「サバ缶」とは?

関連ニュース

セルフのガソリンスタンドでガソリンを車に入れずに携行缶に入れて家に持ち帰って遊んだり飲んだりしてもええの? - 07月19日(金)21:38  poverty

https://toyokeizai.net/articles/-/269281 「サバ缶」大ブームでも水産会社が喜べない事情 「代用品」としてイワシ缶が赤丸急浮上中 サバ缶のかつてないブームが水産会社の懐を潤している。2018年4~12月において業界トップシェアであるマルハニチロのサバ缶の売上高は前年同期比で5割近く伸びている。業界2番手の日本水産も約40%の増加という 利益面でも貢献度は大きい。マルハニチロの場合、同期間における缶詰事業の営業利益は同約4割増えて20億円強となっている。サンマ缶やギフト用の高級缶詰が不調の中、大幅増益を達成して...
»続きを読む
カテゴリー:

【サバ缶レシピ】サバと豆腐のハンバーグがウマいから作ってみて!ふわふわで旨みたっぷり - 07月13日(土)12:00 

使えるサバ缶レシピ「サバと豆腐のハンバーグ」をご紹介。豆腐によるふわふわの口あたりとサバの旨みが楽しめます。ソースのアレンジもおすすめ。
カテゴリー:

「サバ缶を宇宙に広めたい」 3度目の宇宙へ・・・野.. - 07月05日(金)19:01 

「サバ缶を宇宙に広めたい」 3度目の宇宙へ・・・野口聡一さんが語る“宇宙新時代” 
カテゴリー:

【疲れ目に効くのはサケ缶、サバ缶?正しい食材で.. - 07月03日(水)11:05 

【疲れ目に効くのはサケ缶、サバ缶?正しい食材で栄養不足を予防】 サバ缶には血液をサラサラにするEPAや脳神経を活性化させるDHAが豊富に含まれているが、目のピント調整をスムーズにし…
カテゴリー:

アジが缶詰に向かない、残念すぎる理由とは? - 07月13日(土)13:10 

人気の「サバ缶」をはじめ、イワシやサンマなどの青魚には缶詰がありますが、アジの缶詰はほぼ見かけませんよね。アジはよく食べられている身近な魚なのに「アジ缶」がなかったのは、「アジは缶詰にするのに向かない魚」だったから。一体どういうことなのでしょう? アジ缶は「クサくなる」から缶詰NGだった!ずばりアジが缶詰に向かない理由は、缶詰にするととてつもなくクサくなってしまうから!このクサい臭いは、脂と酸素から発生するもの。青魚は缶詰にして時間が経つと、脂と酸素がどんどん結びついて「ヘキサナール」というクサい臭いを放つ成分になります。これが、アジが缶詰にできない原因です。この成分が出ると、とっても生臭い臭いがするそうです。しかしアジに限らず、サバやイワシなどの青魚もヘキサナールによって臭くなりそうですが、なぜアジだけが臭くなるのでしょうか。実はその理由はまだ解明されておらず、研究が進んでいるところなのですが、青魚の中でアジだけが臭くなるのには「抗酸化物質」が関係しているのでは?という説があるそうです。アジ以外の青魚は脂と酸素をくっつけない「抗酸化物質」を多く持っているため、アジに比べてクサい臭いが発生しにくいのでは、と言われています。(※諸説あります) なんと、おいしいアジ缶も開発されていた!臭さを解消したアジ缶も既に販売されています!アジ缶は、蒸す工程を挟むと美味しくなる...more
カテゴリー:

国内需要増でサバ輸出鈍化 缶詰人気&不漁で - 07月12日(金)14:47 

サバの輸出が鈍っている。健康ブームで国内のサバ缶需要などが高まったことを背景に、今年1~5月の輸出量は前年同期から4割減った。昨シーズンは不漁だったにもかかわら…
カテゴリー:

眞島秀和、隠岐「牛突き」の迫力に驚愕!『遠くへ行きたい』 - 07月03日(水)13:23 

眞島秀和が、7月7日放送の『遠くへ行きたい』(読売テレビ、毎週日曜7:00~/日本テレビ、毎週日曜6:30~※一部地域を除く)に出演。隠岐の夏を満喫する。旅のはじまりは隠岐の島に向かうフェリーの上から。太古の地層や独特の生態系を残す隠岐は、全域がジオパークとしてユネスコに認定されている。まずは、馬の放牧地で崖の高さがなんと257mもある西ノ島の「摩天崖(まてんがい)」と呼ばれる天空の草原へ向かう。隠岐で人気なのがシーカヤック。シーカヤックは初体験という眞島は、ガイドの柳原瑛司さん(35)の案内で海へこぎ出す。向かうはカヤックでしか行くことができない、奇岩が重なり合うトンネル。そこで見た美しい景色とは?隠岐がジオパークに選ばれた理由の一つに、600万年の地層を見られることがある。その土を生かした工芸品を生み出したのが、「焼火窯」の加藤唐山さん(75)と洋子さん(75)夫婦。眞島は加藤さん夫婦の工房を訪ねる。その工芸品とは、工房前の崖から取れるカラフルな土で布を染める「泥染め」。眞島は加藤さんの指導で、泥染めを体験する。次に向かうのは、隠岐最大の島「島後(どうご)」。眞島が西郷港を歩くと、手こぎボートを漕ぐかけ声が聞こえてくる。「カッター」と呼ばれるボートで、漕いでいるのは隠岐水産高校の生徒たちだ。その生徒たちが作る名物が「京見屋分店」にあるという。店主・谷田晃さん(50)が教えてくれ...more
カテゴリー:

「サバ缶」の画像

もっと見る

「サバ缶」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる