「コワーキングスペース」とは?

関連ニュース

注目のスタートアップだった WeWork の評価はどこで反転したのか? - 10月19日(土)08:31 

コワーキングスペースを提供するベンチャー企業 WeWork の騒動  9月の下旬から10月の初旬に掛けて、ベンチャー企業 WeWork の名前を多く見るようになった。WeWork はアメリカに本社を置く、コワーキングスペ […]
カテゴリー:

次世代のトップシェフを育てるシェア型飲食店『re:Dine GINZA』に新シェフが入居、シェフ向けの新料金プランも登場! - 10月17日(木)16:00 

食マーケティング総合企業のfavyが運営する、東京・銀座にあるシェフのためのコワーキングスペース『re:Dine GINZA』に、本日2019年10月17日より新たに2店が入居、あわせてシェフ向けの新料金プランが決定したことをお知らせいたします。
カテゴリー:

Facebook主催のアイトラッキングコンペで東京のクーガーが世界3位に入賞 - 10月16日(水)11:00 

Facebookが主催するアイトラッキングの認識精度を競う「OpenEDS(Open Eye Dataset)Challenge」は、世界各国からコンピュータビジョンの研究者が挑戦するコンペティションだ。大学などの研究機関も参加するこのコンペの結果が9月30日に発表された。コンペの2つの課題のうち、2D画像の眼球位置を推定する「Semantic Segmentation Challenge(セマンティックセグメンテーションチャレンジ)」では、東京・渋谷に拠点を置くクーガーのチームが提出したAIモデルが世界3位を獲得している。 VR/AR普及のカギ、視線追跡の「精度」と「軽さ」を競う VR/ARが注目を集める中で、スマートグラスの装着時に視線や眼球の動きを追跡する「アイトラッキング」の需要は高まっている。深層学習の進歩によりアイトラッキング領域でも成功例は出てきている。ただしCPUの性能にはまだ限界があり、リアルタイムでの精度の高い計算には制限がある。 また安定した効率的な機械学習ソリューションを用意するためには、異なる条件下にある何千人ものユーザーから、大量で正確な学習データを取得する必要がある。しかしコスト面でも正確性の面でも、実際には収集できるトレーニングデータの量と品質には制約がある。 VRデバイス「Oculus Rift」や「Oculus Go」などの製品も持つFacebo...more
カテゴリー:

WeWorkがホルムアルデヒド発生で電話ボックス1600室を閉鎖 - 10月15日(火)13:00 

コワーキングの最大手で、かつては評価額が470億ドル(約5090億円)だったこともあるWeWorkは、上場中止やCEO辞任といったトラブルに続き新たな問題に直面している。 問題は米国とカナダでWeWorkのコワーキングスペースを利用しているユーザーに影響を与えるものだ。10月14日に同社は、WeWorkのスペースに設置された約1600室の電話ボックスで基準値を越えるホルムアルデヒドが検出されたと発表した。 電話ボックスの製造メーカーの責任だとWeWorkは表明している。問題の電話ボックスは、共有スペースが満杯のときに人に聞かれずに電話ができる場所として提供されている。 「利用者から異臭や目がひりひりするなどの連絡を受け、WeWorkは分析を行い、外部コンサルタントによるさまざまな試験を実施した。先週遅くに結果を受け取った後、影響を受ける可能性のある電話ボックスをすべて利用中止とした」と同社がメンバー宛てのメールに書いた。どのボックスが安全かを知りたいメンバーは、WeWorkの各ロケーションに連絡するよう同社はコメントしているWeWorkは、代わりに利用できる場所として会議室や未使用のオフィススペースなどを提供する予定とのこと。 ホルムアルデヒドは建造物のさまざまな材料に使われている薬品で、「高濃度のホルムアルデヒドを短時間吸入すると鼻、喉、呼吸器系に一時的な炎症が起き、咳や息切れを...more
カテゴリー:

テレビ番組とVTuberの相性とは?―VTuber業界の裾野を広げるセミナー「みんなで考えるバーチャル業界~Vol.1~」レポート - 10月03日(木)19:00 

東京都・六本木にあるCreww運営のコワーキングスペース“docks”にて行われた、VTuberセミナー「みんなで考えるバーチャル業界」第一回目。「バーチャルYouTuber×テレビ」をテーマにした同セミナーのレポートをお届けします。
カテゴリー:

次世代のトップシェフを育てるシェア型飲食店『re:Dine GINZA』に新シェフが入居、シェフ向けの新料金プランも登場! - 10月17日(木)16:00 

食マーケティング総合企業のfavyが運営する、東京・銀座にあるシェフのためのコワーキングスペース『re:Dine GINZA』に、本日2019年10月17日より新たに2店が入居、あわせてシェフ向けの新料金プランが決定したことをお知らせいたします。
カテゴリー:

TKP---今期は下期偏重の計画、第2四半期(6-8月)は日本リージャス連結開始で営業利益1.8倍 - 最新株式ニュース - 10月17日(木)09:18 

<3479>  TKP  4725  -5ティーケーピー<3479>は15日、2020年2月期第2四半期(2019年3月-8月)の連結決算を発表した。貸会議室・宴会場・レンタルオフィス・コワーキングスペース等のフレキシブルオフィスや宿泊施設の需要が引き続き旺盛であることに加え、2019年5月末に日本リージャスを取得し6月から連結したことにより、第2四半期連結決算は売上高242.7億円(前年同期比3
カテゴリー:

西日本最大クラスの仮オフィス、大阪に - 10月15日(火)17:00 

「ホワイティうめだ」や「なんばウォーク」などを運営する「大阪地下街」(本社:大阪市北区)が、西日本最大級のコワーキングスペースを12月9日に開業予定。「ホワイティうめだ」隣接のビルにオープンするという。 複数の利用者が契 […]
カテゴリー:

IPO延期、CEO退任で荒れるWeWork。日本法人社員を直撃してみた - 10月08日(火)08:33 

 世界に500拠点以上のコワーキングスペースを構えるWeWorkが今、大きな苦境に立たされている。新規株式上場(IPO)を目前に控えていたのだが、ここに来て急遽延期することが決まり、さらに最高経営責任者(CEO)のアダム […]
カテゴリー:

“泊まる”から”暮らす”へ。流行の発信基地を目指すホテル「ザ・ミレニアルズ」 - 10月03日(木)10:48 

動くベッド、専用ホームシアター、フリービールなどなど......。テクノロジーを駆使して独自の取り組みを行うホテル「ザ・ミレニアルズ」が、国内外で大きな話題となっています。「ザ・ミレニアルズ」のコンセプトは"ミレニアル世代のためのライフスタイルホテル"だそうです。今回は「ザ・ミレニアルズ渋谷」でアシスタントマネージャーを務めるアクセルさんに、なぜこのようなホテルが生まれたのか?背景や独自サービスの狙い、将来のホテル像などについて伺いました。カラオケ施設を改装して生まれたホテル──現在、3都市で展開されているそうですね。どのようにして「ザ・ミレニアルズ」が生まれたのでしょうか?最初にオープンしたのは京都店になるのですが、実はここ、以前はカラオケ施設だった場所を改修して作られているんです。「この施設を使って何かしませんか?」とご提案いただいたところから始まり、試行錯誤を重ねて現在のカプセルタイプのホテルになりました。 カラオケという特性上から窓がなかったので、弊社が別事業として展開しているソーシャルアパートメントの住宅や一般的な個室タイプのホテルにするのは難しい。ただ、繁華街で立地は良かったので、「ゆっくりくつろげる個室はないけど、寝るだけなら快適」というミレニアル世代の若者に受け入れられやすいスタイルのホテルを目指しました。 その後の反響がとても大きかったため、渋谷と福岡にも「ザ・ミ...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「コワーキングスペース」の画像

もっと見る

「コワーキングスペース」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる