「ゴーン被告」とは?

関連ニュース

フランス・ルノーも「新体制」検討へ - 01月16日(水)20:24 

フランス・ルノーも「新体制」検討へ:ゴーン被告がトップにとどまっているフランスのルノーが、今週末、新たな体制を検討する見通しとなった。...
カテゴリー:

【獄中死】仏ルノー、ゴーン容疑者を解任か?近く新体制を発表すると報道。マジでフランスにも見捨てられ獄中死か? - 01月16日(水)17:37  poverty

ルノーがゴーン被告を解任か 近く新体制を発表すると仏メディアが報道 フランス紙「フィガロ」によりますと、東京地裁が15日にゴーン被告の保釈請求を認めず、 長期勾留の可能性が高まったことを受け、ルノーや筆頭株主のフランス政府は経営陣を新体制にする意向を固めたということです。 新体制の発表は20日になるとみられ、ゴーン被告がトップから解任される可能性もあります。ゴーン被告に代わるトップとして 、次期会長にはフランスのタイヤメーカー「ミシュラン」のスナールCEO(最高経営責任者)、 次期CEOにはルノーの...
»続きを読む
カテゴリー:

カルロス・ゴーン、保釈後の住居としてフランス本国やフランス大使公邸を指定していたため証拠隠滅の恐れから却下されていた - 01月16日(水)14:12  poverty

ゴーン被告 保釈後の滞在先、フランス本国や都内大使公邸指定  15日に保釈の請求を却下されたカルロス・ゴーン被告側が、保釈が認められた場合の定められた住居として、フランス本国や都内にあるフランス大使公邸を指定していたことが分かりました。  日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン被告(64)は、個人的な損失の保証に協力した知人でサウジアラビアの実業家の会社に、日産の子会社から1470万ドル、およそ13億円を不正に支出させたなどとして特別背任の罪で追起訴されました。 ゴーン被告の弁護士は今月11日...
»続きを読む
カテゴリー:

ルノーがゴーン被告の会長職解任か、フランス紙報じる - 01月16日(水)12:27 

 フランスのメディアは、ルノーが20日にも取締役会を開き、カルロス・ゴーン被告のCEO兼会長の職を解く可能性があることを報じています。
カテゴリー:

【ゴーン失脚か】仏、ゴーン後継の検討要請=ルノー20日にも取締役会 ロイター報道 - 01月16日(水)12:03  newsplus

 【パリ時事】ロイター通信は15日、フランス政府が仏自動車大手ルノーに対し、会長兼最高経営責任者(CEO)を務めるカルロス・ゴーン被告の後継候補を検討する取締役会を開くよう要請したと報じた。仏紙フィガロも15日、取締役会でルノーの新たなガバナンス(企業統治)について話し合われる可能性があると伝えた。  ロイター通信によると、仏政府はルノーに取締役の選任を話し合う指名委員会を開くとともに、20日に取締役会を開催するよう要請。ゴーン被告の後継者を指名する手続きを開始するよう促したという。ルノーの広...
»続きを読む
カテゴリー:

日産、ゴーン前会長に損害賠償請求へ - 01月16日(水)19:18 

 日産自動車は前会長、カルロス・ゴーン被告(64)による会社資金の不正支出で損害を受けたとして、ゴーン前会長に損害賠償請求する。日産の内部調査で、ゴーン前会長の姉との実体のない業務契約などの不正が次々と判明しており、前会長らによる会社の「私物化」の全容を解明し、民事上の責任を問う。
カテゴリー:

【アホのゴーンw】保釈後の指定住居先を『フランス』に設定していた。そら保釈も却下されるわw - 01月16日(水)16:37  news

勾留続くゴーン被告「弁護側の戦略ミス」の声も https://www.yomiuri.co.jp/national/20190116-OYT1T50035.html 検察内部には、弁護側の「戦略ミス」と見る向きもある。 弁護側は8日に地裁で行われた勾留理由開示の法廷で「不当勾留」を強調。 「仏政府が責任をもって裁判に出頭させる文書を作成済みだ」と述べ、 保釈後のゴーン被告の住居をフランスにすることを暗に求めた。 また、日産側資金の送金先とされたサウジアラビアの実業家の ハリド・ジュファリ氏が「事件に関わっていない」との見解を示しているとの主張も展開し...
»続きを読む
カテゴリー:

【悲報】カルロスゴーンさん、保釈後海外逃亡予定だった - 01月16日(水)13:12  livejupiter

ゴーン被告 保釈後の滞在先、フランス本国や都内大使公邸指定 https://news.tbs.co.jp/sp/newseye/tbs_newseye3575009.html その後の関係者への取材で、ゴーン被告の弁護士が、保釈が認められた場合の制限住居として、 フランス本国や東京・港区にあるフランス大使公邸を指定していたことが新たに分かりました。 東京地裁はフランスへの出国や、フランス大使公邸を制限住居とすることで 「証拠隠滅の恐れがある」と判断し、保釈を認めなかったものと見られます。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

ゴーン被告 保釈後の滞在先、フランス本国や都内大使公邸指定 - 01月16日(水)12:27 

 15日に保釈の請求を却下されたカルロス・ゴーン被告側が、保釈が認められた場合の定められた住居として、フランス本国や都内にあるフランス大使公邸を指定していたことが分かりました。
カテゴリー:

ルノーが新体制を準備か ゴーン会長解任観測、仏紙報道 - 01月16日(水)11:17 

 仏紙フィガロ(電子版)は15日、役員報酬の過少記載の罪などで起訴されたカルロス・ゴーン被告(64)が会長兼最高経営責任者(CEO)を務める仏ルノーが、20日にも取締役会を開き、新体制の人事を議論する…
カテゴリー:

もっと見る

「ゴーン被告」の画像

もっと見る

「ゴーン被告」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる