「キッカケ」とは?

関連ニュース

甘いマスクの裏の壮絶な努力。中村克、世界水泳で日本人初の100m自由形メダルへ - 07月23日(火)19:14 

開催中の「世界水泳2019」。今大会、競泳の花形種目100メートル自由形で日本人初のメダル獲得を期待されている選手がいる。日本・短距離界のエース、中村克(なかむら・かつみ、25歳)だ。©テレビ朝日水泳中村が一躍脚光を浴びたのは、2018年2月に行われたコナミオープン。ここで中村は、自身の持つ日本記録を0秒12更新する47秒87で優勝した。この記録は、2018年シーズンの世界ランキング2位という好タイム。男子100メートル自由形は、世界大会で実に半世紀以上にわたり日本人選手が決勝に進出できていない種目だが、中村は一気に世界との差を縮めることとなったのだ。世界水泳で日本人初の決勝進出、そしてメダル獲得。――会った誰もが口に出してしまうほどの甘いマスクであるその男に、大きな期待を寄せずにはいられない。©テレビ朝日水泳さて、幼少期から始める選手が多い水泳の世界。しかし、中村がその道を本格的に歩み始めたのは、中学生からだ。小学校高学年の頃まで、中村はサッカー少年だった。夢中だったサッカーから離れ、水泳を始めたキッカケ。それは、母・律子(りつこ)さんの存在だ。当時ライフセーバーの資格を取ろうとしていた律子さんだったが、不運にもその時期に交通事故に遭ってしまい、目標を断念せざるをえなくなってしまった。「僕が代わりに水泳をやる」――母に起きた不運により沈んだ雰囲気になってしまっていた家族を励ますべ...more
カテゴリー:

毒饅頭の上を行く、奥義「奥の手」の使い方解説! - 07月22日(月)10:00 

伊豆半島合同会社 大量生産記念、奥義「奥の手」の使い方解説 思い出やお礼を忍ばせる特別な引き出しとスペースについて 日本古来の古き良き伝統文化を再発掘する会社、伊豆半島合同会社は、国内外のセレブリティに人気の奥義「奥の手」(おうぎおくのて)の大量生産を始めました。大量生産を記念して正しい使い方を紹介します。「奥の手」は、底面がスライドして宝物を隠すことができるカラクリ桐箱です。時空を超えた大人の遊び、悪代官と越後屋の気持ちを体感できる作品として、2019年4月より店頭に並んでいます。 ≪誕生≫ 熱海温泉毒饅頭は、大切な人へのサプライズプレゼントやビジネスシーンの差し入れで話題になっています。しかしながら、この毒饅頭でも口説けない人がいるという声を受けて、辿り着いたのが「奥の手」です。底面に、あなたとお相手だけの宝物を忍ばせてプレゼントしてください。あの手この手で駄目ならば、あなたにはもう「奥の手」しか残されていない。 ≪使用法≫ ・手紙      NHKでも紹介された、大切な方に思いを込めたメッセージが入れられる ・合鍵      一緒に生活を始めるキッカケとなる、鍵やカードキーが入れられる ・jewelry      大切な告白の際、サプライズな演出を狙った高価なものが入れられる ・preserved flower小さなお花畑の創造、扉を開けて驚かれるほど花が...more
カテゴリー:

おまえらが創価学会を許すようになったキッカケ - 07月19日(金)17:37  news4vip

知りたい ...
»続きを読む
カテゴリー:

なぜ? 白黒つけたがる女子は「恋愛がうまくいきにくい」理由 #25 - 文・おおしまりえ | ananweb - マガジンハウス - 07月18日(木)21:30 

白か黒か。0か100か。好きか嫌いか。そんなハッキリした思考をあなたは持っていませんか? 見方を変えれば決断力があると言えるこの心理。実は恋愛において、うまくいかなくなる可能性を秘めています。いわゆる「冷める」という行動にもつながる極端思考の根本に迫っていきたいと思います。文・おおしまりえ【おおしまりえの恋愛道場】vol. 25急に彼のことが嫌いになる“極端系女子”でなくなるためには?彼のことは大好きなのに、ある時突然彼が自分にとって気に入らないことをひとつでもすると、途端に心のドミノがパタパタパタと倒れるように「好き」から「嫌い」に転換してしまうことってありませんか?いわゆる「冷める」という感覚に近いのですが、この冷める感覚というのは、あなたの性格が引き起こしているのではありません。そもそも急に彼氏に対して冷める傾向のある女性は、恋愛に限らず物事を0か100か、白か黒かといった二極化した見方をしがちです。生きづらさにもつながるこれらの極端思考。どうしたら手放すことができるのでしょう。いきなり彼氏を嫌ってしまう2つの理由たとえば昨日は彼氏のことが大好きだったのに、些細な行き違いや気に入らないことがきっかけで、次の日には彼を大嫌い(無関心)になる。そんな経験はないでしょうか。こういった突然冷めてしまう行動には、2つの理由があります。無意識に感情を溜め込んで爆発していた今回のテーマとは...more
カテゴリー:

高橋真麻、オファーくるクオリティ!?女子アナの中で死体役が一番うまいのは!?『オドぜひ』 - 07月17日(水)13:31 

7月25日放送の『オードリーさん、ぜひ会ってほしい人がいるんです。』(日本テレビ系、毎週木曜25:29~※この日は25:34~/中京テレビ、毎週月曜24:59~※7月22日放送)は、前回に引き続き「女子アナスペシャル」第二弾が放送される。2012年に名古屋ローカルで放送が始まった通称『オドぜひ』が4月から“ほぼ”全国放送になった。この番組は、オードリー(若林正恭・春日俊彰)に会いたい人、会わせたい人が「クチコミ」を応募し、オードリーとトークする……おそらく視聴者がテレビに出るハードルが一番低いバラエティ番組。たった数文字の「自薦・他薦の口コミ情報」をキッカケにオードリーの2人に会わせる素人を選んでいく。今回は、前回に引き続き、アシスタント代行に高橋真麻を迎え、全国からオードリーに会いたいという女子アナからのクチコミを紹介する。日本テレビの後藤晴菜アナからは、アナウンサーという立場上、自分を押し殺して生活しているというクチコミが。普段から思った事を強く言えず、ひどいことをされても怒れないという。そこで、相手を傷付けず、尚且つ自分の評判を落とすことなく言いにくいことを言う練習をスタジオで行う。また、現オドぜひアシスタントの磯貝初奈からは、自分には何もないため、武器が欲しいというなんとも暗いクチコミ。そこで磯貝の自信を付けるべく、オードリーが警部役、アナウンサーと高橋は死体役になって、誰...more
カテゴリー:

なければ作ればいい。輸入牛タンを仙台名物にしたジモトの戦略 - 07月22日(月)22:21 

ご当地グルメの代表格として有名な、宮城県仙台市の牛たん。しかしその牛たん、昔から仙台名産だったわけではなかったのだとか。今回の無料メルマガ『繁盛戦略企画塾・『心のマーケティング』講座』では著者で人気コンサルタントの佐藤きよあきさんが、何もないところから名物を育て上げた仙台人の団結力を紹介しています。 “輸入牛たん”を名物に育てた、仙台の底力  宮城県仙台市内には、約100軒の牛たん専門店があります。焼いた厚切り牛たんと麦めし、テールスープがセットになった定食が人気のメニューです。なぜ、ここまでお店が増え、「仙台=牛たん」と言われるまでの名物となったのでしょうか。 事の始まりは、ひとりの料理人。焼きとりを中心とした飲食店「太助」を営んでいた佐野啓四郎氏が、ある日洋食屋で食べた「タンシチュー」の旨さに驚き、これをお客さまに焼いて食べさせたい、と思ったことがキッカケで誕生したのです。 試行錯誤の末に完成した牛たん焼きは、瞬く間に評判となり、地元では知らない人がいない、というほどの存在となったのです。そこから、真似するお店が増え、牛たん専門店が次々に生まれたのです。 しかし、それだけでは全国的に知られるまでには至りません。最初に動き出したのは、仙台商工会議所です。仙台には、年間を通じて食べられる名物がなかったので、地元で愛されている牛たんに眼をつけたのです。仙台名物にしようと、率先してPR...more
カテゴリー:

【芸能】伊東四朗、3年前の免許自主返納で「心安らかに」きっかけは更新時の検査内容 - 07月20日(土)05:48  mnewsplus

最近、高齢者ドライバーによる事故が多発し、高齢者の免許自主返納への気運も高まっている。ベテラン芸能人も例外ではなく、それぞれが難しい判断をしている。立場上、人一倍、運転に気をつけなくてはならない彼・彼女らに、免許返納と高齢者の運転について考えをインタビューで聞いた。 「運転免許を取ったのは25歳のときですが、ちょうど3年前に自主返納しました。週に2~3回運転していましたが、私の仕事上、どんなに軽微な事故でも影響があると思っていたので、特に気をつけて運転していましたね」  79歳のときに免許返納した理...
»続きを読む
カテゴリー:

【ゲンダイ】維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至 - 07月19日(金)16:16  seijinewsplus

「“身を切る改革”をやるんちゃうんか」とツッコまれている。税金が原資の「文書通信交通滞在費」(文通費)の領収書を巡り、日本維新の会に新たな問題が浮上した。ナント、使途を公開している現職の国会議員21人全員が文通費の領収書を自分で自分に切っていただけでなく、自分の政治団体に寄付していたのだ。  国会議員には月100万円が文通費として歳費とは別に支給されるのだが、維新の議員は「公の書類」の発送といった使途に限られる文通費を選挙費用などに流用。その上、維新が受け取った約7.6億円の文通費(2015年1...
»続きを読む
カテゴリー:

堀田真由、間宮祥太朗の大喜利に戦々恐々!?『べしゃり暮らし』撮影秘話を語る - 07月18日(木)18:19 

土曜ナイトドラマ『べしゃり暮らし』(テレビ朝日系、毎週土曜23:15~)が7月27日からスタート。『ろくでなしBLUES』や『ROOKIES』を生み出した森田まさのり先生が描く“漫才漫画”を間宮祥太朗さん&渡辺大知さんで実写化。劇団ひとりさんが連ドラ初の演出を担当します。同作で、主人公・上妻圭右(間宮)の幼馴染である土屋奈々を演じるのが堀田真由さん。『チア☆ダン』(TBS系、2018年)『3年A組―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系、2019年)など話題作への出演が続く堀田さんに、今作への思い、そして自身の挫折と成長について伺いました。――出演が決まった時のお気持ちは?人気漫画ということは知っていましたし、主人公を支える奈々ちゃんを演じるということで、私で大丈夫かな? と正直少し心配もありました。個人的には、私の親友の名前がナナななので、すごく嬉しかったのを覚えています(笑)。――原作の印象は?「青春モノって、こんなに感動するんだ」というのが率直な感想で、私自身につながる考え方もたくさん得られました。続けることは大変。でも、続ける人が勝ち残る。それって芝居も同じで、「やめる」と言ったら終わりだけど、やり続けていたら何か見えてくるかもしれないんですよね。そういう前向きな作品なので、現場も明るく楽しいです。――作品のおもしろさはどこにありますか?人生は、本当に自分が思うようには...more
カテゴリー:

宝くじが当選した義弟から縁を切られてしまった!「大金」をめぐって変わったのはどっち? - 07月17日(水)10:00 

大金を手にすると、人は性格が変わってしまう……なんていう言葉を聞いたことはありませんか? 残念ながら性格が変わるほどの大金を手にしたことがない筆者には想像もつかない世界ですが、確かに「価値観」は変わってしまうのかもしれません。 ママスタBBSに投稿してくれたママは、「宝くじ」当選をめぐって大切な家族がバラバラになってしまったのだそう。しかし「大金」をめぐって変わってしまったのは一体誰だったのでしょうか……。 キッカケは義実家の援助をめぐって…… 義実家に毎月5万円の援助をしていた投稿者のママ一家。あるとき、義弟一家の行動にふと疑問をもつことになります。 『以前から義弟夫婦は「宝くじに当たったら沖縄に移住したい」と言っていました。そんな義弟夫婦が昨年末に沖縄に移住しました。移住後、タイムラインの写真を見ると、シュノーケルやったり釣りに行ったり、ドローン、水中カメラを購入、スキューバダイビングのライセンス取得、船舶免許も……。そして最近夫婦用に2台水上バイクを購入、大きいワゴンタイプの車を持っているのにスキューバなど海で使う為にもう1台車を購入。これだけでも相当な金額ですよね?』 義実家の近くに住んでいるという投稿者のママ一家は、義弟よりも旦那さんの方が長男だし収入も多いと思っていたので、文句を言わずに義両親を支えていました。しかし沖縄に移住したうえに、爆買いともいえる義弟一家のリッ...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「キッカケ」の画像

もっと見る

「キッカケ」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる