「グループ企業」とは?

関連ニュース

スマホだけで仮想通貨投資ができるCoincheck・SBI VCトレード(VCTRADE)・楽天ウォレット!初心者におすすめの取引所は? - 07月10日(金)15:35 

仮想通貨は株と違って少額から投資できる特徴があり、取引所によっては500円から仮想通貨を購入できます。少額から始められることもあって、仮想通貨投資家の中にはPCを使わずスマホアプリだけで取引を完結している人も多くいます。そうした背景もあり、仮想通貨取引所はスマホアプリの開発に注力しています。最近では有名企業も仮想通貨投資ビジネスに参入してきており、益々便利なアプリが増えています。 ここでは、HEDGE GUIDE編集部が厳選する「スマホだけで投資できる仮想通貨取引所3社」について、徹底比較します。この機会に自分に合った取引所が見つかるかもしれません。是非チェックしてみてください。 目次 1,000円以下からでも可能!仮想通貨投資のメリット 少額投資は振込手数料に注意 スマホだけで投資できる仮想通貨取引所3社 3-1. スマホアプリ250万ダウンロード突破!「Coincheck」 3-2. SBIグループが運営する「SBI VCトレード(VCTRADE)」 3-3. 楽天スーパーポイントを仮想通貨に交換できる「楽天ウォレット」 少額投資に適した3社の取扱仮想通貨・最低購入数量・入出金手数料の徹底比較 まとめ ①1,000円以下からでも可能!仮想通貨投資のメリット 仮想通貨市場では、株式市場のいわゆる「単元株」のような1株、100株、1,000株といった売買単位は基本的にありません...more
カテゴリー:

東芝、今後2年で内部監査社員を倍増 - 07月10日(金)05:00 

東芝は、今後2年をめどに内部監査の担当社員を現在の約50人から約100人へ倍増する方針を明らかにした。子会社で架空取引が発覚したためグループ企業の監視を強める。…
カテゴリー:

特別企画「この夏を書きとめる」を実施 夏の毎日を充実させるノートの使い方を提案 二子玉川 蔦屋家電の期間限定ショップ『STALOGY LABORATORY』 - 07月09日(木)17:00 

株式会社ニトムズ(本社:東京都品川区、代表取締役:中村晃章)が東京・二子玉川に期間限定でオープンしているステーショナリーショップ『STALOGY LABORATORY(スタロジー ラボラトリー)』は、2020年7月10日(金)から7月31日(金)まで、夏の日常を書きとめる「ノート活用方法」を提案する特別企画を実施します。『STALOGY LABORATORY』は二子玉川 蔦屋家電内で9月30日まで期間限定で出店しており、ステーショナリーブランド『STALOGY』製品の販売と季節毎のお勧め製品の紹介をおこなっています。 7月10日(金)から7月31日(金)まで実施する特別企画『この夏を書きとめる』では、「新しい生活様式」の中で過ごす充実した今年の夏を、STALOGYのノートに記録することを提案します。 夏の間も引き続き外出自粛に取り組み、おうち時間を楽しむ人や密を避けて行動する人が多くなることが予想される中、室内アクティビティの書きとめることの楽しさを発信していきます。具体的には、本を読んだり映画を楽しんだ後に感想を綴る「読書記録」や「映画鑑賞記録」としての使い方や、「手料理記録」や「勉強ノート」としての活用方法を、365日毎日使えるノートとして開発した『365デイズノート』を使った実例で紹介します。 期間中『365デイズノート』もしくは『1/2イヤーノート』をお買い上げのお客様には...more
カテゴリー:

富士通、オフィス面積半減へ コロナの影響で前提になった在宅勤務続ける - 07月06日(月)13:28 

 富士通は、今後3年をめどに国内のグループ企業を含めたオフィス面積を半減させる方針。新型コロナウイルスの影響で、工場勤務の社員を除き出社率を2割程度に抑え、在宅勤務を前提にした働き方を続ける。過剰になったオフィスを減らして賃貸料など経費削減につなげる。
カテゴリー:

富士通が今後3年でオフィス面積半減 在宅勤務前提 - 07月06日(月)12:39 

 富士通は6日、今後3年をめどに国内のグループ企業を含めたオフィス面積を半減させると発表した。新型コロナウイルスの影響で、工場勤務の社員を除き出社率を2割程度に抑えており、在宅勤務を前提にした働き方を続ける。過剰になったオフィスを減らして賃貸料など経費削減につなげる。
カテゴリー:

ビットコイン投資は危険?国内主要仮想通貨取引所のセキュリティと顧客保護態勢を解説 - 07月10日(金)15:11 

「仮想通貨(暗号資産)」と聞くと、怪しいイメージが頭をよぎる人や、ハッキング事件を連想する人も多いかと思います。仮想通貨が漠然と不安を持たれる原因を考えると、「そもそも仮想通貨の仕組みが分からない」、「仮想通貨取引所のセキュリティ体制を信頼できない」などがあるかと思います。 マウントゴックスを始め、これまで日本の仮想通貨取引所もハッキング被害に遭い、顧客の仮想通貨が盗まれました。そのため金融庁は、業界団体(JBA、JCBA)と連携してセキュリティ要件を更新し続けており、仮想通貨取引所もこれらの要件に準拠するために内部管理態勢や利用者保護施策を更新しています。こうして生まれる新たな規定にすでに多くの取引所が対応しています。 ここでは、自分の資産を預けるにあたって、ハッキングやサイバー攻撃への対策が整い、また顧客への情報開示をしっかり行っている仮想通貨取引所をピックアップしてご紹介していきます。どこの取引所を利用すべきか迷っている方はぜひ参考にしてみてください。 目次 仮想通貨が「危ない」と思われる理由 仮想通貨取引所の資産保管体制の改善 ハッキングやサイバー攻撃への対策が整っている仮想通貨取引所 1.最大500万円の補償を受けることができるbitFlyer 2.顧客資産の95%以上をコールドウォレットで管理しているDMM Bitcoin 3. マネックスグループ傘下の企業が運営する...more
カテゴリー:

国内の主要仮想通貨取引所7社の特徴を元トレーダーが解説!おすすめポイントも比較 - 07月09日(木)19:10 

証券会社を経て、仮想通貨(暗号資産)取引所でトレーディング業務に従事した後、現在は独立して仮想通貨取引プラットフォームのアドバイザリーや、コンテンツ提供事業を運営する中島翔氏のコラムを公開します。 目次 国内の主要仮想通貨取引所7社の特徴、おすすめポイント 1. Coincheck 2. GMOコイン 3. DMM Bitcoin 4. bitflyer 5. TAOTAO 6. SBI VCトレード 7. ディーカレット 仮想通貨取引所の特徴を理解して利用すること >国内の主要仮想通貨取引所7社の特徴、おすすめポイント コロナショックを機に仮想通貨(暗号資産)FXのトレードを行いたいという個人投資家が増えてきており、将来の資産に対して不安視する若者が増えてきました。また仮想通貨の認知度も日本では少しずつ高まる中、ユーザー層の年齢が幅広くなりつつあります。 日本でも仮想通貨交換業のライセンスを取得する業者が多くなり、海外の仮想通貨取引所も日本で認可を取得しているため、取引所の選択肢は増えています。 ここでは日本の仮想通貨取引所の特徴について、トレーダー目線から解説していきたいと思います。 1. Coincheck 最初は日本でも老舗の仮想通貨取引所であるCoincheckです。Coincheckは2018年に起きた仮想通貨ネム(XEM)のハッキング事件の後、マネックスグループ...more
カテゴリー:

大阪ガス、自営等BWAシステムを活用しスマートファクトリー化を推進 - 07月08日(水)06:00 

大阪ガスは、グループ企業などと連携し、大阪ガス泉北製造所においてBWAシステムを活用する。
カテゴリー:

富士通、オフィス面積半減 在宅勤務前提、今後3年で - 07月06日(月)12:42 

 富士通は6日、今後3年をめどに国内のグループ企業を含めたオフィス面積を半減させると発表した。新型コロナウイルスの影響で、工場勤務の社員を除き出社率を2割程度に抑えており、在宅勤務を前提にした働き方を続ける。過剰になったオフィスを減らして賃貸料など経費削減につなげる。
カテゴリー:

【エアコン】エアコンが届かない!工事業者が来ない! アイリスオーヤマのエアコンでトラブル続出★4  - 07月05日(日)15:03  newsplus

 アイリスオーヤマといえば、近頃はマスクが大人気だが、以前から幅広く事業を展開している。2017年には大型白物家電事業に参入し、エアコンの販売を開始して話題になった。 このたび、同社のエアコンの購入に関するトラブルの報告がTwitter等のSNSで相次いでいるとの情報が、読者から寄せられた。 公式通販サイト「アイリスプラザ」でエアコンを購入した人々が、思わぬ事態に直面して困惑している。こうした報告は、6月上旬あたりから見られるようになった。当サイトでは、その傾向を調べてみた。 注文した商品が...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「グループ企業」の画像

もっと見る

「グループ企業」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる