「クリスマスプレゼント」とは?

関連ニュース

現場職員からの”声”から始まった『あしながサンタ』 スタートしました - 08月11日(火)06:00 

ある日事務所に1通のメールが届きました。 それはとある児童養護施設の職員からでした。 「子ども達が望むクリスマスプレゼントをしたい。支援する仕組みを考えて欲しい。」という内容でした。そこで私たちは行動に移しました。
カテゴリー:

【後編】孫差別がひどい義母。思わず激怒したら「息子と離婚しろ」と言われた…… - 08月01日(土)17:30 

義姉の子どもと自分の子どもを差別するお義母さんに対して、日頃からのイライラが爆発してしまったママさん。怒りをぶつけたところ、お義母さんからは旦那さんとの離婚を切り出されてしまったようです。旦那さんは何も言ってくれないため、どうしたらいいのか途方に暮れてしまっています。そんなママさんにこんな意見が寄せられました。 子どもに悪影響。まずはとにかく義母とは距離を置く 『差別をやめさせるのは無理だろうから、こっちから疎遠にする』 『関わらない、会わないようにするかな。このまま孫差別が続いたり、デリカシーがないままだと、そろそろ子どもも察する年齢だもんね。傷付けてしまう前に接する機会を減らすしかないかな?』 このまま孫差別が続いてしまうと、ママさんが嫌な思いをするだけではなく、子どもも自分がされてることに気付いてしまうかもしれません。自分が従兄弟と全く違う扱いをされていたら、子どもながらにショックを受けてしまうでしょう。子どもの気持ちも考えながら、お義母さんに会う機会を減らすなど距離を置くのがよさそうです。 孫差別をするお義母さんも問題ですが、ママたちは煮え切らない旦那さんにもイライラしているようです。 1番の問題は旦那、離婚してもいいくらい 『義母も義母だけれど、会わなければいいだけだからまだいい。問題は旦那! 一緒に怒ってくれないの? 自分の子どもの扱いがそんな感じで嫌じゃないの? 旦...more
カテゴリー:

お前らが体験した一番恥ずかしいエピソード - 08月10日(月)02:41  news4vip

小学生時代クリスマスが近い頃俺は自転車を走らせていた。 周りに誰もいないと思いながら公園までの道すがら 「クリスマスプレゼントは何もらおう」なぞと考え 「真っ赤なお鼻の〜トナカイさんは〜♪」 と歌っていた。 何のけなしに横を見たら当時好きな子が「なんだこいつ」という目で見ていた。 3日間くらい死にたく成りました😫 ...
»続きを読む
カテゴリー:

日本でも人気のしっぽクッションことPetit Qooboが12月にクラウドファンディングで米国リリース - 07月29日(水)18:00 

パンデミックの間に自動化やロボット工学に関する関心の高まったことについては、多くの記事が書いてきた(未訳記事)。これらの議論のほとんどは物流、配送、食品の準備などを中心に展開される傾向がある。しかしながらその一方で、コンパニオンシップに関する説得力のある議論もある。だからこそ、クラウドファンディングに登場する「Petit Qoobo(しっぽクッション)」は最高のタイミングにプロジェクトが開始されることになる。 画像クレジット:ユカイ工学 より小さくて持ち運びしやすいこの風変わりなしっぽクッションは、日本でのキャンペーンが成功し12万5000ドル(約1300万円)の支援を得た後、7月30日にIndiegogo経由で米国で発売される。今回、ユカイ工学はさらに5万ドル(約520万円)の資金調達を目指している。価格は60ドル(約6300円)から80ドル(約8400円)の間で、支援プランにより変わる。12月には出荷が開始される予定で、アレルギーを起こしやすい動物を愛する人たちには、魅力的なクリスマスプレゼントとなるだろう。 関連記事:ユカイ工学の猫枕ロボ「Qoobo」に小型・低価格バージョンが登場 「日本でのクラウドファンディングの成功は、人々が感情的な安らぎを求めてロボットを利用するようになってきていること、そしてロボットを生活の中に取り入れることがいかに普通になってきているかを示している...more
カテゴリー:

「クリスマスプレゼント」の画像

もっと見る

「クリスマスプレゼント」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる