「サガン鳥栖」とは?

関連ニュース

<平成を訪ねて>サガン鳥栖J1昇格(平成23年) - 03月23日(土)11:00 

待ちわびた瞬間だった。2011(平成23)年12月3日、ベストアメニティスタジアム(当時)。鳥栖市にホームタウンを構えるサッカー・サガン鳥栖は、J2シーズン最終戦でロアッソ熊本と引き分けて2位となり、自力でJ1昇格を決めた。過去最多の2万2532人がその瞬間に立ち会った。チーム発足から15年目。存続危機を乗り越えての「夢」実現だった。 喜びの形  「めちゃくちゃ感動した。待ちに待った瞬間だった」。当時、スタジアムで見届けた会社員の清末啓太さん(28)=佐賀市=は興奮気味にふり返る。
カテゴリー:

サガン鳥栖 トーレス選手が自伝を出版 全国で順次発売 - 03月21日(木)09:04 

サッカー・J1サガン鳥栖のエース、フェルナンド・トーレス選手の自伝『フェルナンド・トーレス これまでの道、これからの夢』=四六判、1800円(税別)=が徳間書店から出版された。数多くのオファーがある中、鳥栖を選んだ理由や、盟友イニエスタへの思いなどをつづっている。構成・訳はスポーツ・ジャーナリストの竹澤哲氏が担当。20日から全国で順次発売されている。
カテゴリー:

J3相模原、元日本代表MF水野晃樹が加入「天職と言えるサッカーを…」 - 03月20日(水)11:19 

 SC相模原は19日、昨季までサガン鳥栖に所属していたMF水野晃樹の完全移籍加入が決まったと発表した。背番号は「29」に決まった。  水野は1985年生まれの33歳。清水商業高校出身で、2004年にジ
カテゴリー:

単なる“早熟タレント”じゃない。17歳松岡大起は鳥栖の起爆剤となる。 - 03月20日(水)07:30 

まず、この物語の主役は2001年6月1日生まれの17歳である。J1第4節・サガン鳥栖VSジュビロ磐田の一戦。これまでリーグ3連敗でいまだに勝ち点をつかめずにいた鳥栖は、ホーム・駅前不動産スタジアムで悲願のリーグ戦初白星をつかむべく、緊迫したゲームを繰り広げた。
カテゴリー:

フェルナンド・トーレス、自伝で明かす「私が日本を選んだ理由」 - 03月19日(火)17:37 

元サッカースペイン代表で昨年7月からJリーグ・サガン鳥栖に所属するフェルナンド・トーレスが、誕生日の20日に自伝『フェルナンド・トーレス これまでの道、これからの夢』(徳間書店/1800円税別/四六判ソフトカバー)を発売する。
カテゴリー:

鳥栖・原輝綺は右SBでこそ生きる?同じ境遇の友、杉岡大暉からの助言。 - 03月21日(木)17:00 

守備的なポジションならどこでもこなせる。守備のエキスパートと言うべきか、“黒子”と言うべきか。サガン鳥栖の原輝綺は、対人プレーの強さと危機察知力、アジリティーとスプリント力を兼備したタイプで、ボランチやCBを主戦場としてきた。
カテゴリー:

伊藤達哉、久保建英ら“最強世代”U22代表、アジアで絶対に負けられない戦いに臨む - 03月20日(水)17:40 

2年に一度開催される「AFC U‐23選手権」。23歳以下のアジアナンバー1を決めるこの大会は、来年1月8日からタイで本戦が行われ、東京五輪アジア最終予選を兼ねる。その本戦出場をかけた予選が、3月22日(金)から26日(火)までミャンマーで開催される。ドイツで活躍する伊藤達哉、世界的名門マンチェスター・シティと契約して話題となった板倉滉(※オランダのフローニンゲンへ期限付き移籍中)、Jリーグでハイレベルなプレーを披露している日本の至宝・久保建英ら大注目の“東京世代”。A代表を兼任する森保一監督のもと、いよいよ2020東京五輪に向けた戦いに挑む。◇今大会では、U‐22日本代表がマカオ・東ティモール・ミャンマーと激突。総当たりで上位1位と他グループも合わせた各組2位の中から成績上位4チーム(※本戦開催国のタイが入った場合には5チーム)が本戦出場権を勝ち取れる「絶対に負けられない戦い」となる。“東京世代”には、既にA代表で活躍する堂安律・冨安健洋もいる。海外組だけでなく国内組も有能なタレントが揃い、最強世代とも謳われる。写真・アフロ今大会招集メンバーは、DF板倉滉(フローニンヘン/オランダ)、MF中山雄太(PECズヴォレ/オランダ)、19歳で浦和レッズのレギュラーとして活躍する橋岡大樹(浦和レッズ)、MF三好康児(横浜・Fマリノ今大会招集メンバーは、伊藤達哉(ハンブルガーSV/ドイツ)、...more
カテゴリー:

フェルナンド・トーレス物語(1)サッカーとの出会い - 03月20日(水)10:55 

きょう3月20日はサガン鳥栖のエース、フェルナンド・トーレス選手の誕生日です。昨年7月に電撃加入し、鳥栖だけでなくJリーグ全体に新風を吹き込んでいる世界的ストライカーのサッカー人生を紹介します。   ◇   ◇ スペインでは誰もがサッカーに生きている。サッカーこそが人気ナンバーワンスポーツであり、大人たちはカフェやバル(カウンターでつまみやお酒を立ちながら楽しむ場所)でサッカーを語り、子供たちはサッカー選手になることを夢見る。
カテゴリー:

【サッカー】<鎌田大地>“1トップ”の可能性!FW登録は鎌田とFW鈴木武蔵しかいない... - 03月19日(火)22:03  mnewsplus

ベルギーで点取り屋として覚醒 「クロスの入り方とかはFWっぽくなれているかなと」 日本代表の森保一監督は、3月22日のコロンビア戦(日産スタジアム)、26日のボリビア戦(ノエビアスタジアム神戸)に向けたメンバー23人に、4選手を初招集した。そのなかで、大きな注目を集めるのがFW鎌田大地(シント=トロイデン)だ。ベルギーの地で、パサーから点取り屋へと進化した新進気鋭の22歳は、「目に見えた結果が欲しい」と貪欲にゴールを狙う姿勢を示した。  鎌田はサガン鳥栖3年目の2017年6月、元日本代表MF長谷部誠も所属するドイ...
»続きを読む
カテゴリー:

Jリーグ サガン鳥栖 にやってきた世界トップクラスのストライカーが、自伝『フェルナンド・トーレス これまでの道、これからの夢』を発売! - 03月19日(火)17:00 

[徳間書店] [画像: https://prtimes.jp/i/16935/177/resize/d16935-177-409678-0.jpg ]  スペインのレジェンド・ストライカーは、なぜ、数多くのオファーがある中で鳥栖という地を選び、何を想って戦っているのか――。日本...
カテゴリー:

もっと見る

「サガン鳥栖」の画像

もっと見る

「サガン鳥栖」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる