「コロナワクチン」とは?

関連ニュース

【東京慈恵会医科大学研究】妊婦のコロナワクチン接種はオミクロン変異株による重症化や妊娠合併症のリスク低減に有効 - 02月02日(木)15:49  newsplus

東京慈恵会医科大学 産婦人科学講座 助教 ??橋健らが参加する国際研究チームINTERCOVID-2022 International Consortiumは、 妊婦における新型コロナウイルスワクチン接種が、オミクロン変異株による新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の重症化や 周産期転帰に与える影響について世界18カ国・41の病院で調査を実施しました。 この結果、ワクチン接種によりCOVID-19から母児を効果的に保護できることが判明しました。 依然としてCOVID-19のパンデミックが続く中、今回の研究結果は妊婦への新型コロナウイルスワクチン接種の...
»続きを読む
カテゴリー:

知人の男性宅に「勝手に入った」新型コロナワクチン接種推進室長、住居侵入容疑で逮捕 鹿屋市 - 02月02日(木)07:12 

 鹿児島県警鹿屋署は1日、住居侵入の疑いで、鹿屋市新型コロナワクチン接種推進室長の男(55)=同市川西町=を逮捕した。同署によると「勝手に入ったことは間違いない」と容疑を認めている。
カテゴリー:

【社会】ワクチン後遺症かも 極度のけん怠感や歩行困難、広がる専門外来 新型コロナウイルスワクチン接種後の副反応★4 - 02月01日(水)22:55  newsplus

ワクチン後遺症かも 極度のけん怠感や歩行困難、広がる専門外来 2023.2.1 上阪 欣史 日経ビジネス副編集長 医療機関や自治体の間で新型コロナウイルスワクチンの後遺症が疑われる患者に対応する動きが広がっている。 接種後極度のけん怠感や発疹、歩行困難になる人がおり、専門外来による 診察や公費補助などが患者のよりどころとなっている。 国の予防接種健康被害救済制度もあるが、専門家は「申請書類が膨大なうえ 認可まで時間がかかるケースが圧倒的に多く、民間の草の根支援が必要」と話す。  関西在住の伊集院遥さ...
»続きを読む
カテゴリー:

【歌手】華原朋美、コロナワクチン未接種を告白「先が見えているような予防接種じゃないから」後遺症を不安視 ★2 - 02月01日(水)17:32  mnewsplus

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202302010000193.html 2023年2月1日11時9分 歌手の華原朋美(48)が1月31日夜、YouTubeチャンネルで生配信を実施。新型コロナウイルスのワクチン接種を受けていないことを明かし、その理由を説明した。 華原は2020年に新型コロナウイルス感染症が世界的に拡大してから現在までの生活の変化を振り返るとともに、「私はコロナの予防接種っていうのはどうしても怖くて受けられないんですよ」と告白。「インフルエンザみたいにきちんと『予防接種したらこうなりますよ』っていう先が見...
»続きを読む
カテゴリー:

【訃報】華原朋美コロナワクチン未接種 - 02月01日(水)16:02  poverty

華原朋美、コロナワクチン未接種を告白「先が見えているような予防接種じゃない」後遺症を不安視 https://news.yahoo.co.jp/articles/cd6c83a12f2488b8377b9f19dbcdd61ba7002682 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【社会】ワクチン後遺症かも 極度のけん怠感や歩行困難、広がる専門外来 新型コロナウイルスワクチン接種後の副反応★6 - 02月02日(木)15:03  newsplus

ワクチン後遺症かも 極度のけん怠感や歩行困難、広がる専門外来 2023.2.1 上阪 欣史 日経ビジネス副編集長 医療機関や自治体の間で新型コロナウイルスワクチンの後遺症が疑われる患者に対応する動きが広がっている。 接種後極度のけん怠感や発疹、歩行困難になる人がおり、専門外来による 診察や公費補助などが患者のよりどころとなっている。 国の予防接種健康被害救済制度もあるが、専門家は「申請書類が膨大なうえ 認可まで時間がかかるケースが圧倒的に多く、民間の草の根支援が必要」と話す。  関西在住の伊集院遥さん...
»続きを読む
カテゴリー:

【社会】ワクチン後遺症かも 極度のけん怠感や歩行困難、広がる専門外来 新型コロナウイルスワクチン接種後の副反応★5 - 02月02日(木)05:31  newsplus

ワクチン後遺症かも 極度のけん怠感や歩行困難、広がる専門外来 2023.2.1 上阪 欣史 日経ビジネス副編集長 医療機関や自治体の間で新型コロナウイルスワクチンの後遺症が疑われる患者に対応する動きが広がっている。 接種後極度のけん怠感や発疹、歩行困難になる人がおり、専門外来による 診察や公費補助などが患者のよりどころとなっている。 国の予防接種健康被害救済制度もあるが、専門家は「申請書類が膨大なうえ 認可まで時間がかかるケースが圧倒的に多く、民間の草の根支援が必要」と話す。  関西在住の伊集院遥さ...
»続きを読む
カテゴリー:

【社会】ワクチン後遺症かも 極度のけん怠感や歩行困難、広がる専門外来 新型コロナウイルスワクチン接種後の副反応★3 - 02月01日(水)19:27  newsplus

ワクチン後遺症かも 極度のけん怠感や歩行困難、広がる専門外来 2023.2.1 上阪 欣史 日経ビジネス副編集長 医療機関や自治体の間で新型コロナウイルスワクチンの後遺症が疑われる患者に対応する動きが広がっている。 接種後極度のけん怠感や発疹、歩行困難になる人がおり、専門外来による 診察や公費補助などが患者のよりどころとなっている。 国の予防接種健康被害救済制度もあるが、専門家は「申請書類が膨大なうえ 認可まで時間がかかるケースが圧倒的に多く、民間の草の根支援が必要」と話す。  関西在住の伊集院遥さん...
»続きを読む
カテゴリー:

【社会】ワクチン後遺症かも 極度のけん怠感や歩行困難、広がる専門外来 新型コロナウイルスワクチン接種後の副反応★2 - 02月01日(水)16:38  newsplus

ワクチン後遺症かも 極度のけん怠感や歩行困難、広がる専門外来 2023.2.1 上阪 欣史 日経ビジネス副編集長 医療機関や自治体の間で新型コロナウイルスワクチンの後遺症が疑われる患者に対応する動きが広がっている。 接種後極度のけん怠感や発疹、歩行困難になる人がおり、専門外来による 診察や公費補助などが患者のよりどころとなっている。 国の予防接種健康被害救済制度もあるが、専門家は「申請書類が膨大なうえ 認可まで時間がかかるケースが圧倒的に多く、民間の草の根支援が必要」と話す。  関西在住の伊集院遥さん...
»続きを読む
カテゴリー:

ボイスボットカオスマップ2023年版を公開!電話や窓口対応をAIによる音声対話で自動化 - 02月01日(水)13:30 

企業のDXを推進する国内最大級のAIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリー(東京都渋谷区、 代表取締役:板羽晃司)は、各業界の DX 推進の支援の一環として、ボイスボット関連サービスをまとめた「ボイスボットカオスマップ2023」を2023年1月31 日に公開しました。掲載数は合計で60サービスです。■ボイスボットとは?ボイスボットとは、AI(人工知能)が搭載されている音声認識のソフトウェアを用いて、ユーザーが音声によってシステムを操作する仕組みのことです。音声認識や音声合成、自然言語処理といったAIの技術が活用されています。ボイスボットは、コロナワクチンのコールセンターやレストランの予約受付、宅配の集荷受付など業種業界を問わず様々なシーンで続々導入されています。ボイスボットを利用すれば、マイクや電話に用件を話すだけでAIが対応してくれます。ですから、一般的なIVR(自動応答ツール)のように、受話器から流れてくるガイダンスを聞きながら番号ボタンを押す必要がありません。長い音声ガイダンスを最後まで聞き続ける必要もないため、ユーザーはストレスフリーな接客を受けられます。24時間体制での音声対話によるお問い合わせ対応が可能になり、導入企業もオペレーターや窓口スタッフの負担軽減、入電数の削減などが期待できます。■ボイスボットカオスマップ2023作成の背景現在、新型コロナ...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる