「クラウドファンディング」とは?

関連ニュース

世界の景色をVR動画にしてみられるようにするために、クラウドファンディングで寄付金の受付を開始 - 05月25日(土)21:00 

私、大壁拓実は、なかなか海外に行けない方や海外に興味がある方など、いろいろな方が世界の景色をVR動画で見られるようにすることを目的に5月25日より寄付金の受付を開始します。
カテゴリー:

「アルティメット人狼10」スタッフスカジャンの受注生産プロジェクトが,クラウドファンディングサイト「Makuake」で始動 - 05月25日(土)16:00 

アルティメット人狼10 幻のスタッフスカジャンレプリカ版 受注生産プロジェクト配信元アルティメット人狼主催 ゲームクリエイター人狼会主催 イシイジロウ配信日2019/05/24<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>アルティメット人狼10 幻のスタッフスカジャンレプリカ版 受注生産プロジェクトアルティメット人狼10記念スタッフスカジャンのレプリカ版をMakuake限定で受注生産致しま…
カテゴリー:

現場作業員と消防士にオススメ!防油性能も装備のタフネススマホ「Blackview BV9700 Pro」 - 05月25日(土)14:30 

ネットインフラとは、ひとえに電波塔のような高所で働いている人の努力によるものだ。高所作業員は、社会に対して多大な貢献を果たしている。 そして彼らも、当然ながらスマートフォンを所持している。しかし場所が場所だけに、それを落としてしまった場合は間違いなく壊れるだろう。そういう人に向けたスマートフォン「Blackview BV9700 Pro(以下BV9700 Pro)」が、クラウドファンディング「Indiegogo」に登場した。 ・原油に浸しても問題なし 今の時代、防水防塵仕様のスマホは決して珍しくはない。だがBV9700 ProにはIP68の他にも、IP69Kの規格が与えられている。 水没や高圧放水による防御はもちろんだが、バケツの中の原油にBV9700 Proを落とす実験も行われている。いくら何でもそれは非情過ぎるのでは、と思ってしまうがBV9700 Proは無事だ。 耐衝撃性も兼ね備え、硬い地面に落下させてもBV9700 Proはビクともしない。さらにBV9700 Proは、消防士や化学製品を取り扱う仕事も想定し、大気モニターを標準装備している。一酸化炭素などを検出し、警告を発してくれるのだ。 ・現場作業向けの最強スマホ 他にも消火器の泡をかける、車で轢く等の実験を開発チームは行っていて、動画もアップされている。こちらが不安になりそうなほどの過酷な実験だが、BV9700 Proが...more
カテゴリー:

クラウドファンディングで661%達成! 発売前重版で話題の本が、ついに全国の書店で販売開始! 小橋賢児の初の著書『セカンドID』が教えてくれる、新しい生き方。 - 05月25日(土)12:00 

「ULTRA JAPAN」「STAR ISLAND」など、数十万人を感動の渦に巻き込み、いま最も”気づきの場”を提供するクリエイティブディレクター小橋賢児の初の著書『セカンドID』が、5月25日より発売開始。クラウドファンディングでは661%を達成し、発売前にもかかわらず重版となるなど、早くも話題の書籍が、これからの時代の生き方のヒントとなる。
カテゴリー:

本格フォトグラファー必見! Peak Designからトラベル用小型三脚が登場 - 05月25日(土)07:30 

人気のカメラアクセサリーメーカーPeak Designが、なんとも使い勝手の良さそうなトラベル用小型三脚を発表した。 使用時の高さは最大148.6センチとかなり背が高く、しかしたたむと直径がペットボトルほどになるという、持ち運びしやすい本格的な三脚だ。 ・折りたたみ傘サイズ フォトグラファーやブロガーにとって三脚は作品を高品質にするための必須アイテム。しかし難点は、高機能な三脚ほど大型になり持ち運びがしにくいことだ。 三脚を持っている人ならわかるかと思うが、三脚はたたんだ時に脚の間に空間ができる。Peak Designはこのデッドスペースをなくし脚をぴったりと束ねられるようにした。 たたんだ時の直径は8.25センチ。バックパックのサイドにある水筒用ポケットにも入れられる。長さは38.7センチで、折りたたみ傘くらいだ。 ・耐荷重9.1キロ また、最大148.6センチの高さはトラベル用の三脚にしてはかなり高く、地面に三脚をはわせる「ローモード」も便利そう。 加えて頑丈なつくりなのも売りで、耐荷重は9.1キロ。いかつい一眼レフと大型の望遠レンズの組み合わせでも安心して利用できる。 そのほか、カメラの設置や角度調整が素早くできるなど、さすがPeak Designと思わせる配慮が随所にみられる。 頼もしいこの三脚、このほどクラウドファンディングサイトKickstarterに登場したところあっ...more
カテゴリー:

クスリを使わないで「鬱」を解消する薬局 - 05月25日(土)19:00 

今クラウドファンディングで資金調達をしながら、開業を目指している薬局「Poetry Pharmacy」。ここ、実はクスリを全く販売しない予定。代替品は、詩です。目的はお客さんの心を軽くすること。「鬱」などの病に応じて、それを治療できそうな詩をオススメするんです。 クスリを模したカプセルに、詩の一節が入れられているのはちょっとした遊び心でしょうか。カウンセリングを受けられるサービスも提供するみたい。 クスリを服用しなくても、気が楽になるように。そんな想いが込められた薬局です。Top image: © 2019 TABI LABO
カテゴリー:

「納豆ご飯セット一生涯無料パスポート」キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!! - 05月25日(土)14:36  poverty

一生無料 納豆ご飯の超お得パス 2019年5月25日 10時30分 株式会社納豆が2019年4月1日から展開しているクラウドファンディング「日本最下位の地で始める世界最高の納豆ご飯専門店 納豆スタンド「令和納豆」」にて、1万円の支援で納豆ご飯が一生涯無料になる「納豆ご飯セット一生涯無料パスポート」が1000名分追加されました。 【ギャラリー】令和納豆の様々な「納豆ごはん」を写真で見る「納豆ご飯専門店 納豆スタンド令和納豆」は、全国各地で生産された納豆と、納豆男子オススメのトッピ 記事を読む http://news.livedoor.com/...
»続きを読む
カテゴリー:

航続距離は65キロ! セグウェイの新電動キックスクーターは6万円台 - 05月25日(土)12:30 

近年ブームになっている電動キックスクーターは多くのメーカーが手がけているが、中でも最も名が知られている1社がセグウェイだろう。そう、あの一斉を風靡した電動立ち乗り二輪車のメーカーだ。 そのセグウェイがこのほど、新電動キックスクーター「Ninebot KickScooter MAX」をクラウドファンディングサイトIndiegogoに登場させた。名称にある通り、航続距離が60キロを越えるなどパワーのマックスぶりが光る。 ・傾斜15度の坂ものぼれる 基本スペックをみると、航続距離が40.4マイル(約65キロ)というのにまず注目がいく。市販されているものには30キロ前後のタイプが多い中で、突出した数字だ。 バッテリーは551Whで、出力は350W〜700W。最高スピードは時速25〜30キロとなっている。傾斜15度の坂ものぼれる。 ・アプリでバッテリー残量確認 65キロも走れるとなると、つい油断して充電を忘れてしまいそうだが、MAXには専用アプリが用意されていて、そこでバッテリー残量やあと何キロ走行できるかを確認できる。 そのほか、走行距離やスピード、走行時間といった情報も表示される。アプリではまた、MAXのロックをかけたり、走行モードを用意された4つの中から設定したりといったこともできる。 ・今年7月にも出荷 また、消費者に大きくアピールするのが価格設定だ。予定小売価格799ドル(約8万8...more
カテゴリー:

クラウドファンディングで661%達成! 発売前重版で話題の本が、ついに全国の書店で販売開始! 小橋賢児の初の著書『セカンドID』が教えてくれる、新しい生き方。 - 05月25日(土)12:00 

「ULTRA JAPAN」「STAR ISLAND」など、数十万人を感動の渦に巻き込み、いま最も”気づきの場”を提供するクリエイティブディレクター小橋賢児の初の著書『セカンドID』が、5月25日より発売開始。クラウドファンディングでは661%を達成し、発売前にもかかわらず重版となるなど、早くも話題の書籍が、これからの時代の生き方のヒントとなる。
カテゴリー:

CREAL、コンパクトレジデンス投資「早稲田東レジデンスファンド」28日募集開始 - 05月24日(金)20:51 

株式会社ブリッジ・シー・キャピタルは不動産投資クラウドファンディングサービス「CREAL」で「第15号早稲田東レジデンスファンド」の募集を5月28日午後8時から開始する。 募集金額は1848万円で、最小投資額は1万円。初回配当日は7月31日で以降、毎月配当。想定利回り(年利)4.2%。想定運用期間9ヶ月。 区分所有建物である賃貸レジデンス「ブライズ早稲田東」の1室(専有部分)を取得・運用。建物は2004年3月竣工、鉄筋コンクリート造陸屋根8階建て、延床面積924.21㎡、戸数36戸。対象は23.09㎡(バルコニー別途2.63㎡)。先に成立した 「スカイコート高田馬場第3」(募集金額1594万円)に続き、新宿区でのコンパクトレジデンス投資となる。 19年は東京23区では約100万人の人口流入・増加となっていることから、東京都心部のコンパクトレジデンス市場は、成長を続ける。新宿区でも人口流入・増加が見られ、19年の人口は約35万人、07年の約31万人から約4万人の人口増。同社では同区でのコンパクトレジデンスの需要は今後も堅調に推移すると予測している。 さらに区分所有マンションの取引件数は直近2018年12月までの1年間の公表データによると、全国では毎月平均で概ね15600件前後を推移。都の取引件数はその約3分の1を占めており「東京地区の区分所有マンションの需要は底堅く、順調に売却活動...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「クラウドファンディング」の画像

もっと見る

「クラウドファンディング」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる