「グラフェン」とは?

関連ニュース

『5Gにおける熱管理』を網羅した市場調査レポートを、IDTechExがリリース - 07月09日(木)10:00 

IDTechEx(英国の先進技術調査会社)は、熱管理シリーズの調査レポートの第三弾として、5Gの熱管理にフォーカスした調査レポート『5Gにおける熱管理』を発行し、2020年6月22日より、日本法人のアイディーテックエックス株式会社での販売を開始しました。https://www.idtechex.com/ja/research-report/thermal-management-for-5g/7575G市場は急速に拡大しており、初期に導入された設備もすでに稼働しています。今後、5Gのデプロイメントはますます拡大し、熱管理の分野にも技術革新と成長機会をもたらすことが予想されています。より高い周波数にシフトして信号の損失が大きくなると、ネットワーク設備の高密度化が必要となり、小規模な基地局(ピコセルまたはフェムトセル)を現状よりもはるかに多く設置しなければならなくなります。また、マッシブMIMOの登場によってデータ転送速度とチャネル数が増加し、ベースバンド処理ユニットや消費電力に対する要件がますます厳しくなるため、熱伝導材料にとって大きな市場機会が訪れます。将来、ミリ波帯が登場すると、5G市場にさらなる劇的な変化が訪れ、熱管理にも一層大きなビジネスチャンスが訪れるでしょう。IDTechExの調査レポート『5Gにおける熱管理』がカバーしている内容:【技術評価】■ 5G設備のサイズ(マクロ、...more
カテゴリー:

【遠赤】6Gに必要なテラヘルツ波の増幅に成功 グラフェン使用 - 07月07日(火)12:40  newsplus

 東北大学、モンペリエ大学、ロシア科学アカデミー、ポーランド国立高圧物理学研究所らによる研究グループは、グラフェンを使用した電池駆動によるテラヘルツ電磁波の増幅に成功した。  テラヘルツ波は、波長が10μmm~1mmの電磁波で、その振動周波数はほぼすべての物質において指紋スペクトルが存在するなどといった特徴を持ち、分光やイメージング、超高速無線通信などさまざまな分野への応用が期待されている。  なかでも、次世代の超高速無線通信である6Gや7Gに向けてテラヘルツ波の利用が欠かせないが、一方でトランジスタ...
»続きを読む
カテゴリー:

奈良先端大など、グラフェンナノリボンの作製成功.. - 06月25日(木)12:15 

奈良先端大など、グラフェンナノリボンの作製成功 バンドギャップ0.6eV、世界初の炭素原子17個分の幅広GNR
カテゴリー:

ノーベル賞受賞素材「グラフェン」を使った「イノ.. - 07月08日(水)19:08 

ノーベル賞受賞素材「グラフェン」を使った「イノヴェイト」のシューズから新作が登場。クッション性を高め、さらに軽くすることで走行性がアップ。
カテゴリー:

「化学蒸着(CVD)グラフェンの世界市場:単層フレーク、多層フレーク」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました - 06月29日(月)11:00 

2020年6月29日株式会社マーケットリサーチセンター株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「化学蒸着(CVD)グラフェンの世界市場」調査資料の販売を2020年6月29日に開始いたしました。化学蒸着(CVD)グラフェンの市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。■レポートの種類:グローバル市場調査レポート■レポートのタイトル:化学蒸着(CVD)グラフェンの世界市場レポート2020■英文タイトル:Global Chemical Vapor Deposition(CVD) Graphene Sales Market Report 2020■発刊日:2020年6月1日■出版社:QYResearch(QYリサーチ)■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)■主な掲載内容QYResearch社の当調査資料では、化学蒸着(CVD)グラフェンのグローバル市場について種類別(単層フレーク、多層フレーク)、用途別(太陽電池、複合材料、生物工学、その他)、地域別(北米、ヨーロッパ、中国、日本、東南アジア、インド)に区分して調査し、纏めました。2015年~2026年までの市場規模予測、主要プレイヤーの競争状況・市場シェア・企業情報、製造コスト分析、販売チャネル・流通業者・顧客情報、市場動向・機会・課題などのマーケットデータが記載されてい...more
カテゴリー:

「グラフェン」の画像

もっと見る

「グラフェン」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる