「クリニック」とは?

関連ニュース

54歳、貯金290万円の女性…老後はどうする? - 04月21日(日)22:20 

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、離婚されて、子ども2人は社会人になるまで育て上げた54歳の自営業者の女性。最近は健康面も不安で、自宅も維…
カテゴリー:

日焼け止め、塗っても焼けるのはスキマのせい? 皮膚科医に聞く「スキマリスク」 | ananweb - マガジンハウス - 04月21日(日)19:20 

美容ライター玉絵ゆきのがお届けする連載第57回目は「日焼け止め」について。一年中、紫外線対策をしているananweb読者は多いと思いますが、密かに思っていませんか、「なんで日焼け止めを塗っているのに焼けるの!?(泣)」って。多くの女性を悩ませる「塗っても、焼ける」という事実。では「なぜ焼けるのか」、「焼けないための正しい対策」をビオレのアウタースキン研究所に教えていただきました! 皮膚科医・慶田明子先生による「日焼け止めの正しい量と使い方」も必見です!女性の8割以上が日焼け止めを「塗っても焼けた」経験あり。【tamaebeauty】vol. 57ビオレのアウタースキン研究所が、日焼け止めを使用している20代~50代の女性1,545人を対象にアンケート調査を実施。「しっかりと日焼け止めを塗ったはずなのに、日焼けしてしまった経験はありますか?」という質問に、85%が「ある」と回答、さらにそのなかで5人に1人は「なぜ焼けてしまうか原因がわからない」と回答しました。その理由は「塗る量」と「塗りムラ」、「塗ってもスキマ」ができるから。では、なぜ日焼け止めをしっかり塗っているのに日焼けしてしまうのでしょうか。それは多くの女性が、日焼け止めを塗る量が少ないこと、塗りムラがあること、汗により日焼け止めが落ちることだとビオレは考えています。上記の画像は、日焼け止めが青く反応する特殊なカメラで、日焼け...more
カテゴリー:

【夏の対策】汗をかいたあと肌がぶつぶつに…専門家「水で流して」 | ananweb - マガジンハウス - 04月21日(日)18:00 

夏の肌トラブルQ&A。ここでは“敏感ゆらぎ肌”に関するお悩みをプロが解決。即・実践できるテクニックなのでスキンケアタイムや外出時に取り入れよう!ゆらぎ肌というと春先に多いイメージだけど、夏の肌も意外とデリケート気味。「特に初夏は、春のアレルギーや新生活のストレスがどっと噴き出し、肌荒れに悩む人が多くなります。また、夏が本番になって汗をたくさんかくようになると、汗や、汗と一緒に出る自分の皮脂にかぶれてしまうケースもあるんです」(ウォブ クリニック 中目黒総院長・高瀬聡子先生)「夏が近づくと夜更かしをしたり、イベントやお祭りで脂っこいもの、酸化したものを食べすぎたりして、生活が乱れがち。吹き出物が出たり、肌が荒れたりする原因になります。まずは生活習慣と食事を見直して、体の内側からケアを」(美容ジャーナリスト・鵜飼香子さん)Q. 夏にマストな角質ケア。刺激の少ないやり方は?A. 角質をゆるめるコスメを使って肌をこすらない。「こすって落とすタイプではなく、角質をゆるめる成分が入ったコスメを。その時も、肌を強くこすらないことが重要です」(鵜飼さん)「古い角質が溜まると毛穴が詰まったり肌が乾いたりするので角質ケア自体は大切ですが、20代なら週1回で十分。塗るだけのものを使って、あとからたっぷり保湿します」(高瀬先生)コットンをあて、優しくゆらす。なじませるだけで古い角質をオフできるアイテムを、...more
カテゴリー:

44歳、貯金150万円…何とかなると言う夫に不安 - 04月20日(土)22:20 

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、住宅ローンを抱えて、将来の資金が不安だという44歳の主婦の方。ご主人は何とかなると言うだけで、それも不安…
カテゴリー:

30歳以降は乾きやすい!? 夏に気をつけたい“乾燥肌”を防ぐには? | ananweb - マガジンハウス - 04月20日(土)18:30 

気温、湿度ともにどんどん高くなるこの季節。気候と肌質に合ったケアはできていますか? ここでは“乾燥肌”にまつわるQ&Aをお届けします!表面はしっとり、その実、内側は乾いている“インナードライ”に夏は陥りがち。「肌の内側にはNMFという、ヒアルロン酸やセラミドなどでできた、天然の保湿成分があります。このNMFが水分をたっぷり抱え込むことで、肌の外に潤いを逃がさず、内側に刺激を入れないバリア機能が完成します。しかしエアコンの乾いた空気に長時間晒されたり、紫外線でダメージを受けたりすると、NMFの機能が低下。肌は乾燥を防ぐために皮脂を多く出すため、表面はしっとりしているのに内側が乾燥する、インナードライに陥るのです」(ウォブ クリニック 中目黒総院長・高瀬聡子先生)Q. 肌表面は汗ばんでしっとり。でもなんだか肌が突っ張っている。そんな時のケア方法は?A. 肌の内側が危険信号! 保湿成分を補って。「まさしくインナードライになっている状態。一見しっとりしている感触は、出すぎた皮脂や汗によるもの。化粧品でヒアルロン酸やコラーゲンほか、高保湿成分で肌の水分保持機能をサポートしましょう」(高瀬先生)「汗は肌の水分も奪ってしまいます。こまめに汗を押さえることも大切」(美容ジャーナリスト・鵜飼香子さん)【1】美容液には注目の保湿成分、プロテオグリカンが。Arama Mask 30ml×1枚¥980(m...more
カテゴリー:

“食後30分以内の歯磨き”はNG? 医師に聞いた「口のにおい」対策 | ananweb - マガジンハウス - 04月21日(日)20:10 

「歯磨きだけじゃ、においは防げない」って知っていましたか? 気になる口臭対策について、産婦人科医の上田弥生先生、内科医、認定産業医・の桐村里紗先生に聞きました。大多数の人が持っている細菌が、元凶!内科的な病気や虫歯を除いて、口のにおいの原因は主に2つ。「食べたものと、歯と歯茎の間に歯周病菌がすみ着くことで起こる歯周病。問題なのは、後者です。食べ物のカスを歯周病菌が分解するときに、腐ったようなにおいが発生します」と、桐村先生。歯周病菌は、「20代で約7割、30代だと約8割が持っているもの。磨き残しがあるとプラークと呼ばれる細菌のかたまりができますが、そこをすみかに増えるという性質が。プラークを作らず、歯周病菌を増やさないことが何より大切です。そのためには歯ブラシと、デンタルフロスの併用が欠かせません」ちなみに対策は「食後に歯磨き」という声が多数だけれど、「食後すぐは歯のエナメル質が溶けやすい状態。30分ほど経ってから磨くのがベターです」口臭を抑える4つのPOINTとは?(1)寝る前と、起きてすぐは必ず清潔に。口臭の原因となる菌は就寝中に増える。寝る前は歯磨きで清潔にし、起きたらすぐ溜まった菌をうがいで流して(2)食後30分以内の歯磨きは控える。食後すぐは口の中が酸性に傾き、歯のエナメル質が溶けやすい環境。30分ほど空けてから歯磨きするのが。(3)歯間ケアは1日1回、必ず。歯間の汚れは...more
カテゴリー:

美人医師に聞いた! 35歳以上は必須の“インナーケア”って何? | ananweb - マガジンハウス - 04月21日(日)18:30 

美の達人たちも自ら実践! ビューティ医療最前線に注目します。まるでモデルのような長身に、スラリとした体型が目を引く、松倉クリニック代官山院長・貴子先生。その美しさは、業界内でも評判だ。そこで、美の秘訣について聞いてみると、“栄養”というキーワードが浮上。「実は、母の美や健康に対する意識が高くて、小学生の頃から毎朝、手作りのケールジュースやプロテインを飲まされていました。当時はそれが当たり前だと思っていたのですが、修学旅行に行ったときに“この習慣は一般的ではない”ということに気づいて(笑)。ただ、風邪もほとんどひかず、肌荒れに悩むことも少なかったので、今では母には感謝しています」そんな貴子先生が重視しているのが、インナーケア。「今の時代、多くの人が栄養不足。忙しい日々による疲れやストレスで、ビタミンCは消費されますし、お酒を飲めば体内のビタミンB群も減少。さらに、生理のある女性のほとんどが鉄分不足。バランスのとれた食事を心掛けつつ、足りない栄養を補給することは必須です」とはいえやみくもにサプリメントを摂ればいいわけではない。「すでに摂っている栄養素で足りているとしたら、逆効果になる場合もあります。大切なのは、自分に不足している栄養素を補うこと。栄養療法で足りない栄養を把握することで、効率的、また効果的にサプリメントを摂取することができます」何をしても治らなかった肌荒れが改善する人も多...more
カテゴリー:

B85W59H85、メガネっ子グラドルがセーラー服を脱いで誘惑 - 04月21日(日)08:09  news

4月14日、グラビアアイドルの樹さくらさんの2ndDVD『さくらクリニック』(グラッソ)の発売記 念イベントがソフマップAKIBA①号店 サブカル・モバイル館で行われた。 2月に都内で撮影が行われた本作の内容について「医者になりたい女子高生が、そのまま だと医者になれないので、男の人を誘惑して医者になるお話です。一番最初の体操服の シーンは今まで着たことが無かったので、また着たいと思いました。セーラー服のシーンは 先生を誘惑していて、全部脱ぎます。」と紹介。 セクシーなシーンは「最後の白衣のシーンです。」と、...
»続きを読む
カテゴリー:

「下着なしで眠る」「顔と同じように洗う」…デリケートゾーンのにおい対策 | ananweb - マガジンハウス - 04月20日(土)20:30 

楽しい夏に忍び寄る「汗とにおい」の不安…。だんだんと暑くなるこの時季に、きちんと対策を知っておきましょう。今回は産婦人科医・上田弥生先生と内科医、認定産業医・桐村里紗先生にデリケートゾーンのにおい対策について聞きました。洗いすぎは禁物! 正しいケアをおさらい。「デリケートゾーンも、おりものや経血など常在菌のエサがたくさんあるうえに、ムレやすい場所。気にしている人は多いのですが、まわりに聞くに聞けず、勘違いケアを続けてしまうケースも多いようです」(桐村先生)清潔にすることは大事。でも、「膣には乳酸菌の一種がすんでいて、健康であれば多少酸っぱいにおいがするのが普通です。気にして洗いすぎるとかえってトラブルのもとに」(上田先生)正しい手入れ法をチェック!洗浄&保湿は専用アイテムで、顔と同じようにやさしく。デリケートゾーンの正しい洗い方は?「顔と同じつもりでケアするのがコツです。洗浄力がマイルドな専用ソープを使って、指の腹で洗い残すことなく、かつこすりすぎないように、やさしく洗いましょう。入浴後は保湿することも忘れずに」(上田先生)出先でのケアも専用のグッズで行うのがおすすめ。外出先でもスッキリ! トイレに流せて便利。ユーカリやヨモギ葉から抽出した洗浄エキス、肌保護成分を含んだデリケートゾーン用拭き取りシート。においやムレを解消。フェミニッシュシート¥450(アライアンスファーマ TEL:...more
カテゴリー:

もしも日焼けしてしまったら…紫外線後の簡単“3段階ケア”とは? | ananweb - マガジンハウス - 04月20日(土)17:30 

海や山に出かけたり、アウトドアスポーツを楽しむ時は、紫外線を最高レベルで警戒すべし。「強い紫外線に長時間晒されると、火傷のような状態になることもあるので気をつけて。でもレジャー中ずっと紫外線を気にしているのはもったいない。心おきなく楽しめるよう、ラッシュガードなど紫外線防御効果のある衣類や帽子、汗や水に強いUVカットなど、考えられるあらゆる装備を用意しましょう」(ウォブ クリニック 中目黒総院長・高瀬聡子先生)数日前から肌の準備を整えておく。体の抗酸化力を事前に高めておくと、紫外線への抵抗力が生まれてシミやくすみの予防にもなるという。「出掛けてからケアするのでは不十分。ヨーロッパではレジャーに行く数か月前からキャロットラペを食べて、UV防御効果のあるビタミンAをたっぷり摂るとか。最近はビタミンサプリも豊富なので、役立てましょう」(美容ジャーナリスト・鵜飼香子さん)スーパーウォータープルーフを、すみずみまで抜かりなく。レジャーで使うUVカットは、最強のウォータープルーフタイプがおすすめ!「最先端のUVカット商品の中には、汗を味方にしてむしろ防御力を高めるものがあります。レジャー用は高機能なものを選び、デイリー用と使い分けを」(鵜飼さん)「汗をかいたらタオルで押さえて塗り直しを。首の後ろは塗り忘れやすいので注意」(高瀬先生)【a:どんなに動いてもヨレない!】密着イオン技術で強い膜を形成...more
カテゴリー:

もっと見る

「クリニック」の画像

もっと見る

「クリニック」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる