「キャリア理論」とは?

関連ニュース

「ラジオDJ」「早食い」が最先端の社員教育!?『福島の小さな会社がやっていた 世界最先端の社員教育』2019年8月11日刊行 - 08月05日(月)13:00 

株式会社あさ出版(代表取締役:佐藤和夫、所在地:東京都豊島区)は、篠木 雄司 著『福島の小さな会社がやっていた 世界最先端の社員教育』を2019年8月11日(日)に刊行いたします。新人は1年間で150種類の研修を経験福島県にある社員70人の小さなガス会社「アポロガス」。本書は、同社会長による社員教育のノウハウをまとめた1冊です。同社の新人研修は1年間で150種類の研修を行うのが特徴で、「ラジオDJ研修」「饅頭の新しい食べ方を企画する研修」など、一見するとガスと関係なく、かつ社長の無茶ぶりのようだが、実は「計画的偶発性理論」というスタンフォード大による最先端のキャリア理論に基づくものでした。AIでさまざまな仕事がなくなると言われるなか、不透明な未来で活躍する人材の育て方を具体例とともに解説します。計画的偶発性理論とはスタンフォード大学のジョン・D・クランボルツ教授によるキャリア理論。個人のキャリアの8割は予想しない偶発的なことによって決定されます。その偶発的なことを計画的に導くことでキャリアアップをしていくべきというものです。書籍概要書籍名『福島の小さな会社がやっていた 世界最先端の社員教育』刊行日:2019年8月11日(日)価格 :1,620円(税込)ページ数:256ページ 著者名:篠木 雄司(しのぎゆうじ)ISBN:978-4866671154紹介ページ:http://www.a...more
カテゴリー:

「キャリア理論」の画像

もっと見る

「キャリア理論」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる