「コンピュータープログラム」とは?

関連ニュース

テイラー・スウィフトの5年ぶりのツアーチケット販売中止。先行申込に35億件でシステム障害 - 11月22日(火)13:31 

世界的な人気歌手のテイラー・スウィフさんの米国ツアーのチケットの一般販売が中止されたそうだ。原因はチケット販売会社のシステムが上限を超えてしまったため。18日からは一般販売が始まる予定だったが、先行販売初日の15日は約35億件の申し込みがあったのだという(朝日新聞)。 チケットの販売の一部を請け負っている「チケットマスター」によれば、これはコンピュータープログラムが自動的に申し込む「ボット攻撃」や、招待を受けていないファンの申し込みが多かったためだとしている。同社は17日午後に一般販売の中止を発表。理由としてシステムへの極めて高い負荷が起き、需要に見合うだけの残されたチケットがないため中止したと発表している。 あるAnonymous Coward 曰く、こりゃプラチナチケットどころではないな。 すべて読む | ITセクション | 通信 | ニュース | バグ | 音楽 | 関連ストーリー: 体操NHK杯チケットで1600枚のカラ予約。同一人物名義で決済されず 2022年05月19日 ぴあ、コロナワクチン予約システムを自治体に提供すると発表 2021年05月14日 アカウント情報流出通知サービス「Have I been pwned?」、通知メール内のテ...more
カテゴリー:

バーチャルミラーの市場規模、2026年に180億2000万米ドル到達予測 - 11月16日(水)11:00 

株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:小野悟、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「バーチャルミラーの世界市場(2022年)」(The Business Research Company)の販売を11月15日より開始いたしました。【 当レポートの詳細目次 】https://www.gii.co.jp/report/tbrc1139448-virtual-mirror-global-market-report.htmlバーチャルミラーの市場規模は、2021年の61億2000万米ドルからCAGR 25.1%で成長し、2022年に76億6000万米ドルとし、さらに、2026年には180億2000万米ドルに達すると予測されています。バーチャルミラー市場は、事業体(組織、個人事業主、パートナーシップ)による、店舗の鏡の中の仮想アバターに服を試着させるバーチャルミラーの販売で構成されています。AR(拡張現実)技術を利用し、実際に試着することなく、その服がどのように見えるかを表示することができ、モーション・レンダリング技術により、様々な動作や照明条件(昼と夜の両方)での着こなしを確認することもできます。バーチャルミラー市場は、ソフトウェア、ハードウェア、サービスの3つに分類されます。ソフトウェアは、コンピュータープログラムのことであり、バー...more
カテゴリー:

【音楽】テイラー・スウィフトのツアーチケット販売中止 先行申込に35億件 - 11月19日(土)05:37  mnewsplus

テイラー・スウィフトのツアーチケット販売中止 先行申込に35億件 11/18(金) 11:57 朝日新聞デジタル https://news.yahoo.co.jp/articles/0b21e38e638b26ca97bc05de233195e2cee1bd6e  世界的な人気歌手のテイラー・スウィフトさんが来年予定している米国ツアーのチケットの一般販売が中止される事態となった。申し込みが殺到し、チケット販売会社のシステムが対応できないためで、人気の高さを示している。  スウィフトさんの5年ぶりとなる全米ツアーは、2023年3月から8月まで行われる予定。チケットの販売の一部を請け負って...
»続きを読む
カテゴリー:

ツイッター人気

こんなの見てる