「サイバー犯罪」とは?

関連ニュース

不正送金の被害額、過去最悪3551万円に ネット預金の個人情報盗みだまし取る手口が増加 - 02月20日(木)11:32 

 2019年に県内で発生したインターネットバンキングを用いた不正送金事件は14件で被害額は3551万円となり、過去最悪となったことが19日、県警サイバー犯罪対策課のまとめで分かった。昨年12月に県内金融機関を装ったショートメッセージサービス(SMS)が携帯電話に送られ、ID、パスワードなどを入力させて預金をだまし取...
カテゴリー:

Macを狙うマルウェアの脅威高まる--検出件数がWindows超え--Malwarebytes - 02月19日(水)08:30 

Macはセキュリティ的に安全だと言われることが多いが、サイバー犯罪者が標的をMacユーザーに切り替える傾向もあることを示すレポートが発表されている。
カテゴリー:

仮想通貨で日本初の背任容疑|350万円分移転し、ビットコインに交換か=共同【ニュース】 - 02月17日(月)15:34 

IT関連会社「VIPSTAR」が保有する350万円(当時)相当の仮想通貨を、許可なく自身の口座に移し、損害を与えたとして、警視庁サイバー犯罪対策課は17日、背任の容疑で元社員鬼塚勇人容疑者(25)を再逮捕したと発表した。共同通信などが報じた。
カテゴリー:

捜査資料に書かれていた他人のクレジットカード情報を悪用した警察官が逮捕される - 02月14日(金)12:39 

Anonymous Coward曰く、 北海道警の巡査部長が、捜査資料に記載されていたクレジットカード情報を悪用して不正に電子マネーを購入したとして再逮捕された(神戸新聞)。容疑者は過去に不正に入手した他人名義のクレジットカード情報を使ってネット通販で買い物をしたほか(産経新聞)、仮想通貨を対価として支払って不正に他人のカード情報を取得したとして2度逮捕されており、今回の逮捕は3回目となる。 容疑者は他人のクレジットカード情報を使って十数万円分の電子マネーを取得していたという。 すべて読む | ITセクション | 犯罪 | IT | お金 | 関連ストーリー: 神奈川県警サイバー犯罪捜査課が個人情報含む捜査資料を紛失、盗難車のトランクから見つかる 2019年10月23日 音楽ファイル共有中に捜査資料漏らした三重県警巡査が懲戒免職処分に 2007年10月14日 警視庁北沢署より史上最悪1万件の捜査資料Winny流出 2007年06月14日
カテゴリー:

サイバー犯罪、被害額の半分がビジネスメール詐欺--FBIレポート - 02月13日(木)16:04 

米連邦捜査局(FBI)の年次レポートによると、2019年にはインターネットおよびサイバー犯罪に関する苦情が46万7361件寄せられ、被害額はFBIの推計で35億ドル(約3850億円)を超えるという。
カテゴリー:

ソフォス、XG Firewallの「Xstream」バージョンを発表 - 02月19日(水)14:00 

2020年2月19日<<報道資料>>ソフォス株式会社ソフォス、XG Firewallの「Xstream」バージョンを発表~SophosLabs Researchの調査により、情報を盗み出す一般的なサイバー攻撃の44%が暗号化を行って盗んだデータを隠蔽していることが明らかに~※本資料は2020年2月18日(現地時間)に英国オックスフォードにて発表されたプレスリリースの抄訳です。ネットワークおよびエンドポイントセキュリティのグローバルリーダー企業である英国ソフォス (LSE: SOPH 日本法人:ソフォス株式会社 東京都港区 代表取締役 中西 智行) は本日、Sophos XG Firewall に高性能な Transport Layer Security (TLS) トラフィック復号化機能を組み入れた新しい「Xstream」アーキテクチャを発表しました。この復号化機能により、パフォーマンスの低下と複雑さという懸念があるためにセキュリティチームが見落としがちな暗号化されたネットワークトラフィックに関連する重大なセキュリティリスクが排除されます。XG Firewall には、SophosLabs により提供される AI で強化された脅威分析情報が組み込まれており、アプリケーションのパフォーマンスも高速化されています。ソフォスは本日、SophosLabs Uncutの記事「Nearly a...more
カテゴリー:

VIPSTAR元社員を再逮捕 仮想通貨巡り全国初の背任容疑 警視庁 - 02月17日(月)17:49 

 IT関連会社「VIPSTAR」(東京都)から仮想通貨(暗号資産)をだまし取ったとして元社員が逮捕された事件で、警視庁サイバー犯罪対策課は17日、元社員の鬼塚勇人被告(25)=電子計算機使用詐欺罪などで起訴=を背任容疑で再逮捕したと発表した。同課によると、仮想通貨を巡る同容疑での立件は全国初という。
カテゴリー:

盗まれたID、突然暴れる容疑者…大学生らが"ガサ入れ"に挑戦 埼玉 - 02月17日(月)14:15 

 警察の仕事を知ってもらおうと、埼玉県警サイバー犯罪対策課は16日、さいたま市北区の県警察学校でインターンシップを行った。大学生や専門学校生ら約30人が参加し、家宅捜索や証拠品の差し押さえを体験した。
カテゴリー:

話題に乗じる「Emotet」 行政、企業も狙い - 02月13日(木)21:32 

 「Emotet(エモテット)」はメディアなどで注目される話題に乗じ、巧妙に「顔見知り」に偽装してパソコンに侵入するコンピューターウイルスだ。サイバー犯罪者側にとって、感染でセキュリティーが弱体化した端末は身代金要求型ウイルス(ランサムウェア)などで攻撃を仕掛ける格好の標的となるため、エモテットに感染した端末のアクセス権が闇市場で売買されている可能性がある。
カテゴリー:

「“選別”という発想に、優生学につながる恐ろしさがある」映画『AI崩壊』の入江悠監督に聞く - 02月13日(木)15:28 

1月31日(金)から公開された映画『AI崩壊』。ポスタービジュアルのキャッチコピーに「その日、AIが命の選別を始めた。」という言葉があるように、現代社会と人工知能(AI)がどう共存していくか、そしてそこにどんな問題が存在しうるかということがテーマとなっている。エンターテイメント映画でありながら、現代社会ともリンクしたサスペンス超大作だ。 「オリンピック後の世界はどうなっているんだろう」監督と脚本は、2009年公開の映画『SR サイタマノラッパー』で広く知られることになり、近年は『ビジランテ』(17)で地方都市のリアルを、『ギャングース』(18)では、社会の底辺で生きる若者たちを描いてきた入江悠が務めている。 「自主映画を撮り始めたころから、社会の中で生きている人を描きたいということは変わってないんですよ。もちろん、モチーフが変わったり、どの視点から見るかということは変化したりしたかもしれないです」そんな入江監督が、今回の題材に選んだのは人工知能(AI)だった。2030年という近未来の日本を舞台に、AIが人々の生活の中に普及した社会を描く。「世界的には人工知能を題材にした先行する映画として、『ターミネーター』や『2001年宇宙の旅』や『her/世界でひとつの彼女』もありましたが、日本で人工知能についての映画を作るには、日本映画で製作する意義が必要だと思いました。そ...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「サイバー犯罪」の画像

もっと見る

「サイバー犯罪」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる