「サイバー攻撃対策」とは?

関連ニュース

総務省サイバーセキュリティ課の求人 「日給8000円・通勤手当なし」 - 02月15日(金)17:23  poverty

「日給8000円・通勤手当なし」総務省サイバーセキュリティ課の求人に衝撃走る 2018年02月28日 採用の条件と待遇は? この求人はサイバーセキュリティに関する施策で、人材育成や研究開発など高度な専門的知識を必要する非常勤の事務職員を募集するというもので、2月27日に総務省の公式サイトに掲載された。 雇用期間は、2018年4月1日(または採用の日)から2019年3月31日までで、求める人材について以下のような条件を掲げている。 1.情報通信ネットワークの構築・運用に関する専門的知識、実務経験を有すること。 2.情報通信...
»続きを読む
カテゴリー:

日本ビジネスシステムズ、「マネージドセキュリティサービス for Azure Active Directory Identity Protection」を提供開始 - 02月14日(木)10:30 

日本ビジネスシステムズ(以下、JBS)は2月12日、日本マイクロソフトが提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」のID管理基盤Azure Active DirectoryのIdentity Protection機能を活用した組織IDに関するサイバー攻撃対策トータルサポートサービス「マネージドセキュリティサービス for Azure Active Directory Identity Protection」を提供開始することを発表した。
カテゴリー:

JBS、「マネージドセキュリティサービス for Azure Active Directory Identity Protection」を提供開始 - 02月12日(火)13:00 

日本ビジネスシステムズ株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:牧田幸弘 以下、JBS)は、日本マイクロソフト株式会社が提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」の ID 管理基盤 Azure Active Directory の Identity Protection 機能を活用した組織 ID に関するサイバー攻撃対策トータルサポートサービス「マネージドセキュリティサービス for Azure Active Directory Identity Protection」を本日 2019年2月12日に提供開始します。本サービスは、2018年11月1日に提供開始した「マネージドセキュリティサービス for Windows Defender ATP」に続き、Microsoft 365 Enterprise E5 (※1) に含まれるモダンワークプレイスセキュリティ製品を対象とした包括的なマネージドサービスの第二弾としてリリースされました。一連のマネージドサービスの提供によって、お客様の運用負荷の軽減、企業の IT 環境のセキュリティレベル向上を目指します。サイバーキルチェーン(※2)に基づく多層防御製品である Windows Defender Advanced Threat Protection、Azure Active Directory Identity P...more
カテゴリー:

IIJ、総務省およびNICTと連携した「NOTICE」プロジェクトへ参加し、サイバー攻撃対策のための取り組みを開始 - 02月05日(火)11:00 

インターネットイニシアティブ(以下、IIJ)は2月1日、DDoS攻撃等のサイバー攻撃への対応を協調して行なうべく、総務省、情報通信研究機構(NICT)と連携し、サイバー攻撃に悪用される恐れの高い機器の調査および当該機器の利用者への注意喚起を行なうプロジェクト「NOTICE(National Operation Towards IoT Clean Environment)」に参加することを発表した。
カテゴリー:

総務省のIoT機器調査は「監視社会」の始まりか--議論が起きた理由 - 02月15日(金)05:30 

政府がサイバー攻撃対策として脆弱なIoT機器の調査に乗り出す。しかし、これを「監視」行為と見なす声も挙がっている。果たしてこの施策は是非はどうか。まずは現状を分析してみたい。
カテゴリー:

金融機関がサイバー攻撃対策学ぶ 岡山財務事務所がセミナー - 02月12日(火)21:21 

金融機関がサイバー攻撃対策学ぶ 岡山財務事務所がセミナー。山陽新聞デジタル(さんデジ)は山陽新聞社のニュースサイトです。岡山県内各地域や国内外のニュース、スポーツ速報を配信します。
カテゴリー:

総務省のセキュリティ調査に「国が不正ログイン」と騒ぐ頭の悪い人たち/ひろゆき - 02月10日(日)15:51 

― ひろゆきのネット炎上観察記 ― ▼総務省のIoT機器調査、不正アクセスだと大炎上  総務省はサイバー攻撃対策の一環として、家庭や企業にあるインターネット家電などのIoT機器2億台に対し無差別に侵入を試み、対策不十分な […]
カテゴリー:

大日本印刷、サイバー攻撃対策要員を養成する「サイバーナレッジアカデミー」で、マルウェアの調査に基づく適切な駆除対処を問うシナリオを含む新コースを2月より開設 - 02月01日(金)11:00 

大日本印刷は1月31日、サイバー攻撃対策要員を訓練、養成するサイバーナレッジアカデミー(CKA)が提供している「サイバー・インシデントレスポンス・マネジメントコース(CIRMコース)実践演習」に続いて、その上級編となる、さらに難易度の高い「CIRMコース 実践演習Ⅱ」を2月28日に開設することを発表した。
カテゴリー:

「サイバー攻撃対策」の画像

もっと見る

「サイバー攻撃対策」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる