「サザンオールスターズ」とは?

関連ニュース

桑田佳祐『紅白』での北島三郎や松任谷由実との共演について語る - 03月18日(月)13:08 

『桑田佳祐 大衆音楽史“ひとり紅白歌合戦”「昭和・平成そして新たな時代へ」』(NHK総合)が、3月20日(水)22時から放送。桑田が昨年の『NHK紅白歌合戦』で共演した北島三郎や松任谷由実について語る。桑田が2008年から昨年まで3回に渡って行ってきた白眉の企画「ひとり紅白歌合戦」。桑田はこのイベントで昭和の歌謡曲やグループサウンズ、フォークやニューミュージック、そして平成のJ-POPまで170曲余りをひとりでカバーし、紅白のパロディを展開することで、壮大な音楽ショーを繰り広げてきた。これは、洋楽に憧れて音楽を始め、キャリアを重ねていく中で、改めて日本の大衆音楽のすばらしさを再発見したという桑田にしかできない離れ技だ。番組では、桑田が「ひとり紅白」の活動を通じて再発見した歌謡曲の魅力や先達たちへの思い、そしてその系譜に連なるサザンオールスターズの知られざるエピソード、さらに桑田自身の新時代に向けた抱負までをも語ったスペシャルインタビューを放送。このインタビューを軸に、「ひとり紅白歌合戦」のえりすぐりの映像とともに、その世界をたっぷりと伝える。また、デビュー40周年を迎えた去年、本家『紅白歌合戦』にサザンオールスターズとして35年ぶりに出演し大きな話題をさらった桑田。番組内では、日本中が沸いた北島や松任谷との共演についても語られ、当日サザンオールスターズに密着した貴重映像も紹介。日本...more
カテゴリー:

【サザンオールスターズ40周年への轍】1995年 ゆかりの地・横浜で“健在ぶり”アピール - 03月18日(月)07:30 

★第18回1月17日の「阪神・淡路大震災」で年が明け、オウム真理教が「地下鉄サリン事件」を引き起こし、教祖の麻原彰晃が逮捕された。東京では青島幸男都知事、大阪で…
カテゴリー:

【テレビ】鈴木雅之、86年からソロ活動を始めた理由。その裏にあるアーティストとの出会い - 03月15日(金)16:47  mnewsplus

いま一番聞きたいあの人の言葉を心の奥底から引き出すインタビュー番組『ザ・インタビュー~トップランナーの肖像~』(BS朝日)。 3月16日(土)に放送される同番組には、ボーカリストの鈴木雅之が登場する。 1956年生まれ、東京湾にほど近い東京・大森で育った鈴木。町工場を営んでいた父と4歳上の姉は、無類の音楽好き。 鈴木がいかにして音楽に、そしてソウルミュージックに魅せられていったのか。その原点は少し意外なものだった。 ◆ソロ活動を始めた本当の理由 1975年、幼なじみたちとシャネルズを結成。 彼らが選ん...
»続きを読む
カテゴリー:

運命に導かれし歌姫たちを、育てて踊らせる!超美麗!キセカエ&リズムゲーム『Memories of Link』事前登録はじまる!~Twitterを始めとしたSNSなどで事前登録して豪華特典を獲得!~ - 03月11日(月)16:30 

Regina Entertainment株式会社<レジーナエンターテイメント>(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 釜谷 昌志、以下「RE」)は、超美麗!キセカエ&リズムゲーム『Memories of Link』<メモリーズ・オブ・リンク>(以下「メモリン」)の「事前登録」を、『メモリン』公式「事前登録」サイト(http://memo-link.com/)にて、2019年3月11日(月)より開始致します。『Memories of Link』公式「事前登録」サイト:http://memo-link.com/『Memories of Link』公式Twitter:https://twitter.com/memo_link『Memories of Link』公式Youtube:https://www.youtube.com/channel/UCiZ8E9fo8RT7frMUklwY-Fg/【『メモリン』について】超美麗キセカエリズムゲーム『メモリン』は、「過去を紐解く5つのストーリーとの絆」が世界観として存在し、「ハイクオリティなダンスと豊富な楽曲」が満載のリズムゲームです。更に、「圧倒的なボリュームを誇る着せ替え要素」でキャラクターのコーディネートを存分に楽しむことができます。【『メモリン』事前登録について】『メモリン』の事前登録は、公式サイトにて、Twitter、Facebook、L...more
カテゴリー:

桑田佳祐「テレビの名場面」デストロイヤーさん悼む - 03月09日(土)23:45 

サザンオールスターズ桑田佳祐(63)が9日、パーソナリティーを務めるTOKYO FM「桑田佳祐のやさしい夜遊び」(土曜午後11時)で、7日(日本時間8日)に88歳で亡くなった覆面プロレスラー、ザ・デストロイヤー(本名リチャード・ベイヤー…
カテゴリー:

サザンオールスターズ、長文ツアータイトルの真意に迫るWOWOW新CM - 03月18日(月)12:00 

サザンオールスターズの全国ツアー<サザンオールスターズLIVE TOUR 2019「“キミは見てくれが悪いんだから、アホ丸出しでマイクを握ってろ!!”だと!? ふざけるな!!」>の開幕を前に、同ツアーのスポンサーで...
カテゴリー:

鈴木雅之、86年からソロ活動を始めた理由。その裏にあるアーティストとの出会い - 03月15日(金)18:13 

いま一番聞きたいあの人の言葉を心の奥底から引き出すインタビュー番組『ザ・インタビュー~トップランナーの肖像~』(BS朝日)。3月16日(土)に放送される同番組には、ボーカリストの鈴木雅之が登場する。©BS朝日1956年生まれ、東京湾にほど近い東京・大森で育った鈴木。町工場を営んでいた父と4歳上の姉は、無類の音楽好き。鈴木がいかにして音楽に、そしてソウルミュージックに魅せられていったのか。その原点は少し意外なものだった。◆ソロ活動を始めた本当の理由1975年、幼なじみたちとシャネルズを結成。彼らが選んだのは、リズミカルなコーラスがからむ“ドゥーワップ”という音楽だった。日本ではまだ馴染みがなかったバンドのスタイルは、その後グループの強烈な個性となっていく。シャネルズは次第に音楽好きの間で知られる存在となり、アマチュアにも関わらずライブには大滝詠一や山下達郎の姿もあったそうだ。鈴木にとって音楽は、仲間たちと楽しむための趣味だった。しかし23歳のとき、運命が変わる。1980年、シャネルズが『ランナウェイ』でプロデビュー。作詞を湯川れい子、作曲を井上大輔が手がけた楽曲は、デビュー作にも関わらず日本を席巻した。シャネルズの結成からずっと応援していた鈴木の父親は、この成功を心の底から喜んでくれたという。◇1983年、グループは「ラッツ&スター」と名を変え、『め組のひと』で再び一大旋風を巻き起こ...more
カテゴリー:

<茅ヶ崎サザン芸術花火>、BS8Kで放送決定 - 03月12日(火)18:00 

サザンオールスターズのデビュー40周年を記念して神奈川・サザンビーチちがさきで開催された<茅ヶ崎サザン芸術花火2018>の模様が、3月24日(日)にNHK BS8Kで放送されることが決定した。◆<茅ヶ崎サザン芸術花...
カテゴリー:

【サザンオールスターズ40周年への轍】1994年 母校・青学大の学園祭登場にファンは大興奮! - 03月11日(月)07:30 

★第17回■ソロで初の全国コンサート開始リレハンメル冬季五輪が開催され、参院、衆院では小選挙区比例代表並立制を柱とする選挙改革法案が施行された。社会党委員長だっ…
カテゴリー:

「サザンオールスターズ」の画像

もっと見る

「サザンオールスターズ」の動画

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

  • 該当データはありませんでした

ツイッター人気

こんなの見てる