「コラボレーシ」とは?

関連ニュース

ザ・ノース・フェイス パープルレーベルがドクタ.. - 12月07日(土)15:30 

ザ・ノース・フェイス パープルレーベルがドクターマーチンとコラボレーションしたリミテッドモデルを11月1日、リリースした。
カテゴリー:

「クルセイダークエスト」,TVアニメ「盾の勇者の成り上がり」とのコラボを実施 - 12月06日(金)18:42 

クルセイダークエスト クルセイダークエスト配信元NHN Fukuoka配信日2019/12/06<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>スマートフォン向けピクセルアートアクションRPG『クルセイダークエスト』人気TVアニメ「盾の勇者の成り上がり」とのコラボレーションを実施!NHN Corp.(本社:韓国)は、同社がサービスを提供する スマートフォン向けピクセルアートアクションRPG …
カテゴリー:

アイドルから声優へ!新番組ドルアニが新年1月5日より放送開始! - 12月06日(金)18:00 

「ドルアニシリーズ・九藏猫窩(じょうざんみゃおうお)」2020.1.5 より放送開始、千葉テレビ 毎週日曜 7:30-8:00今をときめくライブアイドル達が次世代を担うアイドル声優へと進化していく時代が到来!それが「ドルアニ」。シリーズ第一弾は台湾で話題のアニメ「九藏猫窩(じょうざんみゃおうお)」と日本の人気アイドルとのコラボレーション。主役の九藏(じょうざん)役には中国でも声優として活躍している劉セイラ、音響監督に伊豆一彦を迎える。年々増すアニメ声優への憧れ!それはアイドル達も例外ではない。「アイドルから声優へ!」GLADLINE が製作するアニメバラエティ番組、ドルアニ!「九藏猫窩(じょうざんみゃおうお)」1988年台湾コミケで誕生し台北地下街の公式キャラクターになるなど人気を博す。2013年台湾TVでアニメ放送開始。【第一部・猫王国編】そのむかし、3匹の猫が伝説の三神器を持って暗黒族と戦った。それから10年が経ち平和に暮らしている猫達の国に、再び魔王の封印を破るものたちが現れる・・国王・九藏(じょうざん)を初めとする何百ものキャラクターが登場する、猫の王国の物語。【アニメ・九藏猫窩(じょうざんみゃおうお)配役/キャラクターボイス】九藏(じょうざん)・劉セイラ藍猫(らんみゃお)・清華呆魚(だいゆう)・キセキレイ伊拉(いら)・ジュラン森野樹(もりのしゅ)・太田リズ小滴(しゃおてぃ...more
カテゴリー:

セカオワFukase、KANGOLとのコラボハット発売 - 12月06日(金)16:21 

Fukase(SEKAI NO OWARI)とファッションブランド・KANGOLによるコラボレーションアイテムが販売される。
カテゴリー:

【あべのハルカス近鉄本店】近鉄百貨店の2020年スペシャル福袋 - 12月06日(金)13:45 

近鉄百貨店は、近鉄グループ会社とコラボレーションした福袋を販売します。 近畿日本鉄道コラボ福袋では、2020年3月14日(土)より運行開始をする近畿日本鉄道株式会社の新型名阪特急「ひのとり」にいち早く乗車できる「新型名阪特急『ひのとり』試乗ツアー福袋」を抽選販売します。先進的でスピード感ある車体フォルム、メタリックレッドの外観デザインが目を引く『ひのとり』は、後方に気兼ねなく座席をリクライニングできる...
カテゴリー:

電子音楽&デジタルアートのフェス「MUTEK 2019」が12月に開催 - 12月07日(土)06:00 

2000年にカナダ・モントリオールでスタートし、最新のテクノロジーを駆使した電子音楽、オーディオヴィジュアル・アートの芸術フェスティバルとして知られる「MUTEK.jp」が12月11日〜15日に東京・渋谷で開催される。 ・渋谷の7つの会場で開催 今回の「MUTEK」は、エンターテインメントホールLINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)や駅直結の高層複合タワー渋谷ヒカリエの中層に位置する渋谷ヒカリエホール、そして2018年にオープンしたコミニュティプラットホームEDGEofなどが会場となった。 渋谷という土地に、デジタルアートの可能性を探求する日本と世界のアーティストが一挙集結し、独創的で革新的なオーディオビジュアルライブ、カンファレンス、ワークショップ、エキシビジョンが予定されている。 ・国内外の注目アーティストが集結 毎年、世界中からアーティストが一挙に集結する「MUTEK」だが、今年は真鍋大度が率いるRhizomatiks Research、振付家/ダンサーのMIKIKOが率いるダンスカンパニーELEVENPLAY、米国メディアアーティストのカイル・マクドナルドのコラボレーションによる最新ダンスパフォーマンス「discrete figures」のパフォーマンスが予定されている。 また、第22回文化庁メディア芸術祭で大賞を受賞した古舘健によるオーディオビジュアルショーや、...more
カテゴリー:

Global Brain Alliance Forrum 2019のピッチバトル審査員賞はクラウドポートに決定 - 12月06日(金)18:05 

ベンチャーキャピタルのグローバルブレインは12月6日、東京・六本木にてGlobal Brain Alliance Forrum 2019を開催した。同社が出資するスタートアップ企業のブースや関連するセッションなどで構成されているイベントで、今回で通算13回目となる。 Global Brain Alliance Forrum 2019の最後を飾るセッションが、スタートアップ企業が熾烈な戦いを繰り広げるピッチコンテスト「Startup Pitch Batte 2019」だ。今年登壇したのは同社の出資先から選ばれた以下の7社。審査員賞はクラウドポート、GBAF賞はSynamon、オーディエンス賞はライバーが獲得した。 Autify AIを用いてソフトウェアテストを自動化するプラットフォーム「Autify」(オーティファイ)を開発・提供。近年、市場の急速な変化に対応すべく「アジャイル開発」という開発サイクルを素早く回す手法が一般的だが、Autifyによると、すでに92%がアジャイル開発を採用。そのうち71%が週1回以上のリリースを希望している。だが、そのようなサイクルでは、ソフトウェアの検証作業(QA)を人手に頼ると時間が掛かりすぎ、早期リリースのボトルネックとなってしまう。Autifyは、非エンジニアでも簡単にウェブアプリの検証作業を自動化でき、また、AIがアプリケーションコードの変更を...more
カテゴリー:

「ビームス ジャパン 渋谷」の別注!ゴールドに輝く井村屋の「あずきバー」 - 12月06日(金)17:00 

昨日から開業した「東急プラザ渋谷」にオープンした「ビームス ジャパン 渋谷(BEAMS JAPAN SHIBUYA)」。新宿に続く“新拠点”として話題の店舗だが、ここでしか手に入らないアイス「ゴールドあずきバー」に注目だ。「国民的アイス」として知られるアイスを“当たり付き”でBEAMS JAPANが井村屋に別注。しっかりロゴも入った、ほかでは目にすることができないオリジナルデザインの1本は220円(税込)。食べ進めて、アイスの棒に当たりの刻印があれば、同店オリジナルの「あずきミラーチャーム」がもらえる特典も。オープン当初は三重県の甘味とのコラボを推していくとのことで、12月7日までの3日間限定で伊勢名物「赤福餅」の店頭販売も実施。日本各地の魅力を企業や自治体とのコラボレーションを通して発信してきたBEAMS JAPANならではの展開だろう。今後も、渋谷と日本の魅力を発信する“新拠点”の多彩な商品ラインナップを揃えていくという「ビームス ジャパン 渋谷」。期待は高まるばかりだが、紹介した「ゴールドあずきバー」は売り切れ次第で終了ということで、寒い12月でも急いで手に入れて渋谷の新名所で味わってもらいたい。『ビームス ジャパン 渋谷』【オープン】2019年12月5日(木)【住所】東京都渋谷区道玄坂1-2-3 東急プ...more
カテゴリー:

「GOD EATER 3」と「CODE VEIN」が漫画雑誌「ヤングガンガン」とコラボ決定。コラボアクセサリーが登場 - 12月06日(金)14:04 

GOD EATER 3 GOD EATER 3 GOD EATER 3 CODE VEIN CODE VEIN CODE VEIN配信元バンダイナムコエンターテインメント配信日2019/12/06<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>『GOD EATER 3』『CODE VEIN』漫画雑誌「ヤングガンガン」とのコラボレーション決定のお知らせ株式会社バンダイナムコエンターテインメント…
カテゴリー:

ナイアンティックとクアルコムが共同で拡張現実グラスを開発 - 12月06日(金)13:30 

Pokémon GO(ポケモンGO)を作ったNiantic(ナイアンティック)が、今の拡張現実にできることに限界を感じていることは、かなり前から知られていた。4Gのセルネットワークでは避けられないレイテンシーやARではプレーヤーがスマートフォンを振る必要があることなど、その技術はとうていナイアンティックが望むものではない。4月の同社に関する記事では彼らはもっぱら、5GとARグラスでできることを精力的に探求していた。CEOのJohn Hanke(ジョン・ハンケ)氏は、スマートフォンの次はARグラスの時代だと確信していた。 だからナイアンティックがQualcomm(クアルコム)と組んで5G対応のARグラスを作っていることは、当然の成り行きだ。米国時間12月5日の朝、クアルコムが発表した新しいチップセットであるXR2は、拡張現実と仮想現実のデバイス専用のプラットホームだ。 その発表のあとナイアンティックのCTOであるPhil Keslin(フィル・ケスリン)氏がステージに立ち、同社はこのプロジェクトでクアルコムとの複数年のコラボレーションに取り組む、と発表した。で、結局それはどういう意味か? 至近のビッグプロジェクトは何もない。今年のクリスマスにクアルコム/ナイアンティック製のARグラスでポケモンGOを遊べるわけではない。 しかしもうちょっと先には、両社共作拡張現実グラスの参照ハードウェ...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「コラボレーシ」の画像

もっと見る

「コラボレーシ」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる