「ゲーム市場」とは?

関連ニュース

無料でプレイできるゲームがエンターテイメントの世界を支配する、今やその売上は880億ドル - 01月20日(日)05:17 

たしかにそれらは無料で遊べるかもしれないが、儲かるものであることは確実だ。SuperDataの年末のレポートによれば、入口は無料でありながら、様々な手段で課金を行うゲームたちが2018年に生み出した売上高は、880億ドル(約9兆6600億円)という驚異的な金額だった。従来のゲーム(や映画やテレビ)の売上をはるかにぶっちぎる結果である。 Fortniteが大ブレイクした2018年末の時点では、F2P(free to play:「無料プレイ」の略)がビッグビジネスであること自体は驚きではないかもしれないが、それでもその巨額さには驚かざるを得ない。 このレポートが示すように、ゲーム市場全体は驚異的な1100億ドルに達しているが、そのうち半分以上(約610億ドル)がモバイルから来ている。もちろんモバイルはF2Pプラットフォームの主たる発信地だ。 クレジット:SuperData すべてのプラットフォーム合計で880億ドルという売上は、驚くべきトップ10と、長いロングテールを生み出すのに十分な額である。その中でもFortniteは、マルチプラットフォームに広がる巨大なフォロワーたちのおかげで、ダントツのトップである24億ドルの売上を稼ぎ出している。このゲームでは、PCとモバイル、アジアと西洋のゲームスタイルが入り混じっている。トップ10の売上合計は、146億ドルに達している。これはそれ以...more
カテゴリー:

Access Accepted第599回:2019年注目の欧米産ゲームタイトルは,これだ! (前編) - 01月15日(火)12:00 

 大作や注目作が次々にリリースされて盛り上がった2018年の欧米ゲーム市場だが,2019年にも,思わずプレイたくなるような,さまざまな欧米産タイトルが発売を控えており,ゲーマーに休む暇を与えない。今週は,その中から注目すべき23タイトルをざっと紹介しよう。
カテゴリー:

年末年始は「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」や「スーパーマリオパーティ」が人気の「週間販売ランキング+」 - 01月10日(木)22:00 

 コンシューマゲーム市場の販売本数をお届けする「ゲームソフト週間販売ランキング+」。年末年始の2週間は,「大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL」や「スーパーマリオパーティ」「ポケットモンスターLet'sGo!ピカチュウ・Let'sGo!イーブイ」などが人気だった。
カテゴリー:

「New スーパーマリオブラザーズ U デラックス」16万6000本。「テイルズ オブ ヴェスペリア REMASTER」も登場の「週間販売ランキング+」 - 01月16日(水)22:00 

 コンシューマゲーム市場の販売本数をお届けする「ゲームソフト週間販売ランキング+」。今週の1位は「NewスーパーマリオブラザーズUデラックス」で,販売数は16万6000本。「テイルズオブヴェスペリアREMASTER」も合計6万8000本でランクインしている。
カテゴリー:

「プレイステ クラシック」は名作揃いだけど、俺が遊びたいのは“この20本”─筆者独断&厳選の「俺クラシック」はこれだ!【特集】 - 01月13日(日)12:30 

スーパーファミコンやメガドライブ、PCエンジンなどが1988~1990年にかけて登場し、多くのゲームファンを魅了。ゲーム市場が大いに盛り上がりました。
カテゴリー:

「ゲーム市場」の画像

もっと見る

「ゲーム市場」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる