「サイバー攻撃対策」とは?

関連ニュース

Dell EMC、インシデント対応を効率化した全方位型SIEM - 04月25日(木)09:37 

デルとEMCジャパンは4月24日、サイバー攻撃対策製品である「RSA NetWitness Platform 11.3」を発表した。
カテゴリー:

サイバー攻撃対策を、警視庁がインフラ事業者向け研修会 - 04月22日(月)20:56 

 来年の東京オリンピック・パラリンピックへ向け、サイバー攻撃への意識を高めてもらおうと、警視庁はインフラ事業者などを対象とした研修会を行いました。
カテゴリー:

地方のサイバー攻撃対策 人材情報集約、シェアの仕組み整備へ - 04月25日(木)05:00 

 総務省の有識者会議は、サイバー攻撃に対応できる「情報セキュリティー人材」を地方で育成することや、人材をデータベースで管理して地域でシェアする仕組みを整備するよう同省などに求める報告書案をまとめた。25日に公表する。サイバー攻撃が巧妙化する中、都市部に比べて手薄な地方での対応を促す。
カテゴリー:

マカフィー、2019年事業戦略を発表 - 04月18日(木)16:40 

2019年4月18日 マカフィー株式会社 マカフィー、2019年事業戦略を発表 デバイスからクラウドまでを保護する 包括的なセキュリティ対策強化を推進 マカフィー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田中辰夫)は 本日、2019年の事業戦略を発表しました。 法人向け及び個人向け事業を展開するマカフィーは、 世界126ヵ国で約6億台超*1のデバイスを保護するという 実績を有しています。その実績から得た知見に加え、 法人向け個人向け事業でのコラボレーション(協調)を進め、 デバイスからクラウドまでを包括的に保護し、 データ保護、セキュリティ対策の強化を推進していきます。 2018年は、仮想通貨やIoT機器を狙った新たなタイプの マルウェアが急増し、エンドユーザーが被害を受ける事例が増加しました。 一方、今後はIoTの普及が本格化し、IoT機器に対する セキュリティ対策はより一層重要度を増していきます。 また、クラウドサービスの普及は留まることを知りません。 それに伴い、サイバー犯罪者のターゲットも、クラウドへと移行しています。 クラウドにおける「責任共有モデル」について理解を進め、 可視性、データ保護、脅威からの保護など、SaaS、IaaS、 およびPaaSにおけるセキュリティ対策が緊喫の課題となっています。 マカフィーは、2018年8月に簡単・広範・協調を...more
カテゴリー:

「サイバー攻撃対策」の画像

もっと見る

「サイバー攻撃対策」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる