「コホート」とは?

関連ニュース

新型コロナ、無症状者のウイルス排出量と臨床経過 - 08月14日(金)04:00 

 無症状のSARS-CoV-2感染者の臨床経過とウイルス量に関する情報は少ない。今回、韓国・天安の地域治療センターに隔離されたSARS-CoV-2感染者のコホート研究で、感染者のウイルス排出を定量的に調べたところ、多く…
カテゴリー:

透析患者の予後を改善する新技術を擁するVenoStent - 08月11日(火)12:30 

Timothy Bouré(ティモシー・ブーレ)氏と共同創業者のGeoffrey Lucks(ジェフリー・ラックス)氏はいずれも、最初にアクセラレーターに参加するためダラスに引っ越したとき、破産寸前だった。ダラスに来る前に、彼らは透析患者の予後改善を目指すVenoStent(ビノステント)を創業した。 同社によれば、透析(準備)手術の失敗は末期腎疾患患者の約55〜65%に起こっている。こうした患者のケアに関してMedicare(メディケア)とMedicaid(メディケイド)制度にかかるコストは年間約20億ドル(約2100億円)に上る可能性がある。2人は自分たちなら解決策を考え出せると信じていた。 ヴァンダービルト大学でVenoStentのビジネスの中核をなす技術を何年も開発した後、2人はナッシュビルからサウステキサスに引っ越してビジネスを成功させた。 ブーレ氏は2012年に博士論文の一部としてVenoStentの中核技術に取り組み始めた。ビジネススクールの大学院生だったラックス氏は材料科学者に紹介され、VenoStentが医学界に巨大なインパクトを与える間際まで来ていると確信した。5年後、2人はダラスにいて、Houston Medicine(ヒューストンメディシン)で血管外科の責任者に会い、会社を始めた。 2018年の小規模なシードラウンドにより会社は存続し、同年末近くに成功した動...more
カテゴリー:

筋肉は裏切らない。関節はすぐ裏切る。 - 08月09日(日)08:50  news

デブは甘え。食わなきゃ簡単に痩せる。★2 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1596883168/ ■膝への負担の大きい職業は何? 変形性膝関節症のリスクを上昇させる具体的な職業が、システマティックレビューとメタ解析の結果から明らかになった。建設関連業や農業などに従事する人は、変形性膝関節症のリスクが明らかに高いという。 シドニー大学(オーストラリア)や英オックスフォード大学、英サウサンプトン大学の研究グループによる論文が、「Arthritis Care and Research」7月7日オンライン版に掲載された。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

「ファーマコビジランス(医薬品安全性監視)の世界市場2020-2027年:タイプ別、フェーズ別予測」リサーチ最新版刊行 - 08月05日(水)14:00 

リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「ファーマコビジランス(医薬品安全性監視)の世界市場2020-2027年:タイプ別、フェーズ別予測」のお取扱いを開始いたします。【レポート紹介】ファーマコビジランス(医薬品安全性監視)の世界市場規模は、2019年の48億7000万ドルから2027年段階では131億1000万ドルへと拡大が予測されます。当レポートでは、2027年に至るファーマコビジランス(医薬品安全性監視)の世界市場予測(市場規模US$)、臨床試験フェーズ別市場(プレクリニカル、フェーズI、フェーズII、フェーズIII、フェーズIV)、サービスプロパイダ別市場(インハウス、アウトソーシング)、タイプ別市場(自発報告、ADR報告、標的型自発報告、コホートイベントモニタリング、EHRマイニング)、エンドユーズ別市場(病院、研究機関、インダストリアル)、主要国地域別市場など、詳細な市場予測データと分析を掲載しています。また市場分析、競合状況、主要メーカー企業16社プロフィール動向などの情報も交えて、ファーマコビジランス市場の現在と今後展開を予測分析していきます。【英文市場調査レポート】ファーマコビジランス(医薬品安全性監視)の世界市場2020-2027年:タイプ別、フェーズ別予測Pharmacovigilance Market Size, Share & Trends Ana...more
カテゴリー:

DOACはワルファリンより骨折リスクが低い - 07月29日(水)16:31 

香港大学のWallisC.Y.Lau氏らは、2010~17年に新たに心房細動(AF)と診断され抗凝固薬を使い始めた香港の患者コホートを追跡して、骨粗鬆症性骨折のリスクを調べ、ワルファリンよりも直接経口抗凝固薬(DOAC;アピキサバン、ダビガトラン、リバーロキサバン)を処方された患者の方が骨折リスクが低か
カテゴリー:

蛋白質の総摂取量と死亡リスクに関連あり - 08月13日(木)11:30 

イランTehranUniversityofMedicalSciencesのSinaNaghshi氏らは、蛋白質の摂取量と死亡の関係を調べた前向きコホート研究を対象に系統的レビューとメタアナリシスを行い、蛋白質の総摂取量、動物性蛋白質や植物性蛋白質の摂取量と、総死亡率や死因別死亡率との関連を調べ、蛋白質の総摂取量と総死亡、植
カテゴリー:

COVID-19治癒後、8割に心臓MRIで異常所見 - 08月11日(火)04:00 

 最近COVID-19が治癒した100例におけるコホート研究で、心臓MRI(CMR)により78%に心臓病併発、60%に進行中の心筋炎症が認められたことを、ドイツ・フランクフルト大学病院のValentina O. Puntmann氏らが報告した…
カテゴリー:

精神疾患の疫学研究~大規模コホート - 08月07日(金)04:00 

 中国は、ここ30年の間、過去にない経済的発展と社会的変化が起きており、政策立案者や医療専門家は、モニタリングすべき重要なポイントとして、メンタルヘルスへの注目が集まっている。中国・Guangdong Academy o…
カテゴリー:

培養肉の最大の問題点に立ち向かうカナダ拠点のFuture Fields、培養を促す安価で人道的な材料を発見 - 08月03日(月)14:15 

細胞農業が抱える最大の問題の解決策、つまり培養肉の培養を促す、安価で人道的な材料の開発に有望な方法が生まれたのは、カナダはアルバータ州にあるドーナッツチェーンのTim Hortons(ティムホートンズ)の店内での会話からだった。 Matt(マット)とJalene(ジャリーン)のAnderson-Baron(アンダーソン=バロン)夫妻は、ティムホートンズでドーナッツとコーヒーを待っている間、2人が設立したスタートアップ企業のFuture Fields(フューチャー・フィールズ)の柱となるテクノロジーについて話し合っていた。そのとき、ジャリーンは新しい増殖用材料を提案した。 マット・アンダーソン=バロン氏は、この研究で壁にぶち当たっていた。そこで、3人で共同創設したFuture Fieldsの3分の2の責任を負う夫婦は、お茶をしに出かけたのだった。友人のLejjy Gafour(レジー・ガフォー)氏を加えた3人は、世界中が動物にタンパク源を依存している現状をなんとかしたいと、このスタートアップをカナダで立ち上げた。 彼らは、世界の食肉の需要に応えようとする畜産業には、膨大な持続不可能な問題があることを承知していた。そこで、細胞ベースの代替品で市場の需要に応えることを目標に定めた。 「これは、私たちが仕事とは別に興味があって進めていたクレイジーなプロジェクトでした。これがビジネスになるな...more
カテゴリー:

レム睡眠の割合が低いと死亡率が増加する - 07月27日(月)09:31 

米国Stanford大学のEileenB.Leary氏らは、睡眠時間に占めるレム睡眠(急速眼球運動睡眠)の割合と総死亡、死因特異的死亡の関係を調べる住民ベースのコホート研究を行い、レム睡眠の割合が低い人ほど死亡リスクは高かったと報告した。結果はJAMANeurology誌電子版に2020年7月6日に掲載された。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「コホート」の画像

もっと見る

「コホート」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる