「サイエンティスト」とは?

関連ニュース

プログラミングなしでもできる機械学習 第1回 プログラミングが不要な機械学習の代表的なツールとは? - 11月12日(火)11:00 

機械学習はシステムへの組み込みを本格的に考える段階に入りつつあります。それに伴い、コーディングの専門知識が不要な、「プログラミングなし」で機械学習が行えるツールが登場しています。本連載では、そうしたツールを紹介することで、データ・サイエンティストのファーストステップを案内します。
カテゴリー:

【企業】富士通、19年度の中途採用を倍増 150人から300人に AIエンジニアなどDX人材を強化 - 11月11日(月)13:27  bizplus

 富士通は11月11日、顧客企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を支援する「DXビジネス」の強化に向け、中途採用の目標人数を引き上げると発表した。2019年度の目標人数は150人だったが、300人に倍増する。採用の対象は、即戦力として期待できるAIエンジニア、サイバーセキュリティエンジニア、データサイエンティストなど。  社会人経験が3年前後の第二新卒も積極的に採用する。第二新卒者の場合は、IT関連の業務経験は不問。IT知識をレクチャーする研修を入社後に実施し、新卒と同水準の知識を身に付けられるよう支援する...
»続きを読む
カテゴリー:

全528項目「データサイエンティスト スキルチェックリスト」第3版を公開 | ICT教育ニュース - 11月08日(金)12:24 

全528項目「データサイエンティスト スキルチェックリスト」第3版を公開 | ICT教育ニュースデータサイエンティスト協会は、10月17日に開催の「データサイエンティスト協会6thシンポジウム」において発表した「データサイエンティスト スキルチェックリスト」第3版を公開した。 同協会が2017年に第2版として公開したデータサイエンティストの「ミッション、スキルセット、定義、スキルレベル」および「スキルチェ...
カテゴリー:

【宇宙】太陽圏外に出たボイジャー探査機の予測運用寿命は後5年に - 11月07日(木)12:19  newsplus

ボイジャー計画に関わる科学者は10月31日、探査機の予測運用期間は残り5年になると発言しました。 1977年に打ち上げられたボイジャー1号と2号は、木星や土星、天王星、海王星の探査を実施。さらに、太陽圏ををこえて現在も活動を続けています。 そしてミッションサイエンティストのエド・ストーン氏によると、探査機は温度が下がることで発電量も減少しており、約5年後には科学観測機器が動作を停止すると予測されているのです。 現在ボイジャーは時速4万8000キロメートル以上で飛行しており、地球との通信には1号なら20時間以上、...
»続きを読む
カテゴリー:

ボイジャー探査機の予測運用寿命は後5年に - sorae 宇宙へのポータルサイト - 11月06日(水)19:51 

ボイジャー探査機の予測運用寿命は後5年に - sorae 宇宙へのポータルサイトボイジャー計画に関わる科学者は10月31日、探査機の予測運用期間は残り5年になると発言しました。 1977年に打ち上げられたボイジャー1号と2号は、木星や土星、天王星、海王星の探査を実施。さらに、太陽圏ををこえて現在も活動を続けています。 そしてミッションサイエンティストのエド・ストーン氏によると、探査機は温...
カテゴリー:

「意思決定」の視点がないデータ分析が失敗する理由 元大阪ガスの河本薫氏が解説 - 11月12日(火)07:00 

ビジネスの現場で活躍できるデータサイエンティストに求められる能力とは。そして実際に問題を見つけ、それを分析し、業務に役立てるためのポイントは何なのか。滋賀大学の河本薫教授が説明した。
カテゴリー:

富士通、19年度の中途採用を倍増 150人から300人に AIエンジニアなどDX人材を強化 - 11月11日(月)12:26 

富士通が「DXビジネス」の強化に向け、中途採用の目標人数を引き上げる。2019年度の目標人数は150人だったが、300人に増やす。AIエンジニア、サイバーセキュリティエンジニア、データサイエンティストなどが対象。第二新卒の採用も積極化する。
カテゴリー:

ウイングアークのBIダッシュボード「MotionBoard」が オラクルの自律型データベース「Oracle Autonomous Data Warehouse」に対応 - 11月07日(木)14:30 

ウイングアーク1st株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中 潤)は、BIダッシュボード「MotionBoard」がオラクルの自律型のデータベース「Oracle Data Warehouse」に連携したことをお知らせします。この度の連携により国産ソフトウェアで初となる「Oracle Autonomous Data Warehouse」接続認定を取得しましたので本日おしらせします。 「Oracle Autonomous Data Warehouse」は機械学習によって人手を介さずにバックアップやパッチの適用、チューニング、スケールイン/スケールアウトなどの日常的な運用業務を自律的に行うクラウドデータベースサービスです。また「Oracle Autonomous Data Warehouse」にはデータ・サイエンティスト用のブラウザベースのインタラクティブ・データ分析環境であるOracle Machine Learning (OML)を使用したデータ分析の組込みサポートが搭載されています。 「MotionBoard」と「Oracle Autonomous Data Warehouse」の連携により、柔軟かつリアルタイムなデータ連携が実現し、国内・海外を問わず分散されたIoTを含むデータを統合し分析することができます。「Oracle Autonomous Data Warehous...more
カテゴリー:

カスタマイズ可能なオンラインセクハラトレーニングプログラムを提供するEthena - 11月07日(木)09:45 

会社勤めの方なら経験があるはずだ。年1回のセクシャルハラスメントと無意識の偏見に関するトレーニングの時期が来たことを告げる電子メールを受け取る。メールには「この日付までにトレーニングを終えることができれば大変素晴らしい」とある。 典型的なプログラムの内容はいかにも映画「Office Space」(邦題:リストラ・マン)に出てきそうだ。ハーバード大学を出たコンピューターサイエンティストのAnne Solmssen(アン・ソルムセン)氏が最近電話した友人の反応は驚くにあたらない。勤務する会社が指示したオンライントレーニングプログラムを受けた友人は「野球をしているときのほうが面白い」とつぶやいたそうだ。 ソルムセン氏には、セクシャルハラスメントのトレーニングをもっと面白く、うんざりさせない内容にするアイデアがある。同氏は最近、同じくハーバードの卒業生であるRoxanne Petraeus(ロクサーヌ・ペトレイアス)氏と力を合わせてEthena(エシーナ)というSaaSのスタートアップを立ち上げた。同社はカスタマイズ可能なセクシャルハラスメントのトレーニングプログラムを提供する。一コマが「ひと口サイズ」になっていて、職場のセクシャルハラスメントに関する個々人の理解度に応じたプログラムを提供する。来年の第1四半期に大々的にリリースされる頃には、ソフトウェアは業種の特性を加味した内容になる予定...more
カテゴリー:

日本ユニシス株式会社と株式会社ALBERT 資本業務提携のお知らせ - 11月06日(水)15:00 

2019年11月06日 株式会社ALBERT 日本ユニシス株式会社と株式会社ALBERT資本業務提携のお知らせ ~AIによる社会課題の解決に向けた共同提案・開発を開始~ 日本ユニシス株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:平岡 昭良、以下日本ユニシス)と株式会社ALBERT(アルベルト、本社:東京都新宿区、代表取締役社長兼CEO:松本 壮志、以下ALBERT)は、2019年11月6日、資本業務提携契約を締結しました。  日本ユニシスが強みとする幅広い顧客とのインテグレーション事業経験及びデジタルトランスフォーメーションの実現に向けたIT環境構築力とALBERTの強みであるビッグデータ分析とAIアルゴリズム開発のノウハウを組み合わせ、高度なデータ分析技術を組み込んだシステム構築を行い、顧客ビジネスのデジタライゼーションを一層促進していきます。 ■クライアントごとに最適化された新規事業や既存システムの精度向上提案を可能に 日本ユニシスは、幅広い顧客ネットワークやインテグレーション事業のノウハウを活かして業種・業態の垣根を越え、さまざまな企業をつなぐビジネスエコシステムを創る中核となり、デジタルトランスフォーメーションを実現するプラットフォームを提供することを目指しています。一方で、ALBERTは1,000件を超えるプロジェクト実績があり、AI活用コンサルティングや...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「サイエンティスト」の画像

もっと見る

「サイエンティスト」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる