「コンサルティング企業」とは?

関連ニュース

【技術】バッテリー持続時間を2.5倍にする新技術、Nokia Bell Labsらが開発 - 07月09日(火)22:38  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190709-35138936-cnetj-sci  5Gの普及が徐々に進む中、スマートフォンは次世代ネットワークへの対応に必要な能力を備えなければならない。 ゆえにNokia Bell LabsとAdvanced Materials and BioEngineering Research(AMBER)は、スマートフォンを重くすることなく 端末のバッテリー持続時間を2.5倍にする可能性がある新たな電池技術を開発した。  6月20日付けのプレスリリースによると、Nokia Bell LabsとAMBERの研究者らはこの技術設計を保護して商業化を始めるために特許を出願したという...
»続きを読む
カテゴリー:

Apple創業者のスティーブ・ウォズニアックが「人々はFacebookから離れるべき」と警告 - 07月09日(火)12:00 

Facebookは5000万人分のユーザーデータがコンサルティング企業に不正利用されたり、ユーザー情報がクラウドサーバー上で公開状態になっていたりと、多くのスキャンダルに直面しています。そんな中、Appleの共同創立者であるスティーブ・ウォズニアック氏は、「人々はFacebookから離れるべきだ」とエンターテインメント系のニュースメディアTMZのインタビュー答えました。
カテゴリー:

2019年POST-FIT需給一体型ビジネスモデルを紹介するレポート 「太陽光発電ビジネスガイド」(2019-2020年版)を発行いたします - 07月08日(月)16:00 

太陽光発電関連事業に関するコンサルティング業務を行う株式会社資源総合システム(本社:東京都中央区、代表取締役:一木修)は、2019年7月10日(水)に2019年POST-FIT需給一体型ビジネスモデルを紹介するレポート「太陽光発電ビジネスガイド(2019-2020年版)」を発行いたします。日本の太陽光発電をめぐる事業環境は大きく変わろうとしています。2012年7月の固定価格買取制度(FIT)開始以来、売電事業を目的とした大規模システムの開発が定着し、太陽光発電の大量導入を牽引してきましたが、今後は国民の支持が大前提となる事業環境に変わるのは必至です。経済産業省は、FITからの自立を念頭に再生可能エネルギー政策の再構築を進めており、(1)更なるコストダウンと国民負担の抑制、(2)長期間安定した運用、(3)電力システムとの融合--を制度設計の基本3原則としています。2021年4月からは、抜本的見直しに基づく新制度が適用されることが見込まれます。日本の太陽光発電市場は、新制度の下でこれまでのメガソーラーなどを中心とする売電ビジネスから、分散型発電システムの特徴を生かした、自家消費や地産地消をベースとする需給一体型の利用展開が拡大し、太陽光発電市場の中心に成長していくと推測されます。このような今後の見通しのもとでは、日本の太陽光発電市場の変化を見据えた事業展開が重要となってくることから、本...more
カテゴリー:

2019年の半導体市場成長率を15%減に下方修正 - Semiconductor Intelligence - 07月02日(火)07:00 

半導体市場調査・コンサルティング企業の米Semiconductor Intelligenceは、2019年の半導体市場の成長率について、3月時点の前年比10%減から、同15%減へと予測を下方修正したことを明らかにした。
カテゴリー:

世界のブロックチェーンサプライチェーン市場、2025年までに1兆円規模へ - 07月09日(火)14:50 

世界のブロックチェーンサプライチェーン市場は、2025年までに98億5000万ドル(約1兆円)になると予測される。コンサルティング企業アライドマーケットリサーチ(AMR)が7月8日に市場調査を公表した。
カテゴリー:

太陽光発電システム市場に関する総合調査レポート「太陽光発電マーケット2019~市場レビュー・ビジネスモデル・将来見通し~」を発行いたします - 07月08日(月)16:00 

太陽光発電関連事業に関するコンサルティング業務を行う株式会社資源総合システム(本社:東京都中央区、代表取締役:一木修)は、2019年7月10日(水)に世界及び日本の太陽光発電システム市場を多角的かつ多面的に整理・分析した総合調査レポート「太陽光発電マーケット2019~市場レビュー・ビジネスモデル・将来見通し~」を発行いたします。世界の太陽光発電市場は、2010年代前半の10GW規模から、フィードイン・タリフを中心とする各国政府主導の普及インセンティブに加えて、入札による市場原理の導入により急速に拡大しています。2018年には年間導入量100GWを維持、世界の累積導入量は、2018年末に500GWに到達しました。2016年11月のパリ協定発効以降、『脱炭素化』は世界の潮流となっており、世界各国・各セクターにおいて、地球温暖化対策およびエネルギー戦略として、再生可能エネルギーの代表格である「太陽光発電」を更に重視する方向となっています。日本においても、2018年7月に閣議決定された「第5次エネルギー基本計画」において、温室効果ガス削減に向けた方向性や施策として、再生可能エネルギーの主力電源化が明記されています。太陽電池モジュール生産量は中国政府が2018年5月末に発表した導入抑制策による影響が懸念されましたが、前年を上回る116GWを記録しました。国・地域別では、中国が年産80GW超で...more
カテゴリー:

伝統の技AI継承 - 07月04日(木)07:10 

製造業の熟練技術や技能をAI(人工知能)で継承する事業を展開するLIGHTz(ライツ、本社・茨城県つくば市)が、西松浦郡有田町と佐賀市に進出する。有田町は窯業やニューセラミックスの技術を受け継ぐAI開発と研究の拠点とし、佐賀市に九州の営業拠点を設ける。10月の事業開始を目指す。 同社は製造業向けコンサルティング企業のグループ会社で、2016年に創業。熟練技術者やスポーツ選手に話を聞き、視点や思考をAIで可視化する。不具合の原因究明など本質的な対策に役立つという。
カテゴリー:

住宅購入者だけでなく…施工会社もトラブルに泣いている? ~事業者様向けトラブルご相談サービス・7月1日よりスタート~ - 07月01日(月)11:00 

昨今インターネットでは「住宅購入者へのノウハウ」「住宅会社から購入者を守る」といったコンテンツは数多いですが施工会社・リノベーション会社・工務店など「事業者のお悩み、お困りごと」に寄り添ったコンテンツや情報、サービスは多くはありません。業界初の個人向け総合不動産コンサルティング・ホームインスペクション(住宅診断)を行う“不動産の達人 株式会社さくら事務所”(東京都渋谷区/代表:大西倫加)にも「相談できる専門家がいない」「トラブルの解決方法もわからない」と悩まれている事業者の方から多くの相談が寄せられています。◆事業者様からのトラブルご相談事例-------------------------------------------------------------------------【施工会社様】・営業から設計担当への社内の連携不足で「話が伝わっていない」とお客様を不安にさせてしまった。・打合せ時の変更点を図面に反映し忘れたことから、お客様との関係性が悪くなってしまった。【リノベーション会社様】・お引き渡し後に配管から漏水。「他にも不具合があるのではないか」とトラブルに。・「リノベーションですべて新しくなると聞いていたのに…」と見えない部分が既存のままでお叱りを受けた。・解体後に予期せぬ不具合があり補修が必要に。追加費用のご相談に「そんなことは聞いていない」と拒否された。【工務店...more
カテゴリー:

「コンサルティング企業」の画像

もっと見る

「コンサルティング企業」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる