「クアルコム」とは?

関連ニュース

モルフォ、エッジAIの国際業界団体のアワードを3年連続で受賞 自動画像領域分割&レタッチ技術が「ベストAIソフトウェア/アルゴリズム賞」に選出 - 06月04日(木)10:00 

【概要】 株式会社モルフォ(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:平賀 督基、以下 モルフォ)は、エッジAIにおける世界のリーティングカンパニー100社以上が参画する業界団体のEdge AI and Vision Allianceが主催するVision Product of the Year Awardsにおいて、モルフォのAIを用いた自動画像領域分割およびレタッチ技術『Morpho Semantic Filtering(TM)』が「ベストAIソフトウェア/アルゴリズム賞」を受賞したことを本日6月4日に発表します。世界中でエッジAI業界を牽引する多くの企業がエントリーする中で、モルフォは3年連続の最多受賞となりました。『Morpho Semantic Filtering』は、AIを用いて画像の各ピクセルが何を意味するのかを判別するセマンティックセグメンテーション技術を使い、画像内の各ピクセルをカテゴリごとに分類し、それぞれのカテゴリに合わせてノイズ除去、ダイナミックレンジ補正、エッジ強調、ボケ加工などの画像処理を行います。それにより、物体ごとに残したいディテールや質感を失うことなく、よりクリアな画質の向上を実現する技術です。 Edge AI and Vision Allianceの創設者 Jeff Bierは、今回の選出について次のようにコメントしています。「モルフォが、Edge...more
カテゴリー:

【ロイター】コラム:米上院「対中制裁法案」で団結、一段と高まる危機 - 05月27日(水)18:53  newsplus

[サンフランシスコ 26日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米上院による中国への圧力が新たな水準に達している。26日に広まった超党派法案は、中国が香港に対する新たな制限を導入すれば中国の政府当局者や銀行に制裁を科す内容となっている。両国間の緊張は既に高まっており、同法案は緊張をさらに数段階引き上げることになりそうだ。 中国に対する怒りは、通常分裂している米議会を団結させている。上院の法案は香港国家安全法の施行に責任を持つ個人の米国における不動産資産を凍結するものとなっている。過去の法案と異なり、...
»続きを読む
カテゴリー:

【悲報】ファーウェイ、自社SoC「kirin」を諦める  - 05月26日(火)20:10  poverty

ファーウェイはハイエンドのスマートフォン向けにMediaTekチップを検討しています ファーウェイは再び、米国への貿易禁止により企業に選択を迫られているようです。プロプライエタリなKirinチップはイギリスのチップデザイナーArmの設計に基づいているため、 Huaweiはそれらの開発を中止する必要があるかもしれません。Huaweiが台湾のチップサプライヤーであるMediaTekから短時間で300%多いチップを購入したため、 この禁止は明らかにサードパーティのチップには適用されません。 Huaweiは、長年にわたり、ミドルクラスおよびト...
»続きを読む
カテゴリー:

【半導体】サムスン、最先端5ナノ半導体量産へ TSMC追う - 05月21日(木)14:40  bizplus

【ソウル=細川幸太郎】サムスン電子は21日、半導体の受託生産事業で最先端の回路線幅5ナノ(ナノは10億分の1)メートル製品の量産を年内に始めると発表した。まずソウル近郊の華城(ファソン)事業場で始め、2021年には平沢(ピョンテク)事業場にも拡大する。ライバルの台湾積体電路製造(TSMC)は今春に5ナノの量産を始めており、サムスンは生産技術の開発を急ぐ。 19年4月に表明した、10年間で133兆ウォン(約12兆円)を半導体の受託生産事業での設備投資や研究開発に投じる計画の一環だ。華城事業場だけでなく、現在はメモリー半導...
»続きを読む
カテゴリー:

ファーウェイ、フォックスコン、TSMCに関する発表を経て米中貿易は新時代へ - 05月18日(月)07:45 

トランプ政権発足以来、米中貿易の前線から絶え間なくニュースが飛び込んでくる。トランプ大統領は中国経済からの切り離しをぶち上げたかと思えば引っ込める。毎週変化する米国の関税政策に伴う貿易摩擦、ZTEとHuawei(ファーウェイ)に対する圧力、Qualcomm(クアルコム)とNXPに対する中国からの反応(未訳)、中国企業による米国のスタートアップ・通信インフラ投資に対する新たな制限の発動(未訳)と、ニュースに事欠かない。 新型コロナウイルス(COVID-19)とそれに続く世界的な経済崩壊により、争いの多くは後回しにされた。パンデミック最悪期直前の米中間の暫定合意は幅広い支持を得たように見えた。世界の2大超大国の経済指標が悪化し始めていたからだ。 そして5月11日の週を迎え、ほとんどすぐに米中貿易の緊張緩和は吹っ飛んだ。ひと晩で、米中間貿易の姿を近い将来変えそうな3つの重要な物語が進行した。水面下にはさらに多くの物語が潜んでいる。 第1に、商務省から5月15日午前、特定の戦略的半導体の製造工程においてファーウェイが米国のソフトウェアとハ​​ードウェアを使用することを禁止するとの発表があった。これは、中国の大手チップメーカーであるファーウェイの競争力と技術力の増大を抑える狙いだ。また政府は前日、ファーウェイとZTEに対する禁輸措置の延長も発表した。 トランプ政権は大統領就任のほぼ初日からこ...more
カテゴリー:

【国産スマホ滅亡】Xiaomi「スマホは1台あたり100円の利益が出ればいい」 - 05月31日(日)09:27  poverty

シャオミは日本市場をどう攻略するか?――日本での展開から5G端末の話まで https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/interview/1255782.html ――今回発表の2機種について、開発で大変だった部分はどこですか? ワン氏  Redmi Note 9Sについてはなるべく高い性能を保ちながらも廉価な価格を維持することに苦労しました。 特にサプライチェーンにおいて、高い性能を維持しつつも価格を抑えるというのは非常に苦労しました。  Mi Note 10 Liteでは、Dot Display採用のスクリーンやクアルコム製の7xxシリーズチップセットを採...
»続きを読む
カテゴリー:

HTCの前社長が興したヘッドセット会社が5G対応の製品を第3四半期に発売へ - 05月27日(水)11:40 

バーチャルリアリティ(VR)ヘッドセット業界に新風が吹き込まれるようだ。HTCの前社長ピーター・チョウ氏が立ち上げたスタートアップXRSpaceが、初となる製品のヘッドセット「Mova」を今年第3四半期に599ドル(約6万4000円)で発売する計画を明らかにした。 Movaと併せてソーシャルVRプラットフォーム「Manova」も提供し、ユーザーが互いにバーチャルの世界で体験を共有できるようにする。 ハンドジェスチャーで操作 スタンドアローンタイプのMovaはクアルコム社のチップセットSnapdragon 845を搭載。この手のものとしては初となる5G対応だ。もちろんLTEとWi-Fiにも対応し、ユーザーの動きを追跡するのにカメラ2台を活用している。 ゲーム用にハンドヘルドのコントローラーが付いてくるが、システム操作は手の動きの追跡で行う。 ディスプレイの解像度は2880×1440ピクセルで、リフレッシュレートは90Hz。そのほかの特徴として、Movaはコンパクトで軽量であることが挙げられる。同社によると、重さは470グラムで競合する他社製品より20%ほど軽いという。 アバター同士で交流 また、ヘッドセットとともに用意されるVRプラットフォームもManova注目に値する。 Manovaにはさまざまな”スペース“が用意されていて、ユーザーはアバターとなってそうした場所を訪れることができ...more
カテゴリー:

シリコン素材で耳にフィットするワイヤレスイヤホン「VIE FIT 2」は7000円台! - 05月25日(月)13:30 

エクササイズ中や通勤時などにイヤホンで音楽を聴くのは楽しい体験だ。しかしフィット感がいまひとつだと、使用するうちに耳が痛くなったり、耳からポロリと落ちたりすることもある。 そうした悩みやトラブルを解決するのがワイヤレスイヤホン「VIE FIT 2」だ。耳穴に入る部分が柔らかいシリコン材でできていて、開発元は「どんな耳にもフィットする」とうたう。 特許取得済みの構造 名称にある通り第2世代となる。最大の特徴はシリコン採用によりソフトシェルとなっていること。イヤホンを2本の指でつまんで伸縮させることができるほど柔らかい。 耳穴は人によって形状が異なるが、シリコンなのであらゆる耳にピタッとフィットする。快適性はもちろん、激しい運動でも耳から落ちることがない、としている。このソフトシェル構造は特許を取得済みという。 スピーカーも360度回転 また装着時は耳の奥に差し込もうとイヤホンを回転させることになるが、先端部分のスピーカーも360度回転するようになっていて、これにより鼓膜へと音を伝える角度を調整できる。 イヤホンとしてのスペックはというと、8ミリのネオジムダイナミックスピーカーを搭載し、Bluetooth 5対応のクアルコム最新モジュールQCC3030を採用。アクティブノイズキャンセリング機能も備えている。 駆動時間はイヤホン本体が6時間、ケースで充電するとさらに33時間使用できるので...more
カテゴリー:

中国に走る動揺。予想以上だったトランプ「国交断絶」恫喝の効果 - 05月19日(火)04:45 

以前掲載の「米が『中国と国交断絶」』なら日本に迫られる習近平の国賓来日中止」でもお伝えしたとおり、中国に対してこれまでにないほどの強硬姿勢をあらわにしたトランプ政権。その「恫喝」に中国も敏感に反応しているようです。収束も含め未だ先が見通せない新型コロナウイルスを巡る状況ですが、専門家はどのような見立てを持ち、どう手を打つべきと考えるのでしょうか。今回のメルマガ『国際戦略コラム有料版』では、日本国際戦略問題研究所長の津田慶治さんが、米中対立を軸に世界が置かれている現状と今後を分析し解説するとともに、「ウィズコロナ」時代に日本に求められる対応策を考察しています。 米中対決で中国の経済崩壊か 新型コロナウィルス感染症を中国が阻止しなかったと、米トランプ大統領は再選戦略上、中国バッシングを行うことで米中対決モードになってきた。今後を検討する。 中国の膨張の必要性 中国海警局の船が尖閣諸島周辺の日本漁船を追尾した問題に関し、中国外務省は、日本漁船が「中国の領海内で違法な操業をした」と批判し、「釣魚島(尖閣諸島の中国名)は中国固有の領土だ」と強調、日本側に外交ルートを通じて主権侵害をやめるよう申し入れたと説明した。 施政権を確立した南シナ海の領有権を確保して、次に尖閣列島と台湾領である東沙諸島の侵略を開始したようである。 中国は国内不平分子を黙らせるためには、中国が強大であり世界に認められた世...more
カテゴリー:

【クラウドWatch】5G帯域で毎秒3ギガビット超データ通信 - 05月18日(月)05:00 

富士通と米クアルコムテクノロジーズは、3.5ギガヘルツ帯(n78)と4.9ギガヘルツ帯(n79)の2つの異なる電波を組み合わせて同時に通信させるキャリアアグリゲ…
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「クアルコム」の画像

もっと見る

「クアルコム」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる