「サイエンス」とは?

関連ニュース

名大など、新型コロナの人工抗体を作製 治療や検査、感染防止薬に期待 - 09月29日(火)19:22 

新型コロナウイルスを捕まえ、不活性化する「人工抗体」を作製することに成功したと、名古屋大学と国立病院機構名古屋医療センターの研究グループが発表した。この人工抗体が付いたウイルスは細胞に感染しなくなることなども確認されている。新たな治療薬や抗原検査キット、さらにワクチンに代わる感染防止薬の開発につながる成果と期待される。研究成果は19日付の米科学誌「サイエンス・アドバンシズ」電子版に掲載された。
カテゴリー:

フィンランドの空港で犬の嗅覚による新型コロナ感染者検知がはじまった - 09月29日(火)08:52  newsplus

<フィンランドのヘルシンキ・ヴァンター国際空港は、犬の嗅覚によって新型コロナウイルスに感染した渡航者を見つけ出す実証実験を開始した...... > 北欧フィンランドのヘルシンキ・ヴァンター国際空港は、2020年9月22日、新型コロナウイルス感染症への水際対策として、犬の嗅覚によって新型コロナウイルスに感染した渡航者を見つけ出す実証実験を開始した。 ほぼ100%の精度で新型コロナウイルスの感染者を嗅ぎ分けた この検査は、フィンランド国外から到着し、参加に同意する渡航者のみを対象に、匿名で実施される。渡航者と犬が...
»続きを読む
カテゴリー:

データサイエンス・オンライン講座「社会人のためのデータサイエンス演習」の開講 - 09月29日(火)05:00 

データサイエンス・オンライン講座「社会人のためのデータサイエンス演習」の開講
カテゴリー:

「対話型AI(人工知能)の世界市場:技術別、用途別2025年予測」最新調査リリース - 09月28日(月)17:00 

リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「対話型AI(人工知能)の世界市場:技術別、用途別2025年予測」のお取扱いを開始いたします。【レポート紹介】対話型AI(人工知能)市場は今後急成長が見込まれ、その世界市場規模は2020年で48億ドル、2025年段階では139億ドルに達するとレポートでは予測しています。当レポートでは、2025年に至る対話型AI(人工知能)の世界市場予測(市場規模US$)、コンポーネント別市場(プラットフォーム、サービス各種)、タイプ別市場(IVA、チャットボット)、技術別市場(機械学習/ディープラーニング、自然言語処理、自動音声認識)、展開モード別市場(クラウド、オンプレミス)、用途別市場(カスタマーサポート、パーソナルアシスタント、ブランディング/広告、顧客エンゲージメント/リテンション、オンボーディング/従業員エンゲージメント、データプライバシー/コンプライアンス、その他)、産業別市場(銀行/金融サービス/保険、小売/Eコマース、ヘルスケア/ライフサイエンス、旅行/ホスピタリティ、電気通信、メディア/エンターテインメント、その他)、主要国地域別市場など、詳細な市場予測データと分析を掲載しています。また市場分析、競合状況、主要メーカー企業30社プロフィール動向などの情報も交えて、対話型AI市場の現在と今後展開を予測分析していきます。【英文市場調査レ...more
カテゴリー:

新型コロナと鹿せんべい。奈良公園のシカにさまざまな影響? - 09月28日(月)13:30 

新型コロナウイルスの影響で、奈良公園のシカの生態系にさまざまな影響が出ているという話があるようだ(産経新聞)。 産経新聞によると、奈良に年間1300万人という観光客が大幅に減った結果、鹿せんべいの供給が止まり、別の餌を求めるようになった。その結果、野生に近い健康的な生活を取り戻すもの、鹿せんべいへの依存がやめられずに骨が見えるほどにガリガリになるものもいるとして写真付きで報じられている。 一方でこの報道を否定する記事も出ている。産経の記事に掲載された調査にも関わったとみられる奈良の鹿愛護会の話によると、あの痩せたシカの件に関しては「研究者の先生が言われているのは『依存症の可能性もあるかもしれない』という程度のもの。あの記事の写真のシカが依存症なわけでも、奈良のシカが依存症で痩せているわけでもない」 としており、全体を見ればそんな飢えているシカはいないとしている(まいどなニュース)。 すべて読む | サイエンスセクション | 日本 | 地球 | ニュース | 関連ストーリー: コロナワクチンによる需要増でカブトガニの生態系に危機 2020年07月17日 ウミガメが海洋プラスチックごみに付着した微生物や藻類の匂いを食べ物の匂いと誤認している可能性 2020年03月15日 ...more
カテゴリー:

立命館大学 EDGE+Rプログラム/小学校高学年対象オンラインワークショップ 『Tomato Adventure』を開催 - 09月29日(火)15:00 

2020年9月29日 立命館大学広報課 立命館大学は、附属校である立命館小学校と連携し、身近な食材である「トマト」を題材に「食品ロス削減」などSDGs解決型のオンラインワークショップ『Tomato Adventure』を8月1日(土)、2日(日)、8日(土)に開催しました。 3日間を記録したレポート動画を9月29日(火)より公開いたします。また、本取り組みの第2段として、12月頃に「オレンジ」をテーマにしたワークショップの開催を予定しています。     本ワークショップは、世界の食生活にとって身近なグローバルフードともいえる「トマト」を題材に、3日間にわたり実施。 トマトの特徴やおいしさのサイエンス、世界の食品ロスの実態を学ぶ【リモート座学】から始まり、トマト生産者の想いに触れるため本場・イタリアの農家、ピザ職人から直接ナポリピッツァ作りを学ぶ【オンライン実習】を体験。最終日には世界的な課題である食品ロス削減の解決策となる創作料理アイデアをイタリアの真のナポリピッツァ協会に提案しました【創造性提案】。   子供たちの提案の中から採用されたアイデアは、実際に歴史ある協会レストランでメニューとして提供され、その収益は食品廃棄物を堆肥に変えるコンポスト購入に充てられる予定で、これから重要とされるSDGs教育をリアルに実現させるものとなりました。 &n...more
カテゴリー:

月面の放射線量は1日当たり1369マイクロシーベルト。およそ2か月の滞在が限度。中独研究 - 09月29日(火)07:01 

人が月面に滞在できる期間は2か月が限度であるようだ。中国・ドイツ合同研究チームが、Science Advancesに発表した内容から分かった(AFP)。 中国の月探査機「嫦娥(Chang'e)4号」が得たデータによると、月面の放射線量は、1日当たり1369マイクロシーベルトあったという。国際宇宙ステーション(ISS)内部よりも2~3倍と高いことから、宇宙飛行士の被曝量を考慮すると滞在期間は「およそ2か月が限度」であるとしている。対処法としては、月面に建築物を作り、その建築物を土壌で覆うことにより、滞在期間を延ばすことができるとしている。 すべて読む | サイエンスセクション | サイエンス | 月 | 関連ストーリー: NASA、月の表土や石の価格見積を民間企業から公募 2020年09月13日 JAXAとトヨタ、与圧式月面探査車の愛称を「LUNAR CRUISER」に決定 2020年08月29日 NASAが月面で使用する与圧式有人探査車、トヨタが製造する可能性 2020年07月19日 NASAが惑星探査での汚染を防ぐガイドラインを更新。有人探査に向け現実的な方向に調整 2020年07月15日 日米、月面有人探査のアルテミス計画への協力で...more
カテゴリー:

HPのノートPC、海の近くで回収したプラスチックごみの再生素材を原材料の一部に使用 - 09月28日(月)18:03 

headless 曰く、HPが9月22日に発表したHP PavilionシリーズのノートPC新ラインナップでは、ocean-bound plastics(海へ向かうプラスチック: 海や河川近くの陸上で回収したプラスチックごみ)を再生して原材料の一部に使用しているそうだ(プレスリリース、 製品情報、 On MSFTの記事)。 HPは2018年に海洋プラスチック問題に取り組むコンソーシアムNextWave Plasticsに加盟し、2019年にはハイチでリサイクル用プラスチックごみを洗浄する施設の建設に200万ドルを投資している。HP製品では既にプリンターのインクカートリッジでocean-bound plasticsを使用しており、ocean-bound plasticsを使用する世界初のPC/ディスプレイ製品というHP Elite Dragonfly/HP EliteDisplay E273dを昨年発売しているが、同社のコンシューマー向けPCとしては今回のPavilionシリーズが初となる。ocean-bound plasticsはスピーカーハウジング部分で用いられ、45%の再生プラスチック素材に重量比で5%が含まれる。これにより、500mlのPETボトル換算で年間92,000本分をリサイクルできるとのこと。 新HP PavilionノートPCのディスプレイは上と左右のベゼルが細...more
カテゴリー:

一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会 「MA-T産業創造戦略会議」を設立 - 09月28日(月)17:00 

一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会(会長:広瀬道明 東京ガス株式会社取締役会長)は、9月28日、都内会議場にて記者発表会を開催し、「MA-T産業創造戦略会議」の設立を発表いたしました。   大阪大学、株式会社エースネット、株式会社dotAquaによって開発された「MA-T」(エムエーティー:要時生成型亜塩素酸イオン水溶液)は、画期的な触媒技術により、通常はほぼ水に近い状態でありながら、反応すべきウイルスや菌が存在する時だけ姿を変えて攻撃・分解するメカニズムを持ち、高い安全性と強い除菌力を両立させた革新的な除菌剤です。加えて、可燃性がないこと、保存性が高いことなど多くのメリットがあることから、すでに航空機や空港、ホテル、防衛施設などに導入されてきましたが、今般、アース製薬株式会社の参入などにより、製造コストの低減や供給量の増大も見込まれ、アルコールや次亜塩素酸等の代替への可能性も視野に入って来ました。さらに、大阪大学による最新の研究成果や政府のOPERA(産学共創プラットフォーム共同研究推進プログラム)の成果などから、MA-T技術が、感染症対策として画期的なソリューションになる可能性が高いこと、感染症対策のみならず、たとえば、メタンをエネルギーを使わずに液体であるメタノールに転換する技術、全固体電池であるマグネシウムイオン電池の耐久性を約40倍にすることを可能とする...more
カテゴリー:

千葉商科大学 オンラインセミナーで「日本初、自然エネルギー100%達成」のノウハウを伝授 - 09月28日(月)11:31 

2020年9月28日 千葉商科大学 日本初、自然エネルギー100%を達成した本学が オンラインセミナーで達成のノウハウを伝授 「自然エネルギー100%大学の実現に向けて」開催(全3回、第1回10/3開催) 千葉商科大学(学長:原科幸彦)では、「自然エネルギー100%大学の実現へ向けて」をテーマとしたオンラインセミナー(全3回)を開講します。このセミナーでは、全国の大学関係者、学生、大学・大学院の自然エネルギー利用を支援する意思を持つ行政・企業・団体に所属する方々へ向けて、自然エネルギー100%を達成(※)した本学の取り組み内容、これまでの経緯、達成のノウハウをさまざまな角度から公開、共有します。また、支援機関や企業等から講師を招き、事例紹介や大学における自然エネルギー活用の現状や展望についての講演も行います。 ※千葉商科大学では、本学が千葉県野田市に所有するメガソーラー野田発電所とキャンパス屋上に設置した太陽光パネルにより、キャンパスで消費する電力よりも多くの電力を生み出しています。また、キャンパスで利用しているすべての電力は、みんな電力株式会社(代表取締役:大石英司)を通じて供給される再生可能エネルギー由来の電力です。 ◆オンラインセミナー第1回「自然エネルギー100%大学を実現する」開催概要 【開催日時】10月3日(土) 13時30分~15時30分 ※Zoomにて...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「サイエンス」の画像

もっと見る

「サイエンス」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる