「クロアチア」とは?

関連ニュース

ロシアW杯:試合中に4人がピッチ乱入 一時中断 - 07月16日(月)13:05 

 ロシアのスポーツ紙スポルト・エクスプレス(電子版)によると、15日に行われたサッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会決勝、フランス-クロアチアの後半立ち上がりに女3人と男1人がプレー中のピッチ内に乱入し、警備員らに拘束された。この影響で試合が一時中断した。
カテゴリー:

「今日は運に恵まれなかった」W杯決勝でフランスに敗れたクロアチア指揮官が前半の2失点を悔やむ - 07月16日(月)12:32 

歴代最高の2位でワールドカップを終えたダリッチ監督はこの成績に胸を張りたいと話した。
カテゴリー:

伊メディアによるW杯決勝フランス対クロアチアの採点は?グリーズマンらを絶賛 - 07月16日(月)12:27 

イタリアメディアでは、フランスのアントワーヌ・グリーズマンやキリアン・ムバッペが絶賛された一方、クロアチアのルカ・モドリッチはバロンドールのチャンスを逃したのではないかと指摘されている。
カテゴリー:

【サッカー】剛力彩芽、「夢みたい。感謝」前澤友作氏とともにW杯生観戦をSNSで報告 - 07月16日(月)11:54  mnewsplus

女優の剛力彩芽と、インターネット通販大手のZOZOTOWNを運営する実業家の前澤友作氏が16日、W杯ロシア大会決勝、フランス-クロアチアを現地観戦したことを自身のSNSでそろって報告した。  日本代表のユニホームを着て、「FINAL 15・07・2018 MOSCOW」とプリントされたマフラータオルをスタジアム前で掲げている写真をそれぞれアップしている。  剛力は自身のインスタグラムで「凄いところにいる。夢みたい。感謝。#さあどこでしょう#笑#めっちゃ迫力#大きな声で応援」とロシア到着を報告...
»続きを読む
カテゴリー:

ロシアW杯決勝 フランスV2、クロアチアを下す - 07月16日(月)11:40 

サッカーのロシア・ワールドカップ(W杯)は、2018年7月15日(現地時間)、モスクワで決勝が行われ、フランスがクロアチアを4-2で下し、20年ぶり2度目の優勝を果たした。
カテゴリー:

【サッカー】<フランス代表FWジルー>計546分間プレーも得点なし!7試合の合計シュート数14本に対し枠内シュートが0本・・・ - 07月16日(月)12:34  mnewsplus

【フランス 4-2 クロアチア ロシアワールドカップ決勝】 現地時間15日に行われたロシアワールドカップ決勝戦、フランス対クロアチアの一戦は4-2で前者が勝利を収めた。この結果、フランスが5大会ぶり2度目のワールドカップ王者に輝いている。 キリアン・エムバペやアントワーヌ・グリーズマンといった攻撃陣が躍動する中で、結果を残すことができなかったのがFWオリビエ・ジルーである。 同選手は今大会すべての試合に出場し、計546分プレーしているが無得点に終わった。さらに、7試合の合計シュート数14本に対し枠内シュートが0本...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】<カシージャス>フランスの1&2点目に異議!「VARの用途が分からない」 ★2 - 07月16日(月)12:30  mnewsplus

5日のロシア・ワールドカップ決勝フランス対クロアチアは4−2でフランスが勝利し、フランスが20年ぶり2回目の優勝を果たした。この試合において大きな議論が起こっているのが、フランスの1点目と2点目の場面だ。元スペイン代表GKイケル・カシージャスは、どちらもスコアに反映されるべきではなかったとの見解を示している。 イニエスタ&トーレスの奥様知ってる?サッカー選手の美人すぎる彼女・妻たち【30枚】 フランスは28分、ゴール右前で得たフリーキックからマンジュキッチのオウンゴールを誘発して先制に成功。1-1で迎え...
»続きを読む
カテゴリー:

W杯決勝で力尽きたクロアチア…ダリッチが選手たちを労うとともに“他の小国”へメッセージ - 07月16日(月)12:17 

クロアチア代表指揮官は大会MVP受賞のモドリッチへ賛辞を送った。
カテゴリー:

華麗かつ泥臭い一撃でW杯初の3位、ベルギーの「成功に満ちた旅」の終わり - 07月16日(月)11:41 

サッカーのロシア・ワールドカップ(W杯)の3位決定戦、ベルギー代表はイングランド代表と対戦し、2-0と勝利。同国の史上最上位となる3位で大会を終えた。 【写真を見る】アザールの隣で大会を振り返るロベルト・マルティネス監督「本当に素晴らしい旅だった。本当に成功に満ちた旅だった」 両チームの先発メンバーは、22人のうちイングランド・プレミアリーグのクラブに19人が籍を置く構成となった。 かつてJリーグでも、日本人選手選抜と外国籍選手選抜が対戦していた「JOMO CUP Jリーグドリームマッチ」というオールスターマッチが行われていたが、今回はさながらプレミアリーグの“イングランド選抜”と“ベルギー選抜”の激突、といったところか。 クラブでのチームメートが相手にいるのはもちろん、ピッチに散らばっているのは日々の試合でしのぎを削る選手ばかり。しかも、両チームはグループステージでも同居。出場選手は異なったものの、ほんの2週間ほど前にも激突している。 互いに手の内を知り尽くしているような対戦で、結果的に決勝ゴールとなる先制点を挙げたのは、フランスのパリ・サンジェルマンに所属する、“非プレミア勢”のトーマス・ムニエ。ちなみに、グループステージでの対戦で決勝弾を挙げたのも、スペインのレアル・ソシエダ在籍のアドナン・ヤヌザイだったりする。 開始早々の4分に、GKティボー・クルトワのロングキックを、左サ...more
カテゴリー:

【サッカー】<フランスのPK獲得は“誤審”と英解説者が一斉に指摘>「愚かな判定」ペリシッチはわざとボールに触ろうとしていない★2 - 07月16日(月)11:37  mnewsplus

VARによりペリシッチのハンドと判定 シアラー氏「あの判定は相応 ロシア・ワールドカップ(W杯)決勝は、フランスが4-2でクロアチアを破り、1998年大会以来二度目の栄冠に輝いたが、勝敗を分けたPKの判定が「誤審」として物議を醸している。  決勝の舞台でビデオ・アシスタントレフェリー(VAR)がフル活用された。1-1で迎えた同35分、フランスのコーナーキックの場面でクロアチアMFイバン・ペリシッチはニアサイドでクリアしたが、ボールが腕を直撃。アルゼンチン人主審ネストル・ピタナ氏はVARによりPKと判定した。これをFWア...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「クロアチア」の画像

もっと見る

「クロアチア」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる