「グリーン」とは?

関連ニュース

地銀、環境債普及に本腰 20年発行額1兆円超も - 02月25日(火)05:00 

環境面に配慮した事業に調達した資金を充てる「グリーンボンド(環境債)」の普及に地方銀行が本腰を入れ始めた。西日本シティ銀行(福岡市)は企業の環境債を引き受ける。…
カテゴリー:

春もトップスイン!…美人になれる「春のファッション新常識」厳選6人 | ananweb - マガジンハウス - 02月24日(月)18:30 

ベルリン在住のファッションジャーナリスト平野秀美さんによるファッションスナップ。本日は、もともとおしゃれさんが多いコペンハーゲンですが、ファッションウィーク中に見かけたかわいいファッションスナップを紹介します。バランスの取れたハンチング帽にロングコートハンチング帽は、一般的に難しい帽子のひとつ。着こなすには全体の雰囲気が重要になりますが、そのバランスをグレンチェックのズボンで上手にカバーしています。また、色もネイビー、ブルー、グレー系に統一して、バランスの良さがポイントです。コートを脱ぐだけで春の装いになるくらい、とっても素敵な着こなし方です。アウターinアウターは最新の着こなし方!?気さくに話してくれたおふたり。おしゃれが大好きとのことですが、よ〜く見ると二人ともジャケットの上にジャケットやダウンを着用しているという、アウターinアウター! 左の子はなんとジャケット3枚! すごいです。カラー使いもとっても上手で、決して派手過ぎず個性的な重ね着を披露してくれていました。カラー使いの達人! 2バッグ持ちは今年のトレンド!?インパクト大ですが、とっても難しいイエローコートをおしゃれに着ている彼女、イエローコートに合わせるコーデかと思いきや、イエローには合わせにくいと思われるくすんだブルー系のソックスをポイントに使用しています! 全く考えつかないカラーコーディネイト術に脱帽です。また、今...more
カテゴリー:

超グリーン席、生演奏でお食事…豪華さ競う伊豆行き列車 - 02月24日(月)11:30 

 首都圏から伊豆半島(静岡県)に人々をいざなうリゾート列車が豪華さを競い合っている。ターゲットはいずれも「旅慣れた大人」だ。■本革の独立シート 片道1万1430円 3月にデビューするJR東日本の新型特…
カテゴリー:

中央線は要注意!3月ダイヤ改正で終電が早くなる!御茶ノ水行廃止 東京発着の各駅停車が全廃 - 02月24日(月)09:34  newsplus

2020年3月14日、JRグループで恒例のダイヤ改正が実施される。 いくつもの話題があるなかで、ちょっと気になるのが終電時刻が現行より早くなるという中央線をめぐる動きである。 酔って終電を逃した!なんてことにならないように、いったいどうしてそんなことになったのか? その内容を探ってみよう。 ■中央線の運転系統が大変革! 2020年3月に実施されるJRグループのダイヤ改正では、山手線で49年ぶりの新駅となる高輪ゲートウェイ駅など3駅が開業(高輪ゲートウェイ駅は暫定開業)するほか、 東海道新幹線内の「のぞみ」を現行の...
»続きを読む
カテゴリー:

故スティーヴ・マックイーンの代表作に登場!劇中.. - 02月23日(日)16:00 

故スティーヴ・マックイーンの代表作に登場!劇中で、伝説的なカーチェイスを展開した“あのグリーンのマスタング”。
カテゴリー:

佐賀商高生がコラボ商品「ガバッジオ」PR - 02月24日(月)19:35 

佐賀商高の生徒が22日、企業とコラボして開発したバジル入りの塩「ガバッジオ」を、佐賀市の大型店ゆめタウン佐賀でPRした。生徒たちは「肉、魚、何にかけてもおいしい万能調味料」と買い物客に売り込んだ。 「ガバッジオ」は、佐賀商の生徒たちがインターネット上で運営するショッピングモール「さがまなびや」と佐賀市の清掃工場の近くでバジルを栽培している「グリーンラボ」(同市高木瀬町)が共同で開発した。グリーンラボは清掃工場から出る二酸化炭素の活用に取り組んでいる。
カテゴリー:

サッカー界のアンダー世代が世界的に黄金世代だとワイの中で話題に - 02月24日(月)16:24  livejupiter

サカラボとサカサカ10の転載禁止 アンダー21世界選抜 GK ドンナルンマ DF TAA DF ウパメカノ DF デリフト DF ハキミ MF ガマヴィンガ MF ウーデゴール MF ハヴェルツ FW サンチョ FW エムバペ FW ホーラン ちなメンバーはどっかの記事のパクリ 他にもサカやらレイナやら久保やらグリーンウッドやらヴィニシウスやらトップリーグで活躍しとる ...
»続きを読む
カテゴリー:

厳冬の今別を撮影、福田さん写真展/今別 - 02月24日(月)11:00 

冬の青森県今別町の風景を撮影した写真展が同町袰月の宿泊施設「海峡の家ほろづき」で開かれている。蓬田村の福田修逸さん(73)が、同町の海岸沿いなどで長年にわたって撮りためた作品18点を展示しており「今別の冬の厳しさと美しさを知ってほしい」と呼び掛けている。福田さんは蓬田村出身で、旧今別高校卒。上磯など津軽地方を中心とした写真を撮影している。写真展では、高野崎や岩屋観音など町内の名所の冬の表情に加え、閉校した旧大泊小学校の校舎の姿も紹介している。同町の冬の観光を活性化させようと、津軽海峡グリーン・…
カテゴリー:

早く大きく植物が成長!屋内スマートガーデン装置「UrbiPod Smart Garden」 - 02月24日(月)06:00 

美味しい野菜を自家菜園で育てたいと思う人は少なくないだろう。しかし、水やりなど毎日の世話は大変だ。そこで今回、家の中で簡単に野菜や植物を栽培できるスマートガーデン装置「UrbiPod Smart Garden」が登場した。 ・植物の世話が簡単な屋内スマートガーデン オーストラリアに本拠を置くホーム・ガーデニング用品メーカーUrbotanica社が、園芸専門家とともに開発した UrbiPod Smart Gardenは、植物の世話が簡単にできるスマートな屋内ガーデン。果物やレタス、マイクログリーンやハーブ、花などを育てられる。 使い方は簡単だ。ココヤシから作られた天然の土壌改良剤ディスクを鉢に入れ、中央の瓶に水と肥料を入れて種を植えるだけ。何日かすると芽が出てきて、あとは成長を楽しめばいい。1カ月に必要なメンテナンスは10分のみだ。 瓶には3Lまで水が入れられ、各ポッドに自動で給水と栄養供給が行われる。LEDライトが周囲の光を検出し、植物の成長に必要な光を常に提供。通常は16時間点灯して8時間消灯するが、点灯サイクルはスマホなどで調整可能だ。さらに、ユーザーが栽培する植物の成長データを収集してスマホに表示し、問題を事前に特定して解決してくれる。 ・早く大きく植物が成長 UrbiPod Smart Gardenは台所用にデザインされ、サイズは高さ 39.5 cm 、幅28.8 cm、奥...more
カテゴリー:

【温室効果ガス】天然ガスは期待したほどクリーンでなかった、研究 - 02月23日(日)09:27  newsplus

■カーボンニュートラルへの橋渡し? しかし過大評価だったかもしれない 2015年の夏、ベンジャミン・フミエル氏らの研究チームは、グリーンランドの氷床に深い穴を開け、氷のサンプルを掘り出した。この氷には、長らく科学者を悩ませてきた、ある問いに対する答えが隠されていた。その問いとは、「大気中のメタンのうち、天然ガスや石油といった化石燃料産業から排出された量はどれくらいか?」というものだ。メタンは、最も強力な温室効果ガスの1つである。  これまでは、大気中に毎年放出されるメタンの約10%が、火山などの地質学...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「グリーン」の画像

もっと見る

「グリーン」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる