「コンサルティング企業」とは?

関連ニュース

10/26(土)住宅診断士の戸建セミナー 年末引き渡しラッシュのトラブルに「今から」備える - 10月15日(火)09:00 

業界初の個人向け総合不動産コンサルティング・ホームインスペクション(住宅診断)を行う"不動産の達人 株式会社さくら事務所"(東京都渋谷区 /代表:大西倫加)では、毎年多く寄せられる引渡しラッシュの新築工事トラブルを少しでも未然に回避するため「新築一戸建てチェックポイントセミナー」を10月26日(土)に開催します。夢のマイホームが、もし新築工事の引渡しラッシュで職人さんの人手不足による工期遅れ、突貫工事、手抜き工事に見舞われてしまったら…。◆さくら事務所に寄せられる新築引渡しラッシュ時期の相談事例工事が遅れている。本当に間に合う?/打合せ内容が現場に伝わっていない/工事が雑で見えない部分が不安/引渡しの直前に引渡し日が変更と連絡/内覧会に行ったのに完成していなかった/現場監督がいつもいない最悪の事態を避けるためには、トラブルやリスクの可能性を知ることが第一歩。リスクを知っておくことで、対処法を考えることも可能になります。今回のセミナーを特におすすめしたいのは、年末(12月)引渡しの建売住宅を購入される方や、年度末(来年3月)引渡しの注文住宅を購入される方。講師は不動産売買から住宅診断まで豊富な経験を持ち、多くの戸建トラブル事例と対策を熟知するホームインスペクター(住宅診断士)の柴尾竜也。施工不良、不具合、引渡し時のトラブルと対処法まで多彩な事例を交えてレクチャー。満足度98%を誇る大...more
カテゴリー:

台風15号千葉県台風被害支援 ホームインスペクターによる“中立な”住まいの簡易点検ボランティア開始 - 10月08日(火)10:00 

2019.10.08 不動産の達人 株式会社さくら事務所 台風15号 千葉県台風被害 被災地支援 住宅診断のプロ“ホームインスペクター”による “中立な”住まいの簡易点検ボランティア開始 業界初の個人向け総合不動産コンサルティング・ホームインスペクション(住宅診断)を行う “不動産の達人 株式会社さくら事務所”(東京都渋谷区/社長:大西倫加)では、この度の台風15号による千葉県台風被害 被災地支援として、「台風15号 住まいの簡易点検プロジェクト(無償ボランティア)」を立ち上げました。 過去に起きたこれまでの災害でも、修繕業者が工事受注目的で事実を伴わない点検を行う事案が横行。診断後の工事と結びつきのない客観的な状況で情報を得ていただく機会を少しでも持っていただくため、本プロジェクトでは災害支援として一部地域において無償でホームインスペクションの実施いたします。 なお、エリアによっては、外部エリアからのボランティアの受け入れ状況にない地域も少なくないことから、具体的な実施エリアや内容につきましては、その地域の実情を鑑みながら判断・決定させていただきます。 具体的な実施内容が決定次第、公式HPやプレスリリース等を通じて随時情報を更新・公開してまいります。 ■無償簡易点検実施の背景■ 大型で強い台風15号が直撃した千葉県では、家屋の屋根が吹き飛ぶなどの強風被害の報...more
カテゴリー:

海外向け広報事業開始 英語圏、アジア圏へのグローバル広報を開始 - 10月01日(火)10:30 

海外向け広報事業開始 英語圏、アジア圏へのグローバル広報を開始株式会社JAYIDジェイード(本社:東京都中央区、代表取締役社長:穐吉なな子)は、海外向けの広報事業を10月1日より開始したことをお知らせいたします。■海外向け広報事業詳細・主な活動可能国:アメリカ・イギリス・カナダ・オーストラリア・ニュージーランド・香港・シンガポール・マレーシア・タイ・フィリピン(今後中東、アフリカ地域にも拡大を検討中)・支援内容: -グローバルのメディアに刺さるPR素材の準備 -PRしたい内容に応じた広報先プランニングをオリジナルで選定 -大手メディアだけでなく、専門誌、ネットメディアを含めた各国メディアへのアプローチ -各メディアとの個別のやり取り・料金:1案件10万円程度~(案件の難易度や送信国数等により変動)■JAYIDの提供するグローバル広報の特徴グローバルに広報活動を行う事業者の方からよく耳にする声として、「高額なPR費を支払い、リリースを海外メディアに一斉送信したが、1件もメディア掲載が無かった」ということがあります。日本の広報で使用したものと同じ素材と、英訳したリリースを海外のメディアリストに送るだけでは、露出は厳しいのが現状です。ですが、海外への広報活動は基本的な点を押さえてさえおけば必ずしも難しいわけではありません。JAYIDでは、グローバルでの幅広い広報活動経験を踏まえ、各国の文...more
カテゴリー:

インドで1番見られている日本情報発信サイトは?FUN! JAPANオンライン調査結果を発表 - 09月27日(金)09:00 

株式会社Fun Japan Communications(本社:東京都港区、代表取締役社長:藤井 大輔、以下 Fun Japan Communications)が運営する「FUN! JAPAN India」がインドで1番見られている日本情報発信サイトということが調査の結果、明らかとなりました。アジア7か国を対象に、旅行・グルメ・文化・ライフスタイル・テクノロジーなど、日本の情報を幅広く発信する「FUN! JAPAN」にて、どのような日本の情報を発信するサイトを閲覧しているのか調査しました。PICK UP・日本の情報発信サイト、FUN! JAPANの他にはいくつのサイトを見ている?「FUN! JAPANのみを閲覧する」人がインドでは74%!・複数サイトを閲覧する人の過半数はFUN! JAPANを1番よく見ている!・インドではどんなコンテンツも人気!<調査概要>調査方法:FUN! JAPAN読者へのオンラインアンケート調査時期:2019年5月31日(金)~9月19日(木)サンプル数:2,617インドでは74%がFUN! JAPANのみを閲覧様々な日本の情報を発信するサイトがある中で、FUN! JAPANのみを閲覧する人は台湾22%、香港26%、ベトナム44%、インドネシア56%、マレーシア64%となりました。特にインドでは74%と際立った結果となり、FUN! JAPANが1番見られてい...more
カテゴリー:

マベニアの調査によれば、モバイル通信事業者のすべてがOpenRAN導入を計画していることが判明 - 10月08日(火)22:51 

米テキサス州リチャードソン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- エンドツーエンドのクラウドネイティブなネットワークソフトウエアを提供する業界唯一の企業にして、通信サービスプロバイダー(CSP)のためのソフトウエアネットワーク変革の推進に取り組むリーダー企業のマベニアは、モバイル通信事業者を対象にOpenRANに関して最近実施した調査の結果を発表しました。この調査は、モバイル業界の分析・コンサルティング企業であるセンザ・フィリが実施したもので、サービスプロバイダーの意向を分析して、意見を集めることにより、OpenRAN製品に対する需要や要望の理解を向上させることが目的です。 この調査により、次の重要な結果が得られました。 通信事業者のすべてが、重要なシナリオでのOpenRAN使用を検討。 回答者の43%は現在のベンダーの変更を受け入れる意向。 回答者の25%は複数ベンダーを検討する理由としてコスト削減に言及。 通信事業者の84%は今後、OpenRANの導入に際して異なるベンダーのRRUやBBUの配備を検討。 無線システムの低コスト化がOpenRANインターフェ
カテゴリー:

さくら事務所とザ・ハウスが業務提携 後悔しない注文住宅/第三者の工務店選びと竣工検査 - 10月03日(木)09:00 

業界初の個人向け総合不動産コンサルティング・ホームインスペクション(住宅診断)を行う"不動産の達人 株式会社さくら事務所"(東京都渋谷区/代表:大西倫加)と注文住宅の無料マッチングサービスを行う株式会社ザ・ハウス(東京都渋谷区/代表:関一雄)は2019年10月1日より業務提携を開始します。ライフスタイルや好みに合わせられ、自由度の高い注文住宅は魅力的ですが、一方で工程が多く複雑で施工会社・工務店との密なコミュニケーションが必須となることからトラブルに発展するケースも少なくありません。さくら事務所のホームインスペクター(住宅診断士)は「こうした注文住宅のトラブルは、たった2つのポイントを抑えることでリスクを軽減できます」と伝授。「一つは相性のいい施工会社・工務店を選ぶこと。これは建てたいテイストの家が得意な会社という意味と、意思疎通がスムーズという両方の相性ですね。そしてもう一つが建築のプロが立ち会って竣工検査を行うことです。どちらも取引とは無関係な第三者であることが必須ですね」今回開始した業務提携により、ザ・ハウスの「工務店ご紹介サービス」で工務店とご契約した場合、さくら事務所の内覧会(竣工検査)立会いが写真付き詳細報告書付きで20%割引で受けられるようになりました。いずれも当事者ではなく第三者の目が入ることでトラブルのリスクを減らしながら、気持ちよく注文住宅での新生活を迎えられる...more
カテゴリー:

10月の住生活月間記念キャンペーン 建物のプロと防災を考える/その家の災害リスク教えます - 10月01日(火)09:00 

10月は住まいへの意識を高めて、豊かな住生活の実現へと向ける「住生活月間」。業界初の個人向け不動産コンサルティング・ホームインスペクション(住宅診断)を提供している "不動産の達人 株式会社さくら事務所"(東京都渋谷区/社長:大西倫加)では住まいの防災意識への高まりを受け、住生活月間の10月1日~31日まで「ホームインスペクターと考える!パーソナル防災相談」を実施します。関東を直撃した台風15号。屋根がブルーシートで覆われ住宅被害の大きい千葉県では、自治体が設ける修理費補助金の9割を国が特例的に負担すると発表されました。身近で起こりうる大規模な住宅被害に備えて、どんな対策をしておけばよいでしょうか。さくら事務所のホームインスペクター(住宅診断士)は「大型台風によって『雨漏り』『屋根の飛散』『工事中戸建の倒壊』など被害・トラブルのお問合せを多く頂いています。今回は大きな被害に至らなかった地域も住宅災害を受ける可能性はあるので、台風・地震・豪雨などが起こった時を想定してご自宅の災害リスクを知っておくことが大切です」とアドバイスします。今回のキャンペーンでは、災害前の備えとして過去の土地の履歴などから自然災害のリスクを詳細に検証した「災害リスクレポート」と、建物のプロであるホームインスペクター(住宅診断士)によるコンサルティング「たてもの防災相談」のセットをキャンペーン価格でご提供。こう...more
カテゴリー:

「コンサルティング企業」の画像

もっと見る

「コンサルティング企業」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる