをぶった斬る - 12月10日(火)06:00 

霜降り明星がMCを務め、各業界の天才&異端児が最新ニュースをぶった斬るバラエティ『モンスターサミット』(日本テレビ系)が、12月10日(火)24時9分から放送される。 この日、パネラーとして安部敏…
カテゴリー:

働き方改革で最も影響を受けるのは誰なのか!?キンコン西野&箕輪厚介らが最新ニュースをぶった斬る - 12月09日(月)19:56 

霜降り明星がMCを務め、各業界の天才&異端児が最新ニュースをぶった斬るバラエティ『モンスターサミット』(日本テレビ系)が、12月10日(火)24時9分から放送される。この日、パネラーとして安部敏樹、石戸諭、市井紗耶香、渋谷ザニー、SO-RI-、疋田真理、箕輪厚介、西野亮廣(キングコング)が出演。新世代コメンテーターたちが様々なテーマにおいて議論を交わす。まず取り上げるのは、「働き方改革と若者の貧困」。今後、日本企業は今ほど社員を抱えられなくなる――!? 働き方改革で最も影響を受けるのは誰なのか、完全能力主義の社会をどう生き抜くかについて語り合う。続いてのテーマは、「フェイクニュース社会から身を守る処世術」。ネット情報はどこまで信用できる? 日本はとても遅れているというが、世界のフェイクニュース対策にはどのようなものがあるのか? また、ネット炎上のプロ・西野が“性弱説”について熱く語る。 関連リンク Aぇ!groupの末澤&草間&小島、ひらパーの絶叫マシーンに挑戦!「大人はやっぱり信用したくない」 サンドウィッチマンMCの“井戸掘りバラエティ”第2弾はオードリー春日らが挑戦! 岩田剛典『歴史秘話ヒストリア』で特攻...more
カテゴリー:

世界のセレブリティから支持されるグレタさん、COP25会場のスペインに無事到着 - 12月09日(月)15:31 

グレタ・トゥーンベリさんのピンチと支援の声  国連気候行動サミット2019(9月、ニューヨーク)での熱のこもったスピーチにより一躍、世界的な有名人となった環境活動家グレタ・トゥーンベリさん(16)。  最近では、彼女をノ […]
カテゴリー:

「TED」が本気で「地球温暖化」を止めるために動き出す - 12月10日(火)10:00 

12月4日、TEDが「Countdown(カウントダウン)」という特設サイトをローンチした。目的は気候変動を注意喚起するためだ。 WEBサイトにはどうすれば環境に優しい行動をとれるのか?というティップスが載せられており、個人でも実践できる策を学ぶことができ、たくさんの人に「#JoinTheCountdown」というムーブメントに参加するようにも呼びかけている。まずは、今から約1年後の2020年10月10日に、どれだけ二酸化炭素を削減できたのかを確認するという。2020年10月6日〜9日にはノルウェーのベルゲンで、1000人以上の専門家やクリエイターたちを招集した大規模なサミットを開催する予定。ちなみに、YouTubeも拡散に協力し、一部のユーチューバーたちはそのためにコンテンツを制作するとのこと。 どうやらTEDは、世界規模の問題解決に向けて本気のようだ。 詳しくはコチラから。Top image: © TED
カテゴリー:

グレタ・トゥーンベリさん、自分にばかり注目するメディアに苦言「私はただの気候活動家。大きなムーブメントの小さな一部」 - 12月10日(火)09:49 

スウェーデンの環境活動家、グレタ・トゥーンベリさんへの注目が加熱している。第25回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP25)が開催されているスペイン・マドリードで12月6日、環境活動家のグレタ・トゥーンベリさんが気候デモを引導した。しかしAFPによると、多くの報道陣や支持者に囲まれ、デモが始まって早々に、警察に離脱を強いられた。「警察に、このまま続けられないと言われました。だから、残念ですが、このマーチには参加できません。実際ほとんど身動きが取れない状況なので」と話している様子の動画がTwitterに投稿されている。「これは安全のためです。たくさんの人が踏みつけられています。もちろん、このデモに参加するのを楽しみにしていました」当日、マドリード中心部には多くの国から集まった人々がメッセージの書かれたサインを手に持ち、掛け声をかけながら行進した。主催者は50万人以上がデモに参加したとしているが、地元当局は1万5000人と発表している。School strike week 68. They say more than 500 000 people showed up tonight in Madrid!#fridaysforfuture#climatestrike#schoolstrike4climate#cop25pic.twitter.com/YAxPZt3fOU—...more
カテゴリー:

失笑の極み。政府公表の関税撤廃率が朝日試算より約30%も低い訳 - 12月09日(月)20:20 

欧米を中心に肉を食べないベジタリアンや、卵も牛乳も避けるビーガンが増加傾向にあります。食に対する考え方や食べ方の多様性が広がる中、農業や畜産の在り方もまた、転換期を迎えているかもしれません。そんな中、朝日新聞が興味深い記事を11月29日の紙面で紹介しました。政府が公表した関税撤廃率に不審な点を見つけ、朝日新聞が独自に試算をしたというのです。果たしてどのような相違点を見つけたのでしょうか?ジャーナリストの内田誠さんが自身のメルマガ『uttiiの電子版ウォッチDELUXE』で、新聞各紙の報道内容とともにその詳細を分析・検証しています。 農業の将来、農業の未来について、様々な素材から考える(2019年11月29日の朝刊ウォッチ) ラインナップ ◆1面トップの見出しから……。 《朝日》…「米の香港人権法成立」《読売》…「NHKネット事業費縮小」《毎日》…「米、香港人権法が成立」《東京》…「気候サミット演説 首相断られる」 ◆解説面の見出しから……。 《朝日》…「香港 米中の対立新局面」《読売》…「2割負担 時期攻防」《毎日》…「香港人権法 新たな火種」《東京》…「議会の対中強硬に抗えず」 プロフィール 「はじめに」のところで「食肉」の話をしましたら、《読売》と《毎日》が「代替肉」「培養肉」についての大きな特集を載せていて吃驚。《朝日》は牛肉を含む米国との貿易協定に関わるスクープを展開、《東...more
カテゴリー:

SDGsすごろく、男女平等や貧困学ぶ - 12月09日(月)19:10 

外国人や障害者などの人権を考える「ふれあい人権フェスタ」が7日、上峰町民センターで開かれた。約220人が来場し、男女平等や貧困の格差を学ぶすごろくなどで知識を深めた。 4~10日の人権週間に合わせ、毎年県が開催している。2015年の国連サミットで採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)のすごろくを楽しむブースもあった。子どもたちは「女性が大統領や首相になった国の数は?」「貧困状態で暮らしている世界の人の数は?」などのクイズを解きながら、ゴールを目指していた。
カテゴリー:

タキイ種苗「2019年 野菜の総括」 約8割が「食品ロス削減」のために行動 SDGsへの意識の高まりも影響か - 12月09日(月)14:00 

2019年12月9日 タキイ種苗株式会社 年の瀬恒例!令和元年の「野菜」を振り返る タキイ種苗「2019年 野菜の総括」 約8割が「食品ロス削減」のために行動 今年注目が集まったSDGsへの意識の高まりも影響か  タキイ種苗株式会社(所在地:京都市下京区、代表取締役社長:瀧井傳一)は、2019年の年末を前に、310人の男女を対象に「野菜」に関する調査を実施いたしました。今年で5回目となる本調査では、「2019年の野菜」の世相に加え、関心が高まる「SDGs」から、「食品ロス問題」に関する意識や人々の行動を明らかにしました。  「2019年の野菜の総括」として、ご報告いたします。 調査結果TOPICS! <野菜×SDGs> ■ 全体で約8割、女性の約9割は「食品ロス削減」のために行動 2019年、ますます注目された「SDGs」から、食品・農業業界でも取り組みが進む「食品ロス問題」について、「意識していた」人は56.5%となりました。「食品ロス削減」のために何らかのアクションを起こしている人は約8割、女性は約9割にも上り、特に「食べ切れる量だけ購入する」(51.6%)は2人に1人が実践していることがわかりました。 ■ 「食品ロス削減」のため、企業・店舗に望むこと1位「バラ・少量販売」、2位「規格外・訳あり販売」 食品・農業業界の企業や店舗に「食品ロス削減」のために取り組...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「サミット」の画像

もっと見る

「サミット」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる