「ゴーグル」とは?

関連ニュース

小池一夫さん死去、稀代の漫画原作者の人生を振り返る。高橋留美子さん、板垣恵介さんも教え子だった。 - 04月19日(金)14:57 

日本を代表する漫画原作者、小池一夫さんが4月17日に亡くなっていたことが、本人のTwitterで19日に公表された。昭和世代には、「子連れ狼」の原作者であり、著名な漫画家と共に劇画タッチの漫画を次々と世に生み出してきた漫画原作者として親しまれた。一方で2010年から始めたTwitterでは、漫画原作者として時流を読む目をいかんなく発揮。2019年4月の時点で89万人を超えるフォロワー数をほこり、数々の“セリフ”で平成世代の心も揺さぶってきた。稀代のクリエイターである小池一夫さんの軌跡を振り返る。モンキー・パンチさん、楳図かずおさん、石ノ森章太郎さん━━数々の著名漫画家ともタッグ小池さんは秋田県に生まれ、中央大学在学中に「桃太郎侍」などの作品を世に出した時代小説家である故・山手樹一郎さんに師事。さいとう・たかをさんの漫画会社「さいとう・プロダクション」に入社。1970年から独立して作品に取り組み始めた。漫画原作者として一番有名なのは「子連れ狼」。  水鴎流剣術の達人である剣豪・拝一刀が、殺害された妻・薊の無念を晴らすために非業な柳生一族への復讐を決意、息子の大五郎とともにさすらいの旅を続ける壮大な物語だ。時代劇漫画の金字塔と言っても過言ではない。1970~1976年に連載され、1973~1976年には昭和の銀幕スター萬屋錦之介さん主演のテレ...more
カテゴリー:

ミックスドリアリティ空間でインタラクティブに外国語学習!モノにタッチして覚える「Lalinga」 - 04月18日(木)06:30 

外国語学習の重要度は高いが継続がむつかしいため挫折してしまう方も多いだろう。子どもにとってはなおのこと、楽しみながら学べるかどうかが継続のカギとなる。 どこか味気ない外国語学習を刺激的なものに変えてくれそうなのがミックスドリアリティ(MR)を活用した「Lalinga」だ。 「Lalinga」ではMRゴーグルを装着してMR空間を探求。オブジェクトに触れながらインタラクティブに外国語を学んでいく。 ・MRの学習促進効果に着目 「Lalinga」のコンセプトは、MRに関する研究成果に基づいたものだ。MRを活用することで学習での記憶の定着が促され、学習者に動機を与えまることがわかっている。 ホログラムは直感的な学習を可能にし、新しい体験を与えてくれる。「Lalinga」では、MR空間に没入して五感を使うことや、インタラクティブな探求により楽しく知識を身につけることに焦点が当てられている。 学習者はMRゴーグルを着用してMR空間を探求。そのなかに出てくる家のなかのモノにタッチすると単語の外国語訳や発音が確認できる。 また、MR空間に登場するキャラクターの動作にタッチすることで、名詞と同じように動詞や形容詞の単語も学べる。 ・継続的なテストで記憶を保持 さまざまな視点から3Dオブジェクトが探求できて、ビジュアルと音声、環境のなかの位置や動きというリッチな情報により、外国語と母国語が自然にリンク...more
カテゴリー:

ドコモが「超広視野角VRゴーグル」開発 「ニコニコ超会議2019」に展示 - 04月17日(水)16:03 

ドコモが「超広視野角VRゴーグル」を開発。4月27日~28日に開催される「ニコニコ超会議2019」に出展する。
カテゴリー:

VR『ゼルダの伝説 BotW』の開発経緯が明らかに―味つけを変えてハイラルの世界を“おかわり”してもらいたい - 04月16日(火)19:00 

任天堂は、『ゼルダの伝説』公式BLOGを更新し、ニンテンドースイッチ対応ソフト『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』が「VRゴーグルToy-Con」対応に至った経緯などを公開しました。
カテゴリー:

VR『ゼルダの伝説 BotW』の開発経緯が明らかに―味つけを変えてハイラルの世界を“おかわり”してもらいたい - 04月16日(火)13:45 

任天堂は、『ゼルダの伝説』公式BLOGを更新し、ニンテンドースイッチ対応ソフト『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』が「VRゴーグルToy-Con」対応に至った経緯などを公開しました。
カテゴリー:

ドコモ、“羽根のない”ドローンを開発--空飛ぶ広告や道案内に - 04月18日(木)14:22 

NTTドコモは4月17日、ドローンやVRを活用した新たなビジネスの創出に向け、超音波振動を活用した“羽のない”飛行船型ドローンと、超広視野角VRゴーグルを開発したと発表した。
カテゴリー:

テックに積極的なアメリカの「VR教育」 - 04月17日(水)19:00 

企業のプロモーションやイベントで、PRまたはエンターテイメントを目的としたVRの活用はご存知のとおり。では、教育現場でのソレについてはどうでしょう?アメリカでは、VRを利用する授業が広がりを見せています。それが顕在化されている教育現場のひとつがバージニア州の小学校「William Marvin Bass Elementary School」。ここでは、地理や生物などを学ぶ授業でVRゴーグルが配られ、生徒たちは映像を通して他国の様子をよりリアルに学んだり、生き物と同じ目線で海洋生物を観察できたりします。VRゴーグルの購入は、学校が教育基金から得た補助金で購入したもの。他校の生徒にも同じような機会が与えられるよう、全部で11の小学校の間でローテーションして利用。教育者側が積極的にテクノロジーを教育現場に取り入れようとする姿勢が伺えます。Reference: The News & AdvanceTop image: © iStock.com/izusek
カテゴリー:

スーパーマリオ64の思い出 - 04月16日(火)22:11  poverty

https://game.watch.impress.co.jp/docs/news/1180306.html 「スーパーマリオ オデッセイ」VRで専用の遊びが可能になる無料アップデートを配信! 「VRであそぶ」のモードではVRゴーグルなしでも遊べる 任天堂は、Nintendo Switch用アクション「スーパーマリオ オデッセイ」において、VRが体験でき専用の遊びが可能になる無料アップデートを4月26日に配信する。 「VRであそぶ」のモードでは、「Nintendo Labo: VR Kit(ニンテンドーラボ VRキット)」 に含まれるToy-Con「VRゴーグルToy-Con」を使用して、「帽子の国」、「海の国...
»続きを読む
カテゴリー:

『ゼルダの伝説 BotW』“VRゴーグルToy-Con”対応アップデートの詳細が公開! カメラがユーザーの見回しと連動する機能を搭載 - 04月16日(火)14:30 

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の“VRゴーグルToy-Con”対応アップデートの詳細情報が公開。
カテゴリー:

Audiの最新コンセプトカー「AI:ME」なら渋滞のストレスなし?! - 04月16日(火)10:20 

現代社会、特に都市における車とはどうあるべきか。それについてのAudiの答えが、最新のコンセプトカー「AI:ME」だ。 自動運転レベル4を搭載し、運転を車任せにしたり自分でハンドルを握ったりできるのに加え、インテリアには木材を多用して癒し空間を演出している。 ・ハンドルを収納できる こんな車だったら、何かとストレスの多い街中でのドライブも違うものになるかもしれない。AI:MEには、そう思わせる機能や工夫が満載だ。 この車は都市での使用に限定されていて、まず注目の自動運転技術はレベル4。複雑な操作以外はほぼ自動で走らせられる。なので、単調な運転の時は車に任せて自分は休憩、ということができる。 ユニークなのはボタン一つでハンドルを収納したり出したりできること。中には運転が好き、という人もいるはずで、簡単に運転モードを切り替えられるのは便利だろう。 ・本物の植物も AI:MEは全長4.3メートル、幅1.9メートルとコンパクトカーだが、内部空間を最大限広くとっている。そして、ルーフをガラスにするなどして開放感を演出している。 また、車内でリラックスできるようにと内装に木材をちりばめ、やや“和”的な印象。なんとルーフには本物の植物も植えられている。 デモビデオでは、助手席に乗った人が搭載のVRゴーグルで自然景観を楽しむなどしていて、車を「移動しながらくつろぐためのもの」にしている。 車の概念...more
カテゴリー:

もっと見る

「ゴーグル」の画像

もっと見る

「ゴーグル」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる