「コード決済」とは?

関連ニュース

コンビニ「無言でバーコードを出されると困る」 - 06月03日(水)13:49  poverty

https://j-town.net/tokyo/column/gotochicolumn/304868.html 「最近のレジでの困りごとは、バーコード決済です。 消費税が増税し、ポイント還元でバーコード決済が増えました。 セブン-イレブンは、ボタン操作無しでバーコードを読み取るだけで良いのですが、 ローソンとファミリーマートはそれぞれのボタンを押してからバーコードを読み取ります。 その際、お客様が無言でバーコードを出されると困ってしまい 『PayPayですか?』とか言って聞き出そうとするのですが、 『ちげーよQUICPay』だよとか大威張りで返す人がいま...
»続きを読む
カテゴリー:

タクシー、タブレットで決済 佐賀市の中央タクシー - 06月02日(火)10:10 

佐賀市の中央タクシー(石田達之輔社長)が、小型タクシー全91台に決済機能付きタブレットを導入した。新型コロナウイルスの感染予防策としてキャッシュレス化を促し、訪日外国人らの利用増につなげる狙い。県内での導入は初めて。 クレジットカードや、交通系ICカードなどの電子マネー、スマートフォンを使ったQRコード決済に対応する。乗客は、タクシー後部座席のタブレットに映し出される説明に従い、電子マネーをかざしたり、QRコードを読み取ったりして料金を支払う。
カテゴリー:

キャッシュレスマップアプリ「AI-Credit」のリエールファクトリー、6月1日から株式投資型CFで資金調達へ - 05月26日(火)10:44 

株式会社日本クラウドキャピタルは株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」で「キャッシュレス社会を加速!お得をナビゲーションするキャッシュレス情報サービス『AI-Credit』キャッシュレス」(申し込み期間2020年6月1日~6月3日)の事前情報を公開した。株式発行者のリエールファクトリー株式会社は、コード決済をはじめとするキャッシュレス決済可能なお店を検索でき、最大限ポイント還元される方法を選んでくれるキャッシュレスマップアプリ「AI-Credit(エーアイクレジット)」をリリースしたスタートアップ企業。プロモーションと新機能開発にさらに力を入れ、消費者の生活を豊かにする“キャッシュレス情報NO.1メディア”を目指す。目標募集額1008万円、上限応募額3006万円。1口9万円、1人5口まで。 AI-Creditは決済方法と店舗情報、個人の持つ決済手段、キャンペーン情報、位置情報などの組み合わせを独自のエンジンで計算し、トータルの還元率が高い順に一覧表示できるサービスだ。Webとアプリで展開しており、消費者還元事業加盟店舗100万店以上を地図上に表示し、店舗の一番お得な支払い方法が瞬時に分かるのが特徴。1,300種類のクレジットカード、20種類のQRコード・非接触決済、ポイントカードなどの組み合わせ5万通り以上の中から、還元率が最大になる組み合わ...more
カテゴリー:

結局ペイペイって一度も使わなかったんだが言うほど便利か? - 05月24日(日)20:56  poverty

「ペイペイの毒」に潰されたキャッシュレス企業…その残酷すぎる末路 https://gendai.ismedia.jp/articles/-/70526 Origami(オリガミ)の本社は、東京・六本木の六本木ヒルズ森タワーにある。筆者は昨年暮れにそこに取材に行った。 以前は表参道のこじんまりとしたビルに入っていたが、森タワーではワンフロアを贅沢に使っていた。まさに時代の最先端を行くIT企業ならではの洗練されたオフィスといった感じで、オリガミの社員も生き生きと働いているように見えた。 Photo by GettyImages 同社は2012年に設立され、日本...
»続きを読む
カテゴリー:

ゲオ、スマホ決済「GEO PAY」2020年秋以降導入 JCB・DNPと基本合意 - 05月22日(金)14:57 

ゲオホールディングスグループのゲオペイメントサービスは5月18日、スマートフォン向けコード決済サービス「GEO PAY(ゲオペイ)」(仮称)を2020年秋以降に提供すると発表。
カテゴリー:

5月調査でクレジットカード決済がさらに増加!QRは停滞?キャッシュレス決済マンスリー調査の結果を発表 - 06月03日(水)09:30 

6月2日ーグローバル市場調査会社のイプソス株式会社は、様々な決済手段の利用状況について2020年1月から毎月調査を実施し、前月の消費について決済方法の実態を捉えるキャッシュレスマンスリー実態調査をオンラインアンケートにより聴取しました。5月の調査結果を一部ご案内いたします。<結果の要約>● 5月調査の結果、クレジットカード決済がさらに進んでいる。現金支払いの割合は今年1月調査と比べると約3.7%減少し、クレジットカードでの決済は1月調査と比べると約2.4%増加した● QRコード決済の停滞が見える中、利用率はPayPay の一強化が進む毎月の支払いに利用した各決済手段シェアがわかる調査イプソスは2020年1月から毎月、約2,400名に対して、先月1か月間のクレジットカード、QRコード決済、デビットカード、電子マネーとプリペイドカード、現金の利用実態について、オンラインアンケートを実施しました。先月、固定的に支払うものを除き、お買い物として決済している金額の割合を聴取し、さらに、各決済手段を毎月何回くらい利用しているのかを聞いており、金額と利用回数を両方把握できるデータとなっております。以下は2020年1月~5月の現金とクレジットカード、QRコード決済の利用金額割合の推移です。現金の支払い金額割合は毎月減少しつづけています。毎月1%前後ではありますが、着実に金額割合が減っており、どこま...more
カテゴリー:

PayPayがオンライン診断のオンライン決済に対応、調剤薬局の服薬指導にも使える - 06月01日(月)16:19 

コード決済サービスを提供するPayPayは6月1日、ビデオ通話を利用したオンライン診療や服薬指導に対する支払いをPayPayで決済できるようになったことを明らかにした。 オンライン診療はこれまで一部の診療科目の再診でしか認められていなかったが、新型コロナウイルスの蔓延に伴う感染防止の観点から、厚生労働省が特例的に初診でのオンライン診断を認めている。現在は特例とはいえ、将来的には一般化する確率が高いだろう。 具体的には、PayPay加盟店の医療機関や調剤薬局は、ビデオ通話を通じて診察や服薬指導を行ったあと、画面越しに患者に向けてオンライン診療専用のPayPayのQRコードを提示することで、その場で決済可能になる。 年商10億円未満の医療機関や調剤薬局は、オンライン決済システムの導入の開発費や初期費用がかからず、決済システム利用料も2021年9月まで無料で利用できる(2020年4月1日以降新たに加盟店になる年商10億円以上の法人の場合は有料)。患者側が注意したいのは、決済できるのはPayPay残高のみで、PayPay経由のクレジットカード払いには対応していない点。 同社では現在、既存加盟店向けにオンライン診療用QRコード決済の利用申し込みページを設けているほか、PayPayを導入していない医療機関や調剤薬局に向けて新規加盟店申し込みページも用意している。 なお、PayPayでは一部の医...more
カテゴリー:

KDDIがポイントをPontaに統合! そのメリットと今後の課題 - 05月25日(月)14:00 

KDDIは、5月21日にポイントシステムを刷新した。 従来は独自ポイントのau WALLETポイントだったものを、ロイヤリティ マーケティングが運営するPontaポイントに統合。auの通信料金やau PAYを利用した際などに貯まるポイントは、同日以降Pontaになる。 既存のPonta会員は、会員番号を連携させることでの統合が可能。au WALLETポイントとPontaを合算できる。 会員基盤と決済機能ーーお互いの強みを生かした統合 KDDIがポイントプログラムにPontaを採用した理由は、会員基盤の強化にある。昨年8月にau IDをオープン化したのに伴い、au WALLETポイントはauユーザー以外でも利用できるようになったが、あくまでKDDIに閉じたポイントだったため、貯め方が限定されていた。au PAYやau WALLETカード(現au PAYカード)を使っていなければ、価値が低かったというわけだ。 これに対し、Pontaは様々な加盟店に採用されている共通ポイント。Pontaカードを提示するだけで、決済手段を問わず、ポイントを貯めることができる。ローソンやケンタッキー・フライド・チキン、シェルをはじめとした大手企業が採用しているほか、リクルートの各サービスで予約できる中小店舗もこれに対応する。この幅の広さが、共通ポイントの魅力だ。 会員基盤としての規模が大きいことも、KDDI...more
カテゴリー:

クレジットカードのデザインに注目! ついお財布を開きたくなるカード5選 - 05月23日(土)19:00 

2019年10月の消費増税時に始まったキャッシュレス・消費者還元事業に伴い、普及率と知名度がますます高まったキャッシュレス決済。電子マネー・QRコード決済・電子マネーなどの様々な決済方法があるなか、も…
カテゴリー:

経費精算「Concur Expense」、LINE Payとも連携--キャッシュレス対応拡充 - 05月22日(金)06:45 

経費精算管理サービス「Concur Expense」が2次元コード決済の「PayPay」「LINE Pay」と連携する。経費精算でのペーパーレス化が10月以降に進むことになる。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「コード決済」の画像

もっと見る

「コード決済」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる