「コロナショック」とは?

関連ニュース

パナソニックの甘さと誤算、揺らぐEV電池首位…盟友テスラ、中国企業から大量調達 - 11月29日(日)06:00 

10月29日にパナソニックが発表した7~9月期の決算は、コロナショックの影響などによって減収だった。その一方、固定費の削減などが貢献し、純利益は前年同期から76億円増の587億円だった。事業分野ごとに見ると、家電(アプライアンス)と自動車関連(オートモーティブ)、および産業向け機...
カテゴリー:

保守的な宗教観、極右政権下で「フェミニスト」として戦うということ。ポーランド女性に聞いてみた - 11月27日(金)08:31 

 コロナショックのなか、中絶禁止法案と反対デモに揺れるポーランド。はたして女性たちは、フェミニズム、そして彼女たちの権利についてどう思っているのか? 現地に暮らすポーランド女性たちを直撃した。 過去には先進的だったポーラ […]
カテゴリー:

株の買い時・売り時はどう判断する?状況別にポイントを解説 - 11月21日(土)00:23 

株の「買い時・売り時の判断」と聞いて何を思い浮かべるでしょうか。チャートが頭に浮かんだ方も多いかと思いますが、チャートを用いる売買の判断は「テクニカル分析」と言われ、主に短期投資に使われます。ただし、この方法のみで勝ち続けることは難しいと言えます。 一方、長期投資では、株価が割安な時に購入し、割高な水準で売却します。長期間にわたって株式を保有することで、資産を数倍、数十倍に増やすことを目的とします。株式投資の醍醐味は長期投資にあるという見方もできます。 そこで、今回は長期投資に着眼点をおき、株の買い時・売り時の判断や状況別にポイントを解説します。 SBI証券で国内株・外国株を探す 目次 長期投資家の心得 1-1.株価が暴落しても慌てない 1-2.投機家ではなく投資家になる 1-3.目先の利益に惑わされない 株の買い時・売り時の判断 2-1.割安な水準で買う 2-2.売る基準を決める 2-3.企業の「ファンダメンタルズ」が悪化したら売る 2-4.割高になったら売る まとめ 1.長期投資家の心得 長期投資では、購入した銘柄を数年、数十年にわたり保有するため、倒産リスクが低い企業を投資の対象とします。また、投資したら目先の株価変動に一喜一憂しないことが大切です。そのため根拠と自信を持って投資対象を選ぶ必要があります。 1-1.株価が暴落しても慌てない 長期投資の心得として株式市場を信...more
カテゴリー:

ロボアドバイザーFOLIO ROBO PROに新機能「臨時リバランス」、市場の急変時にも適応 - 11月20日(金)15:36 

株式会社FOLIOとAlpacaJapan株式会社が提供するAIで相場を先読みする進化版ロボアドバイザー「FOLIO ROBO PRO(ロボプロ)」に11月19日、 市場の急変時にも適応できる新機能「臨時リバランス」が導入された。一般的なリバランスは最初に投資した時点の比率に戻すが、ロボプロが基本的に毎月一回行う「定期リバランス」は、市場の環境に合わせて最適と考えられるポートフォリオも随時更新しており、機動的な資産配分の変化を実現している。これに対し、臨時リバランスは急激な変動を伴う市場の変化にも適応する新しい仕組みだ。 FOLIOは2008年のリーマンショック、今年のコロナショックを挙げ「特に急激な下落を伴う市場の変化は突然起りうる。こういった激しい市場の変化が起こる可能性は数年に一度の頻度と考えられるが、いざ起きた場合に月1回程度の定期リバランスだけでは十分に対応できない」と導入の背景を説明する。 ロボプロでは、レジームスイッチングモデルを運用資産に含む複数の市場に適用し、市場の局面変化を捉えることに利用している。変動の激しい局面に突入したと判定された場合には臨時リバランスが行われる。 この仕組みはリバランスのタイミングを決定するだけなので、ロボプロにおけるAIを利用したポートフォリオの最適化アルゴリズムには影響を与えません。定期、臨時の2機能は独立しており、相乗的に互いの利点...more
カテゴリー:

【暗号資産投資初心者向け】ビットコインが「デジタルゴールド」と呼ばれる理由とは? - 11月18日(水)13:05 

ビットコインは数ある暗号資産の中で最も時価総額が高く、暗号資産の代名詞的な存在です。ボラティリティが高いため、これまで投機的な側面ばかりが取りざたされてきたビットコインですが、ここへきて機関投資家が「インフレヘッジ」として資産ポートフォリオに組み入れる動きが出てきています。 ビットコインには発行総量に上限があり、希少性が高く反インフレの特性があるため、「デジタルゴールド」とも呼ばれています。そこでここではビットコイン投資を検討している方向けに、ビットコインが「デジタルゴールド」と呼ばれる理由について詳しく解説していきます。 目次 ビットコインとは? デジタルゴールドと呼ばれている理由 金と同様にインフレヘッジとみなされる理由 ビットコイン投資におすすめの暗号資産取引所 4-1. 自動積立投資ができるコインチェック 4-2. ビットコイン取引量No.1のbitFlyer 4-3. GMOインターネットグループが運営しているGMOコイン まとめ ①ビットコインとは? ビットコインは、金融機関のような第三者を介することなく、個人間で取引可能な電子取引システムを実現するために誕生しました。ビットコインにはデジタル署名やブロックチェーンと呼ばれる技術が利用されており、ブロックチェーンは第四次産業革命を担う技術としても注目されています。時間の経過とともに書き込まれたデータが改ざんされる可能...more
カテゴリー:

FOLIO ROBO PROの実績・評判は?メリット・デメリットや他ロボアドとの比較も - 11月27日(金)16:26 

投資に関心を持つ人が増える中、AIによる高度な資産運用を自動で行えるロボアドバイザーサービスの利用者が増えています。特にプロ仕様のAI技術を活用した「FOLIO ROBO PRO」は短期でもリターンを狙うことができ、メディアなどでも注目されています。 そこでこの記事では、FOLIO ROBO PROの特徴やメリット・デメリット、過去の運用実績について詳しくご紹介します。投資知識に自信がない方や、手離れの良い投資サービスを探している方は参考にしてみてください。 目次 FOLIO ROBO PROとは 1-1.プロ仕様のAI技術を活用した「進化型」ロボアドバイザー 1-2.積極的な運用による高パフォーマンスの実績 1-3.入出金以外の作業が不要 FOLIO ROBO PROのメリット 2-1.プロの運用ノウハウとAI技術による高度な運用 2-2.短期・長期のどちらでもリターンが狙える 2-3.投資家を保護する体制 2-4.振込手数料無料の「リアルタイム入金」が使える FOLIO ROBO PROのデメリット 3-1.最低投資金額10万円 3-2.NISA口座に対応していない 3-3.他サービスとは併用できない FOLIO ROBO PROの運用実績 FOLIO ROBO PROの口コミ・感想 FOLIO ROBO PROの始め方 まとめ 1 FOLIO ROBO PROとは FOL...more
カテゴリー:

【投資信託】 勢いづく日本株ファンド - 11月24日(火)13:08  newsplus

新型コロナウイルスの感染拡大で金融市場が大きく動いた過去9カ月を振り返ると、 投資信託の運用成績は2月後半から3月後半にかけて軒並み悪化したものの、 3月後半以降は大きく回復。直近では、株式型ファンドの多くがコロナ前の価格を抜いてきた。 3月後半以降の上昇相場の前半は、米国を中心とした先進国の海外株式型ファンドの値上がりが目立った。 GAFAM(グーグルの親会社のアルファベット、アップル、フェイスブック、アマゾン・ドット・コム、マイクロソフト)などの 米IT(情報技術)大手の組み入れ銘柄の株価上昇が運用成...
»続きを読む
カテゴリー:

なぜ世界不況になると円高になるのか?その時にどう投資すべきか? - 11月21日(土)00:22 

世界不況を受けて株が売られると「投資家のリスク回避のために、安全資産である円が買われた」と報道されることが多いように、円高になることが多い傾向にあります。一方で、国内メディアでは国の借金などの報道が繰り返されています。これでは円が安全資産だという説明に違和感を持つ方も一定数いることでしょう。 また、リーマンショックのように米国と欧州が金融危機に苦しんでいる一方、日本の銀行は相対的に健全だということであれば、世界中の株が下がって比較的安全な円が選好されるというのは納得できますが、日経平均株価が下落しても円が買われるという日本側だけの事象を見てしまうと違和感が出てきてしまいます。 今回は現役ファンドマネージャーである筆者が、円と日本経済を中心に外国為替市場のメカニズムを解説しながら、これらの違和感の解消をしつつ、求められる投資行動について考えていきたいと思います。 LINE FXのウェブサイトを見る 目次 外国為替相場の特徴 円高要因と円安要因 2-1.円高要因 2-2.円安要因 最近の世界の潮流 まとめ 1.外国為替相場の特徴 商品の輸出入、外国証券や海外不動産への投資、企業の海外進出など、国際的な取引の多くは外国為替を利用して金銭の受払いが行われます。取引に際しては、まず決済通貨を決め、自国通貨から決済通貨に交換しなければなりません。その通貨の交換比率を「為替レート」と呼びます...more
カテゴリー:

オバマ回顧録の誤訳騒動は氷山の一角。記者が見た日本と欧州のメディアの違い - 11月20日(金)08:31 

 コロナショック、そして米大統領選の報道を通して、あらためて「メディアとは何か」「報道とは何か」が議論されている。感染者数の統計や、ファクトチェックといった点に、これまであまりニュースに興味のなかった人も目を向け始めてい […]
カテゴリー:

東京エレクトロンの時代到来、日本経済の牽引役に…世界の半導体産業を支える重要企業 - 11月16日(月)06:00 

10月29日、大手半導体製造装置メーカーである東京エレクトロンが、2021年3月期の通期の業績予想を上方修正した。それは、同社の競争力が高まっていることを示す。コロナショックによって日本の経済は依然として厳しい状況にあるが、東京エレクトロンのように製造技術を強みに競争力を発揮する...
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「コロナショック」の画像

もっと見る

「コロナショック」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる