「クロアチア」とは?

関連ニュース

【サッカー】 最新FIFAランク発表。日本はアジア3位変わらず。ベルギーが世界王者に並ぶ - 09月20日(木)18:12  mnewsplus

国際サッカー連盟(FIFA)は20日、最新のFIFAランキングを発表した。日本は前回の55位から1つ順位を上げて54位となっている。  前回6つ順位を上げて55位となった日本は、さらに1つ順位を上げて54位となった。それでも、アジア3番手は変わらず。イランは1つ順位を下げて33位、オーストラリアが43位から変化なしとなっており、韓国は2つ順位を上げて55位となった。  全体ではベルギーが前回の2位から1つ順位を上げて、フランスと並んで1位になった。ドイツは3ランクアップで12位タイ。1つ順位を上げたイタリアは20位となり、トップ20...
»続きを読む
カテゴリー:

ロヴレン、偽証罪で懲役の可能性が…「僕は無実だと言いたい」と声明を発表 - 09月20日(木)13:29 

 リヴァプールに所属するクロアチア代表DFデヤン・ロヴレンが偽証罪で懲役刑を受けることになるかもしれない。イギリスメディア『スカイスポーツ』など複数メディアが報じている。  同メディアによるとロヴレン
カテゴリー:

新石器時代の欧州、寒冷な地域への農業拡大にチーズが大きな役割を果たす - 09月16日(日)19:05 

クロアチアのアドリア海沿岸で出土した新石器時代の土器から、およそ7,200年前のチーズ製造の痕跡が発見された(論文、 ペンシルベニア州立大学のニュース記事、 Ars Technicaの記事)。 この地域では7,700年ほど前の土器から動物の乳を入れていた痕跡が見つかっているが、新石器時代初期の欧州で農耕をする成人には乳糖耐性がなく、乳糖耐性を持つ成人が増加したのは約5,000年前以降であることがDNA分析で明らかになっている。一方、子供は離乳後も最大10歳まで乳糖耐性があるため、栄養価が高く病原菌汚染の可能性が低い乳を摂取することで生存率が大幅に向上した。さらに離乳時期を早めることが可能になり、出産間隔も短くなったため、人口増加に大きく寄与したとみられる。 発酵乳から乳清を除いて作るチーズの場合、乳糖が大幅に減少するため、乳糖不耐性の成人も乳製品摂取の利益を受けられるようになった。また、保存性が高く持ち運びやすいため、食料の確保を安定させることができる。今回発見されたチーズ製造の痕跡は欧州中部に農業が拡大したのと同時代であり、紀元前5300年までには発酵乳が補助食品として確立され、より寒冷な地域への農業拡大に大きな役割を果たしたとのこと。 これまでに地中海地域で見つかっていたチーズ製造の証拠は青銅器時代のものであり、今回の発見は地中海地域で最古のものとなる。また、...more
カテゴリー:

テニス=フランスとクロアチア、デ杯WG決勝進出へ王手 - 09月15日(土)11:01 

男子テニスの国別対抗戦、デビスカップ(杯)は14日、ワールドグループ(WG)準決勝を各地で行い、王者フランスはホームのリールにスペインを迎え、シングルス2戦で勝利を収めた。
カテゴリー:

これまでセリーナの肩を持ちラモス主審を叩いていた全米テニス協会会長が一転謝罪 国別対抗戦で米国戦の審判を担当決定で掌返し - 09月14日(金)16:22  poverty

セリーナ暴言、渦中の主審に全米協会長が謝罪 1度は女王擁護も、事実誤認で セリーナから暴言を受けたラモス主審に米テニス協会のアダムス会長が謝罪  テニスの4大大会、全米オープン女子シングルスを制した世界ランク7位・大坂なおみ(日清食品)。 決勝戦の相手となったセリーナ・ウィリアムズ(米国)はカルロス・ラモス主審に暴言を吐き、ラケット破壊などの行動を見せた後、記者会見で性差別を主張。 全米テニス協会のカトリーナ・アダムス会長はセリーナの肩を持ち、主審を批判していたが、事実誤認の事態が判明。 渦中...
»続きを読む
カテゴリー:

FK決めたイスコ、同僚モドリッチをバロンドールに推薦「受賞にふさわしい」 - 09月20日(木)16:03 

 レアル・マドリードのスペイン代表MFイスコが、チームメートのクロアチア代表MFルカ・モドリッチのバロンドール受賞(FIFA年間最優秀選手賞)を願った。  チャンピオンズリーグ(CL)・グループステー
カテゴリー:

【格闘技】初代K-1王者ブランコ・シカティックが肺塞栓症および敗血症のために入院中、治療費の募金活動開始される - 09月18日(火)12:14  mnewsplus

初代K-1ヘビー級トーナメント王者ブランコ・シカティック(63=クロアチア)が、入院していることがドージョー・チャクリキ・ジャパンより 発表された。 シカティックは1993年に開催された『第1回K-1 WORLD GP』でのヘビー級トーナメントで、佐竹雅昭、アーネスト・ホーストらをKOして 初代世界王者に輝いた。その後は『PRIDE』でMMA(総合格闘技)にも挑戦。引退後は所属していたドージョー・チャクリキ(オランダ)を 離れ、母国クロアチアにジムを作り、ミルコ・クロコップを育てた。現在は要人を警護する警備会社を経営している...
»続きを読む
カテゴリー:

前回覇者フランスが決勝へ デビス杯WG準決勝 - 09月16日(日)12:59 

前回覇者のフランスがスペインに通算3勝0敗とし、決勝に進出した。11月の決勝ではクロアチア-米国の勝者と顔を合わせる。
カテゴリー:

【セリーナ暴言】渦中の主審に全米協会長が謝罪 1度は女王擁護も、事実誤認で - 09月14日(金)22:51  mnewsplus

9/14(金) 14:02配信 THE ANSWER https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180914-00036822-theanswer-spo セリーナから暴言を受けたラモス主審に米テニス協会のアダムス会長が謝罪 カルロス・ラモス主審【写真:Getty Images】  テニスの4大大会、全米オープン女子シングルスを制した世界ランク7位・大坂なおみ(日清食品)。決勝戦の相手となったセリーナ・ウィリアムズ(米国)はカルロス・ラモス主審に暴言を吐き、ラケット破壊などの行動を見せた後、記者会見で性差別を主張。全米テニス協会のカトリーナ・アダムス会長...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】<夢の欧州選抜vs南米選抜「どっちが勝つ?」>海外メディア選出…魅惑の布陣図公開 - 09月14日(金)07:52  mnewsplus

ブラジルメディアが選出、両軍とも4-3-3システムを採用 欧州選抜で選ばれたのは? 今夏のロシア・ワールドカップ(W杯)はフランスの優勝で幕を閉じ、ベスト4を欧州勢が独占した一方、南米勢は勝ち上がっていたブラジルとウルグアイがベスト8で敗退した。 欧州と南米勢の明暗が分かれる大会となったが、ブラジルメディア「Esporte Interativo」が「欧州選抜vs南米選抜」を選出。11対11の布陣図を紹介しつつ、「どちらが勝つ?」とファンに問いかけている。 【布陣図】海外メディア選出――夢の「欧州選抜vs南米選抜」 世界的ス...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「クロアチア」の画像

もっと見る

「クロアチア」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる