「キャセイパシフィック航空」とは?

関連ニュース

KAYAK、「トラベルアワード」発表 ホテルは東京ステーションホテル、エアラインはJALがトップ - 09月17日(火)14:32 

KAYAKは、世界観光機関(UNWTO)が定める、9月27日の世界観光の日を前に、「KAYAKトラベルアワード(ホテル部門・エアライン部門)」を発表した。 KAYAK.co.jpの利用者の評価をもとに、日本全国の宿泊施設とアジア太平洋地域の航空会社を選出したもので、ホテル部門では「最優秀ホテル」、「最優秀B&B・イン」、「最優秀バジェットホテル」、「最優秀ホステル」、エアライン部門では「最優秀エアライン」、「最優秀機内食」、「最優秀スタッフ」、「最優秀搭乗手続き」などの部門に分け、ランク付けした。 最優秀ホテルは「東京ステーションホテル」だった。B&B・インは「美ら海の宿コーラルキャビン」、ホステルは「Guesthouse KYOTO COMPASS」、バジェットホテルは「ホテル法華クラブ京都」、ラグジュアリーホテルは「東京ステーションホテル」がそれぞれ部門別でトップとなった。 最優秀エアラインは日本航空(JAL)だった。部門別でも、「搭乗手続き」、「快適度」、「機内エンターテイメント」、「機内食」の4つの部門でも、JALがトップだった。残る「スタッフ」部門はANAがトップで、JALは2位だった。 ■最優秀ホテル(カッコ内は満足度のスコア) 1位:東京ステーションホテル(94.4) 2位:シェラトングランドホテル広島(92.8) 3位:リーガロイヤルホテル広島(91.7) 4位:帝...more
カテゴリー:

キャセイパシフィックグループ、8月の旅客数11%減 中国本土からは28%減 - 09月14日(土)11:56 

キャセイパシフィックグループは、2019年8月の実績をまとめ、発表した。 キャセイパシフィック航空とキャセイドラゴン航空の旅客数は2,906,954人(前年同月比11.3%減)、座席利用率は79.9%(同7.2%減)となった。貨物輸送量も減少した。香港でのデモ活動激化による、香港へ向かう利用者の減少が大きく響いた。特に北東アジア(同11.8%減)や中国本土(同28.1%減)からの需要には深刻な影響を受けた。一方で、南西太平洋、北米、ヨーロッパ路線は前年比で増加した。 予約動向を鑑み、10月27日から始まる冬スケジュールで、運航便数の削減を行う。ロナルド・ラムカスタマー&コマース最高責任者は、新機材への投資や顧客体験の向上によって、「中期的には楽観的」としている。ファーストクラスとビジネスクラスの新客室、エコノミークラスの食事を刷新することを計画している。 投稿 キャセイパシフィックグループ、8月の旅客数11%減 中国本土からは28%減 は TRAICY(トライシー) に最初に表示されました。
カテゴリー:

香港キャセイ航空、冬季の輸送能力削減 抗議デモで需要激減 - 09月12日(木)02:09 

香港キャセイ・パシフィック航空は11日、「逃亡犯条例」改正案を巡る抗議デモの激化で香港への航空需要が大きく落ち込んでいることを受け、冬シーズンの輸送能力を削減すると発表した。
カテゴリー:

デルタ航空、羽田空港にラウンジ新設 シャワールームも設置 - 09月10日(火)11:58 

デルタ航空は、羽田空港にラウンジ「デルタ スカイクラブ」を新設すると発表した。 広さは824平方メートル、外国の航空会社による羽田空港へのラウンジの開設は、キャセイパシフィック航空に次いで2番目となる。 季節ごとに変わる軽食を提供するほか、無料のドリンク類や季節ごとに変わるカクテル、デルタ航空のマスターソムリエであるアンドレア・ロビンソン氏が選んだワインを提供するフルサービスのバーカウンター、シャワールームを設置する。ほぼ全席に電源を設ける。 デルタ航空は、2020年3月に羽田空港とシアトル、デトロイト、アトランタ、ホノルル、ポートランドを結ぶ5路線を新設することで、ロサンゼルス、ミネアポリス線をあわせた、羽田空港を発着する7路線に拡大。アメリカの航空会社として最大の便数を運航することになる。 ⇒詳細はこちら 投稿 デルタ航空、羽田空港にラウンジ新設 シャワールームも設置 は TRAICY(トライシー) に最初に表示されました。
カテゴリー:

キャセイ・パシフィック航空、スローサー会長辞任 - 09月06日(金)15:06 

キャセイ・パシフィック航空、スローサー会長辞任
カテゴリー:

香港国際空港、8月の旅客数は前年比12.4%減の約600万人 - 09月15日(日)22:24 

香港空港管理局は、今年8月の香港国際空港の旅客数が前年比12.4%減の599万6,000人となったことを明らかにした。 キャセイパシフィックグループも、キャセイパシフィック航空とキャセイドラゴン航空の旅客数は2,906,954人(前年同月比11.3%減)、座席利用率は79.9%(同7.2%減)となったことを明らかにしている。特に北東アジアや中国本土からの利用者の減少が大きく響いている。 キャセイパシフィックグループでは、10月27日から始まる冬スケジュールで、輸送量の調整を行う見通し。日本線も一部路線で減便などの影響が出る。 投稿 香港国際空港、8月の旅客数は前年比12.4%減の約600万人 は TRAICY(トライシー) に最初に表示されました。
カテゴリー:

香港キャセイ航空、冬季の輸送能力削減 抗議デモで需要激減 - 09月12日(木)02:09 

香港キャセイ・パシフィック航空は11日、「逃亡犯条例」改正案を巡る抗議デモの激化で香港への航空需要が大きく落ち込んでいることを受け、冬シーズンの輸送能力を削減すると発表した。
カテゴリー:

キャセイパシフィックグループ、香港経由各都市行きでセール 東南アジアへ3万円、北米へ6万円など - 09月11日(水)11:06 

キャセイパシフィック航空とキャセイドラゴン航空は、日本発着の香港経由世界各都市行きを対象に、9月11日から24日までスペシャル運賃を設定している。 エコノミークラスの往復運賃は、シンガポール・バンコク・プーケット・チェンマイ・クアラルンプール・ペナン・マニラ・セブ・クラーク・ダバオ・ホーチミン・ハノイ・ダナン・ヤンゴン・プノンペン・シェムリアップへ30,000円、シドニー・メルボルン・パース・アデレード・ブリスベン・ケアンズへ47,000円、パリ・フランクフルト・マドリード・ブリュッセル・ダブリン・デリー・ムンバイへ52,000円、チェンナイ・ベンガルール・コルカタ・ハイデラバード・カトマンズ・ダッカ・コロンボ・マレへ56,000円、ロサンゼルス・サンフランシスコ・シアトル・バンクーバー・ドバイへ60,000円、ニューヨーク・ワシントン・シカゴ・ボストン・トロントへ70,000円。 ビジネスクラスの往復運賃は、シンガポール・バンコク・プーケット・チェンマイ・クアラルンプール・ペナン・マニラ・セブ・クラーク・ダバオ・ホーチミン・ハノイ・ダナン・ヤンゴン・プノンペン・シェムリアップへ130,000円、パリ・フランクフルト・マドリード・ブリュッセル・ダブリンへ290,000円、ロサンゼルス・サンフランシスコ・シアトル・バンクーバー・ニューヨーク・ワシントン・シカゴ・ボストン・トロントへ3...more
カテゴリー:

【本日UP】キャセイパシフィック航空が日本-香港.. - 09月07日(土)21:10 

【本日UP】キャセイパシフィック航空が日本-香港便就航60周年を祝った
カテゴリー:

最近は勉強するYoutuberが話題? - 09月05日(木)15:45 

キャセイパシフィック航空は4日、ジョン・スローサー会長(63)の辞任を明らかにした。同社は香港でのデモを巡り中国当局から厳しく追及され、最高経営責任者(CEO)が先月引責辞任したばかりだった。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「キャセイパシフィック航空」の画像

もっと見る

「キャセイパシフィック航空」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる