「ココアバター」とは?

関連ニュース

友チョコどうする?ホワイトチョコレートで作る上品友チョコで決まり! - 02月09日(金)07:00 

毎年、似たり寄ったりになってしまう「友チョコ」問題。「友チョコどうする?ホワイトチョコレートで作る上品友チョコで決まり!」のレシピリンク付きの記事を見る今年は、「ホワイトチョコレート」を使って、いつもより上品でおしゃれに作ってみませんか?使い慣れないホワイトチョコレートも、特徴とコツを掴めば、誰でも美味しく作れます。ホワイトチョコレートって何?チョコレートは主に、カカオマス、ココアバター、砂糖、ミルクの4つの材料からできています。ホワイトチョコレートは、茶色の素であるカカオマス(ココアの粉)を除いた、ココアバター、砂糖、ミルクを主原料に作られているため、白く、チョコレートに比べクリーミーな味わいが特徴です。失敗しないコツホワイトチョコレートはカカオマスがない分、チョコレートに比べ脂肪分が多く、お菓子作りをすると分離しやすいデメリットがあります。チョコレートよりもデリケートなので、湯煎にかけるときは、温度管理や生クリームの量を少し減らしたり、水が入らないよう注意するなど気を付けましょう。好相性の材料・抹茶ほろ苦い抹茶は、濃厚でクリーミーな甘さのホワイトチョコレートとよく合います。また、上品な緑色を引き立てるのもホワイトチョコレートならではです。・チョコレート・ココア茶色や黒と白のコントラストが映えます。デコレーションなしでも、おしゃれに見えますよ。・クリームチーズ酸味を和らげ、優しい...more
カテゴリー:

「ココアバター」の画像

もっと見る

「ココアバター」の動画

Wikipedia

ココアバター(cocoa butter, カカオバターとも)はカカオ豆の脂肪分であり、主にカカオリカーから圧搾して製造する。ココアバターはカカオ豆中に40%から50%(カカオマス中では約55%)含まれている。主に菓子(特にチョコレート)、薬品、軟膏、化粧品の原料として利用される。

性質 色調と風味

カカオリカーから圧搾した直後のココアバターは、若干の非脂肪カカオ分を含有するため、薄黄色である。未脱臭のココアバターには独特の匂いがある。脱臭処理を行うことで、白色・無味・無臭に近くなる。

結晶と融点

ココアバターを構成する脂肪酸のうち、95%がオレイン酸(C18:1)、ステアリン酸(C18:0)、パルミチン酸(C16:0)の3種類の脂肪酸である。単純な組成であるため、狭い温度幅で急激に融解する特徴がある。この融点が体温より若干低めのため、常温で保管でき...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる