「コツコツ」とは?

関連ニュース

風俗嬢みたいに…マンネリHが「劇的に気持ちよくなる」改善策 レスなひとびと - 文:三松真由美 イラスト:犬養ヒロ   | ananweb - マガジンハウス - 03月21日(木)21:30 

現在大量発生中のレスなひとびと、いわゆる「レスびと」の相談内容を、TVや雑誌など多くの媒体で活躍中の、恋人・夫婦仲相談所所長の三松真由美さんにうかがいます。セックスレス、恋愛レスと、レスにもいろいろある。今回は、ワンパターンセックスに飽き気味の29歳人妻。出会い系アプリや不倫に興味を持ち始めた彼女に、三松先生がマンネリ打破するHテクを伝授します。文:三松真由美 イラスト:犬養ヒロ 【レスなひとびと】vol. 21向上心レスの二人は永遠にワンパターンセックスを続けることに。那津絵(29歳)なんて粗末な寝室事情。那津絵は結婚して4年目になる。夫の俊介との仲は良いほうだ。毎晩お気に入りユーチューバー動画を見てふざけ合うし、定期的にセックスもする。居心地がいい相手。ただそのセックスについては一点悩みがある。こんなセックスだ。まず「ナッチ……」とハグされる。これは「したい」の合図。応じるようにキスをして舌先を俊介の舌にからませる。ねっとりキッス。これで俊介の股間が騒ぎ始める。耳、そして首、胸、下へと手が伸びていき、最後は正常位で20回のピストン。完遂。ちゃんとオーガズムは得られる。身体の相性が悪いほうではないし、求められるのは嬉しい。セックスレス流行のご時世、なんの不満があろうか。しかし、女とはなんと強欲な生命体であろうか。毎度同じ手順で、進行されるセックスパターンを身体が覚えてしまった。「...more
カテゴリー:

最近毎日スロットで5k~7k勝ってる - 03月19日(火)02:28  news4vip

コツコツ貯めて今スロット貯金60k越えた 今日の昼に風俗行ってくる予定 ...
»続きを読む
カテゴリー:

「やってみたい」のあとに必ず「でも…」と続く人に伝えたい名言 - 03月17日(日)16:00 

壁に阻まれたときや迷いが生じたとき、ゆくべき道を照らしてくれる、偉人や成功者が遺した格言や名言の数々。今回の無料メルマガ『繁盛戦略企画塾・『心のマーケティング』講座』では著者で人気コンサルタントの佐藤きよあきさんが、みなさんの生き方にヒントを与えてくれる言葉3つをピックアップして紹介しています。 格言から学べ 世の中には、偉人・成功者の残した格言・名言が数々あります。しかし、心を打ち、人生を変えてしまうほどの格言・名言との出逢いは、そうそうあるものではありません。 言葉の重み・力を知る人、あるいは信じる人でなければ、出逢ってもいても、気づかないかもしれません。言葉の後ろに隠れている、苦労や挫折の経験を推し量ることのできる人こそ、その言葉の本当の意味を知ることができるのです。その時初めて、己の進む道、生き方が見えてくるのです。 ここに偉人・成功者の格言・名言を記しておきます。あなたの“これから”の指標としてください。 私は決して落ち込んだりしない。うまくいかない方法を一つ捨てるたびに、また前進しているのだから。 トーマス・エジソン(発明家) 人は失敗をする。誰もがわかっているはずなのに、悩み、落ち込み、立ち直れないまま、時間を浪費してしまいます。過去に遡ってやり直すことなどできないのに、「ああすれば…、こうすれば…」と、後悔します。「失敗は、過去の経験」であることに気づかず、過ちを...more
カテゴリー:

チャンスを求め、毎年異動希望を。10人を総括するマネージャーの女性が大切にしてること - 03月14日(木)10:26 

「マネージャーになった当初は、上手くいかないことも多く『こんな自分で大丈夫なのか』と思うようなことばかりでした。」こう語ってくれたのは、又吉さん。 福岡での独立拠点立ち上げを牽引し、新たなマーケットを開拓した立役者。現在約10名のメンバーを統括する、マネージャーを務めています。 立ち上げてから、2年で業績を3倍に。社長賞を受賞し、いま社内でもっとも活躍している女性の1人です。時に優しく拠点メンバーたちの相談に乗り、時に厳しいアドバイスもしてくれる。マネージャーとしてメンバーから絶大な信頼を寄せられている又吉さん。 しかし、取材でお話を聞いてみると、現在のポジションに至るまで、さまざまな不安や葛藤があったそうです。 「マネージャーになる前の私は、チームリーダーを任されていたもののプレイヤー色が強め。少人数のマネジメントしか経験したことがなかったので、正式にマネージャーとしての打診をもらったときは、不安もありました。」そんな中でも、当時の先輩社員に背中を押してもらい、マネージャーの道へ。彼女が大切にしてきたのは、まっすぐに「目の前の仕事」に全力で向き合うこと。やったことがないことばかりの状況で、「できない」ではなく「どうしたらできるか?」を考え続けた。 「事業計画書も書いたこともないし、とくに立ち上げ期はうまくいかないことばかりでした。最初はダメダメなマネージャーだ...more
カテゴリー:

37歳、ようやく1億円貯まったけど、これからどうしよう - 03月10日(日)22:07  news4vip

ひとまずの目標として、20代の頃からコツコツと貯めて1億円貯まった 飲まず、遊ばずで貯めた1億、多少の安心感は得られている まだ結婚してないけど、金に釣られるような女とは結婚したくない とはいえ若い女がいい 色々と悩んでいる ...
»続きを読む
カテゴリー:

グラブルのアーカルムとかいう苦行 - 03月20日(水)11:36  livejupiter

溜めずに毎日コツコツやれ ...
»続きを読む
カテゴリー:

全国47都道府県の女性10,000人に聞いた「ジャドマ通販女子大調査」レポート第3弾 - 03月18日(月)13:00 

2019年3月18日 日本通信販売協会 新元号の春、外見も思い切ってチェンジ!? ファッション、美容…変身願望が最も強い県は、宮崎県! 一方で、イメチェンしない“ブレない女子県”は、神奈川県が1位 イメチェンアイテム“投資金額”1位は、東京都 約7割の女性が今後イメチェンしたいと回答 公益社団法人 日本通信販売協会(略称:JADMA・ジャドマ、事務局:東京都中央区、阿部嘉文会長、正会員:466社、3月15日現在)では、「ジャドマ通販研究所(http://www.jadma.org/tsuhan-kenkyujo/)」から、 通信販売に関する調査レポートを定期的に発表しています。今回は、全国47都道府県の20~50代女性10,000人を対象に、春の「イメージチェンジ」に関する意識・実態調査を行いました。 春は、新生活のスタートシーズン。髪型やファッション、メイクなどを一新してイメージチェンジ=イメチェンするという方も多いのではないでしょうか。“平成最後の春”となる今年2019年を節目に、例年より大胆にイメチェンしたいという方もいるかもしれません。そこで今回は、47都道府県の女性10,000人に調査を行い、この春イメチェンしたいと考えている人が最も多い県、逆にブレない県のほか、都道府県別のイメチェンアイテム購入金額について比較を行いました。合わせて、県民性研究の第一人者・...more
カテゴリー:

たった5分。薄着の季節の前に理想のクビレを手に入れる7つの習慣 - 03月15日(金)19:20 

ちょっとしたエクササイズを毎日「寝る前の5分間」に続けるだけで、理想的なクビレを手に入れられるかもしれません。今回の無料メルマガ『美容と健康ひとくちメモ』では、クビレ作りの習慣とするのに最適な、簡単に出来る7項目のメソッドを紹介しています。 こっそりクビレ作り あなたはいつでも脱げますか?周りの皆が厚着をしているこの時期に、こっそりクビレ作りをスタート。 クビレは欲しいけど、ツラ過ぎるやり方だとストレスが溜まって長続きせず、簡単な方法は意外とたくさんあっても、それを続けるのが簡単ではない。でも、続けないと効果は出ませんので、毎日する行動とセットにして習慣にしちゃいましょう。 寝ない日はほとんどないと思いますので、寝る前のたった5分間だけで効果がある7項目をご紹介。この中から自分に合いそうなものを1つだけでも良いので行ってから眠るようにしましょう。 無理せずにコツコツと継続していると、身体を動かす気持ち良さを味わえるようになり、気持ち良さを味わいながら続けているうちにクビレができるだけでなく、就寝前に適度に身体を動かすことでコリがほぐれて1日の疲れが取れ、心も落ち着きグッスリ眠れるようにもなりますよ。 1.高いところに手を伸ばす 身体は日々重力に押しつぶされて、何もしなければどんどん縮こまるので、天井に指を届かせるようなつもりで高いところに手を伸ばす。 その時、お腹周りも細長く伸びる...more
カテゴリー:

住宅ローン審査に通らない理由とは? - FPが解説 - 03月12日(火)12:56 

もともと心当たりがある場合や多少背伸びをした計画の場合は別でしょうが、コツコツ準備し、いよいよ住宅取得を決めたところ、「住宅ローンの審査にパスしなかった」という事態は青天の霹靂でしょう。金融機関は詳しい理由は教えてくれないかもしれません。
カテゴリー:

【アベノミクスは 安倍のみクスッw】月給手取り10万、貧困女子たちの実態 毎日が生活というより“生存”★9 - 03月10日(日)21:38  newsplus

2019.3.10 土日政治 https://news.careerconnection.jp/?p=68388 給料手取り10~14万円の女子たちの嘆き 「毎日が生活というより“生存”」「美容院は年2回くらい」 手取りが少ない人の嘆き 統計不正問題で国会が紛糾しているが、雇用統計がどうだろうと賃金が高いとは言えない女性は多い。先日のガールズちゃんねるには、「給料の手取り10~14万の人、語りませんか?」と誘うトピックが立ち、おびただしい「低収入の嘆き」が寄せられた。 トピ主は田舎に住むという高卒5年目の事務員で、手取り13万円。実家暮らしで2万円を家に...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「コツコツ」の画像

もっと見る

「コツコツ」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる