「グローバルセキュリティ意識調査」とは?

関連ニュース

サイバー脅威の検知から封じ込めまで223時間--日本企業は世界の1.4倍 - 11月21日(木)13:09 

CrowdStrike Japanは11月20日、「2019年度版 グローバルセキュリティ意識調査」に関するプレス向け説明会を開催した。調査結果によると、「日本の組織でサイバーインシデントの検知、トリアージ、調査、および封じ込めのプロセスに掛かる時間は合計223時間となり、グローバル平均(162時間)の約1.4倍(138%)という結果」となったという。
カテゴリー:

CrowdStrike、 2019年度版グローバルセキュリティ意識調査の結果を発表 - 11月19日(火)22:11 

カリフォルニア州サニーベール発--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- クラウドベースのエンドポイント保護の業界リーダーである CrowdStrike® Inc.(Nasdaq:CRWD、日本支社:東京都中央区、以下、CrowdStrike)は本日、2019年CrowdStrikeグローバルセキュリティ意識調査を発表しました。この調査は、独立系調査会社であるVanson BourneがCrowdStrikeの委託によって実施したもので、米国、カナダ、英国、メキシコ、中東、オーストラリア、ドイツ、日本、フランス、インド、シンガポールの主要な業界におけるIT関連部門の意思決定者およびITセキュリティ担当者1,900名を対象としています。この報告書は、サイバーセキュリティ担当者の姿勢や考え方を詳らかにし、高度で強固な装備を有する国家主導攻撃者への態勢を明らかにしています。 調査では、日本の組織でサイバーインシデントの検知、トリアージ、調査、および封じ込めのプロセスにかかる時間は約31営業日(合計223時間)*1となり、グローバル平均(162時間)の約1.4倍(138%
カテゴリー:

「グローバルセキュリティ意識調査」の画像

もっと見る

「グローバルセキュリティ意識調査」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる