「コミュニティ」とは?

関連ニュース

個人商店や中古市場には改造ゲーム機も……砂漠の中の技術大国・イスラエルで築かれたゲームコミュニティの歴史【異国ファストトラベル】 - 02月23日(日)12:30 

「勝負」へのこだわり、独特の市場が目立つイスラエルのゲーム文化。軍隊所属のゲーマーが多いため、ミリタリー系作品が注目されることもあるそうです。
カテゴリー:

おしゃれ化が止まらない!ワンちゃんのファッション調査inペット博 - 02月23日(日)06:27 

【センケンコミュニティー】おしゃれ化が止まらない! ワンちゃんのファッション調査inペット博 コスプレ、リンクコーデを楽しむ ペットのおしゃれ化がとまらない――。一昔前まで外でつながれていたり、番犬のような役割が大...
カテゴリー:

鳥取市が緊急時に自動起動する防災ラジオ販売 原価1万円、販売価格は2千円 - 02月22日(土)21:57  news

sssp://img.5ch.net/ico/monatya.gif 鳥取市が4月から、緊急時に自動起動して緊急地震速報など防災行政無線と同じ内容が流れる「防災ラジオ」を市民に販売する。 屋外スピーカーで流す防災行政無線は、住宅の気密性が高まった影響などで「聞き取りにくい」との声が寄せられていた。 原価1万円近いところ格安の2千円で売り、差額は市が負担する。 メーカーに特注した鳥取市版で、ほぼ市全域をカバーするコミュニティーFM「FM鳥取」を通じて防災行政無線の内容を流す。 同様な防災ラジオ販売は南海トラフ地震などに備える太...
»続きを読む
カテゴリー:

アメリカの大学生 コロナビールを飲みながら新型コロナウィルスパーティーを開き批判殺到 - 02月22日(土)19:37  news

sssp://img.5ch.net/ico/1fu.gif アメリカの大学生が新型コロナウィルスをテーマにしたパーティーを開催し批判殺到となっている。 CNNなどによると、ニューヨーク州立大学アルバニー校の一部の学生が新型コロナウィルスをテーマにしたパーティーを開いて 大きな批判を受けていると報じた。 インスタグラムにはパーティーの様子の動画が投稿されており、氷とコロナビールがいっぱいのバケツと 手術用マスクをかぶった大学生の姿が登場する。また、この映像には、「コロナウイルスも、 私たちのパーティーを防ぐことができない」...
»続きを読む
カテゴリー:

真備町に新しい交流スペース完成 NPOなど共同運営、3月開所 - 02月22日(土)18:33 

 西日本豪雨の被災地・倉敷市真備町有井に3月1日、コミュニティースペース「おひさま広場」が開所する。親子や高齢者など幅広い世代が集い、助け合いが生まれる拠点をつくろうと、地元で支援活動を続けるNPO法...
カテゴリー:

サンフランシスコやマウンテンビューをインターネット上に構築する「リモート」アクセラレーターのPioneerとは? - 02月23日(日)08:30 

ベイエリアの創業者達はリモートワークに取り憑かれている。シリコンバレーでは人材獲得に必要なプレミアムが暴騰し、事業のコストが急激に増加しているからだ。リモートワークを利用すれば、そうしたプレミアムを払わずに、資金や事業機会のネットワークにアクセスできるかもしれない。 Daniel Gross(ダニエル・グロス)氏は、シリコンバレーで得られる経営資源について誰よりも深く理解している。エルサレム生まれの同氏はY Combinator(ワイコンビネーター)の初期の成功例だ。YCに参加したAIスタートアップは、23歳のときApple(アップル)に4000万〜6000万ドル(約44億円〜66億円)で売却した。グロス氏はアップルで機械学習担当のディレクターを務めた後、YCにパートナーとして復帰した。 28歳のグロス氏は現在、自身のスタートアップであるPioneer(パイオニア)とともに、「リモート」(働く場所に関係なくさまざまな経営資源にアクセスすること)の未来のために、スタートアップアクセラレータモデルの改良に取り組んでいる。同氏はMarc Andreessen(マーク・アンドリーセン)氏とStripe(ストライプ)から支援を受け、シリコンバレー以外ではほぼ手に入らない資金調達手段や人材ネットワークへのアクセスを創業者に提供したいと考えている。 「ソフトウェアが世界を食っているように、『リモ...more
カテゴリー:

【コロナと人種差別】新型ウイルスで明らかになった中国嫌悪のさまざまな形 - 02月23日(日)02:23  newsplus

https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-51568675 新型ウイルスで明らかになった中国嫌悪のさまざまな形 2020/02/21 サミ・ヤンさんが初めて異変に気づいたのは、ベルリンでかかりつけの医師の元へ行ったときだった。ヤンさんはすぐに、診療所の中に入ることを禁じられた。 他の患者は診療所に自由に出入りしていたが、中国出身のヤンさんは、1月の寒さの中、外で待たなければならなかった。しばらくすると彼女の担当医が現れ、「個人的なことではないのですが……」と話し始めた。 「そこで医者から、『例の...
»続きを読む
カテゴリー:

十和田市で「セーフコミュニティ」の認証式 - 02月22日(土)21:35 

青森県十和田市は22日、市民文化センターでセーフコミュニティ(SC)再々認証式典を開いた。小山田久市長と、日本セーフコミュニティ推進機構の白石陽子代表理事が合意書に署名し、市に認証盾、認証旗が贈られた。出席した関係者約350人が安全・安心な街づくり推進へ決意を新たにした。SCは「事故やけが、自殺は予防できる」との考え方に基づき、行政と地域が一体となって対策に取り組むWHO(世界保健機関)推奨の国際認証で、十和田市は2009年に国内2番目の認証を受けた先進地。継続には5年ごとの再認証が必要となる…
カテゴリー:

台湾当局、日本と韓国の海外旅行感染症アドバイスを引き上げ 上から2番目の「警示」に - 02月22日(土)19:17 

台湾の中央流行疫情指揮中心(中央感染症指揮センター)は、2月22日、日本と韓国の海外旅行感染症アドバイスを、3段階のうち2段階の「警示(Alart)」に引き上げた。 日本での新型コロナウイルス(COVID-19)の確定診断は110例に達しており、14都道府県に分散し、7割以上が現地での感染やその疑念があること、感染源が不明であること、コミュニティや院内感染がみられることから、引き上げを決めた。 これにより、中国大陸と香港・マカオは「警告(Warning)」、日本と韓国、シンガポールは「警示(Alart)」、タイは「注意(Watch)」となった。 投稿 台湾当局、日本と韓国の海外旅行感染症アドバイスを引き上げ 上から2番目の「警示」に は TRAICY(トライシー) に最初に表示されました。
カテゴリー:

マンションの共用スペースを「オフィス」にしてしまうという名案 - 02月22日(土)08:00 

在宅勤務やテレワークに注目が集まっていますが、自宅で仕事をこなすのは簡単ではないという声も聞かれます。そんな方の需要を満たしてくれるようなマンションが登場するのをご存知でしょうか。今回の無料メルマガ『まんしょんオタクのマンションこぼれ話』では著者でマンション管理士の廣田信子さんが、近々発売されるワークラウンジ併設マンションを紹介しています。 ワークスペースがコミュニティの拠点になる? こんにちは!廣田信子です。 シェアオフィスのようなワークスペースがあるマンションないかな~と思っていたら、ワークラウンジを併設した単身者向けマンションが販売開始されるというニュースが入ってきました。都心立地の分譲マンションですが、投資用に購入される方も多いと思います。 マンションの共用部分にテレワークなどに適した「ワークラウンジ」を作り、家具は、サブスプリクション方式で最新のものを入れ定期的に更新。ネットワークプリンターや無人コンビニを併設して、オフィスのように使える環境を整えるといいます。 意識調査で、「マンションにワークスペースがあれば魅力を感じる」と8割の人が答えたことで、需要があると判断したのです。「ワークラウンジ」は、入居者が月額5,000円の共益費を払って、管理組合が管理する方式のようです。 今後、企業のテレワークがどんどん進むでしょうし、パソコンひとつで起業する人も増えます。暮らしている...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「コミュニティ」の画像

もっと見る

「コミュニティ」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる