「ガス会社」とは?

関連ニュース

フォロワー21万人超えの自撮りおばあちゃん。その意外な過去と現在:カンニング竹山の新しい人生、始めます! - 10月19日(土)18:46 

女性87.6歳、男性81.09歳(※平成29年簡易生命表 厚生労働省調べ)と、毎年更新している日本人の平均寿命。"人生100年時代"となった今、長い人生を楽しく生きるために40歳代から知っておきたい「移住」「開業」「再就職」などの情報をお届けする「カンニング竹山の新しい人生、始めます!」(BSテレ東 毎週日曜夜9時)。「テレ東プラス」では、10月20日(日)の放送内容を、先取りでご紹介します!今回紹介する「新しい人生の先輩」は、熊本県熊本市に暮らす西本喜美子(91歳)さん。実は西本さん、インスタグラムのフォロワーが21万人超の有名人なのですが......このお顔に見覚えありませんか?西本さんを一躍有名にしたのは、この斬新でユニークな自撮り写真! この写真を「見たことがある!」という方も多いのではないでしょうか。今回は、91歳にして自撮り写真に果敢に挑み、数々の作品を発表し続けている西本さんの元気の秘密を探ります。熊本市のご自宅で一人暮らしをしている西本さんの自宅を訪問すると...そこには破れた障子からのぞき込んでくる「目」。スタッフも思わず「怖い...」とコメント(笑)。実はこれ、西本さんのいたずら。「障子が破れた時に(顔の)写真を貼ったの。皆さんいらした時にびっくりするらしいです」といたずらっ子そのものの笑顔を浮かべる西本さん。そんな西本さんに1日密着することに。まず西本さんが自...more
カテゴリー:

トランプ氏の強要なし、米選挙関与調査の用意も=ウクライナ大統領 - 10月11日(金)14:50 

[キエフ 10日 ロイター] - ウクライナのゼレンスキー大統領は10日、トランプ米大統領から強要は受けなかったとした上で、2016年米大統領選にウクライナが関与した可能性やバイデン前米副大統領の息子が勤務していたガス会社に対する調査を開始する用意があると語った。 トランプ大統領が7月に行ったゼレンスキー大統領との電話会談で、同国への軍事支援と引き換えに来年の米大統領選で対抗馬になると目される
カテゴリー:

「鉛の服を着せられているようだった...」心身症を患い、大手ガス会社を退職。海外移住をあきらめて古民家に移住した結果...:カンニング竹山の新しい人生、始めます! - 10月05日(土)17:21 

女性87.6歳、男性81.09歳(※平成29年簡易生命表 厚生労働省調べ)と、毎年更新している日本人の平均寿命。"人生100年時代"となった今、長い人生を楽しく生きるために40歳代から知っておきたい「移住」「開業」「再就職」などの情報をお届けする「カンニング竹山の新しい人生、始めます!」(BSテレ東 毎週日曜夜9時)。10月6日(日)放送では、これまで放送した"新しい人生の先輩"から好評だった2本をまとめ「田舎へ移住!古民家スペシャル」と題してお届け。そこで「テレ東プラス」では、築230年の古民家を素敵にリフォームし、田舎暮らし満喫している人生の先輩を紹介していきます。 大手ガス会社を52歳の時に早期退職し、長野県長野市の里山に移住した川島直樹さん(67歳)とその妻・幸子さん。2人の1日を追いながら「いいね!ポイント」を伺います。【いいね!ポイント1】趣味を思う存分楽しめる環境朝9時。出かける準備に余念がない2人。夫婦の共通の趣味がスキーとあり、雪がある時期の平日はスキー場通いをしているそう。車で15分ほどでスキー場に到着です。【いいね!ポイント2】まるで夫婦専用のゲレンデ平日とありスキー場はがら空きで、まるでプライベートゲレンデのよう。2時間たっぷり滑ったら、築230年の古民家に帰宅します。総面積500坪の川島邸には家庭菜園用の田畑、薪小屋、納屋、なんと蔵まであります。そして母屋...more
カテゴリー:

ウクライナ検察、バイデン氏息子元在籍企業の事件捜査を見直し - 10月05日(土)01:39 

ウクライナ検察当局は4日、米民主党のジョー・バイデン前副大統領の息子であるハンター・バイデン氏が今年まで取締役を務めていたウクライナの天然ガス会社ブリスマ社について、創業者に関連する過去の事件を巡り適切な捜査が行われたかどうかを見直すと発表した。
カテゴリー:

トランプとバイデン、悪はどちらだ。米大統領弾劾が無理筋な理由 - 10月03日(木)04:30 

9月25日、トランプ大統領は、自身に対する弾劾調査に対抗し問題とされる「ウクライナ大統領との電話会談」の内容を公開しました。これを受け、国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんは自身の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』で、弾劾手続き実現の可能性は低いとした上で、反対に「弾劾を仕向けるバイデン側とウクライナの深い結びつきを示す事実」を紹介しています。 トランプ弾劾調査とバイデンの闇(★5年前に指摘) アメリカ、トランプ弾劾調査開始で盛り上がっています。何でそんな話になったのでしょうか?BBC NEWS Japan 9/26から。 トランプ氏とウクライナのヴォロディミル・ゼレンスキー大統領は7月25日、電話で会談した。その中でトランプ氏は、バイデン親子を捜査するよう圧力をかけたとされている。さらにトランプ氏は、連邦議会が承認したウクライナへの軍事援助2億5,000万ドルについて、同じ会話で触れたとされている。トランプ政権はこの援助金の支払いを、9月半ばまで先延ばしにしていた。米紙ワシントン・ポストは23日、トランプ氏がミック・マルヴェイニー首席補佐官代行に対して、ウクライナとの電話の少なくとも1週間前に、ウクライナへの軍事援助4億ドルの供与を停止するよう指示したと伝えた。 つまり、トランプは、ゼレンスキーに、「バイデン親子を捜査すれば、軍事援助をするが、捜査しなければ、援助しない」...more
カテゴリー:

バイデン氏次男「軽率な判断だった」 トランプ陣営の主張は否定 ウクライナ疑惑 - 10月16日(水)11:44 

 バイデン前副大統領の次男ハンター氏(49)は15日に放映された米ABCテレビのインタビューで、ウクライナの天然ガス会社ブリスマから2014年から今年春まで役員報酬を受け取っていたとされることについて、「何も間違ったことはしていないが、軽率な判断だった」と述べた。父親が副大統領でなければ「おそらく役
カテゴリー:

トランプ氏の強要なし、米選挙関与調査の用意も=ウクライナ大統領 - 10月11日(金)03:20 

ウクライナのゼレンスキー大統領は10日、トランプ米大統領から強要は受けなかったとした上で、2016年米大統領選にウクライナが関与した可能性やバイデン前米副大統領の息子が勤務していたガス会社に対する調査を開始する用意があると語った。
カテゴリー:

ウクライナ検察、バイデン氏息子元在籍企業の事件捜査を見直し - 10月05日(土)15:52 

[キエフ 4日 ロイター] - ウクライナ検察当局は4日、米民主党のジョー・バイデン前副大統領の息子であるハンター・バイデン氏が今年まで取締役を務めていたウクライナの天然ガス会社ブリスマ社について、創業者に関連する過去の事件を巡り適切な捜査が行われたかどうかを見直すと発表した。 トランプ米大統領は、7月25日のウクライナのゼレンスキー大統領との電話会談で、バイデン氏と同氏の息子に関する調査を要求。
カテゴリー:

IoT・AI・データを活用した先進事例8社のビジネスモデルを公開  RAUL株式会社 代表 江田健二「エネルギーデジタル化の最前線2020」がAmazonのほしい物ランキング1位になりました - 10月03日(木)17:30 

9月26日に発売されたRAUL株式会社 代表 江田健二の著書「エネルギーデジタル化の最前線2020」が10月3日にAmazonのほしい物ランキングで1位になりました。https://www.amazon.co.jp/dp/4885555035エネルギービジネスは、インフラ産業から情報サービス産業へ。Google、Amazonと戦う未来がやってくる! 本書は、エネルギービジネスの更なる可能性について解説し、これから挑戦すべき事業として「情報・サービス産業」を提案した書籍です。全体を通して、技術的な専門用語などは、できる限りわかりやすく解説しています。「エネルギー業界」「デジタルテクノロジー」について、あまり詳しい知識を持たなくても無理なく読み進められるように、多数の事例を紹介するなど、実際にエネルギービジネス、情報ビジネスに関わる読者の皆さまにとって、具体的なヒントとなるよう工夫しております。第1章では、「社会の大きな変化」「これまで以上に情報のビジネス価値が高まる理由」「情報が持つ独自の経済特性」などの説明や将来エネルギー企業のライバルとなりえるGAFA(Google、Amazon、Facebook、Apple)が、なぜここまで成功できたのか、これから何を狙っているのかについて解説しています。第2章では、話題をエネルギー分野によりフォーカスし、「インフラ産業からサービス・情報産業へ...more
カテゴリー:

韓国は誰も助けない。世界バブル崩壊で塗炭の苦しみを味わう隣国 - 10月01日(火)05:00 

国外に目を向ければこじれにこじれた対日関係、国内では法相に「強行指名」したチョ・グク氏を巡る問題と、窮地に立たされているかのようにも見える韓国の文在寅大統領。しかしまだこの先、文大統領を大きな試練が待ち受けているようです。今回のメルマガ『国際戦略コラム有料版』では著者の津田慶治さんが、来たるべき世界的バブル崩壊時に韓国が襲われる「惨劇」を記しています。 米国は再度バブル拡大期に 米国経済の先行指標は上向いてきた。FRBは、短期レポ金利の金利管理をしっかりをする方向であり、利下げと債券の買取で景気を維持する方向にシフトするようだ。この政策の検討をする。 日米株価 NYダウは、利下げ期待で、7月16日27,398ドルと最高値を更新したが、その後下落して、弾劾調査入りと中国企業のNY市場上場廃止を検討という情報で、下落して9月27日に26,820ドルになっている。株価の横バイが続いている。 米中通商交渉を楽観視していたが、トランプ・ツイートで、またひっくり返された。しかし、トランプ・ツイートの下落幅は、小さくなってきた。10月の閣僚級通商交渉の行方で株価も決まる。弾劾調査は、トランプ大統領と共にバイデン候補も傷つくことになる。 日経平均株価は、2018年10月2日24,448円になったが、以後低調で、12月26日18,948円と暴落し、8月26日20,173円になってしたが、その後、売り...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「ガス会社」の画像

もっと見る

「ガス会社」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる