「カンナビジオール」とは?

関連ニュース

【トレンド】アメリカで人気の「CBD」って何? ついに東京にもCBD専門店がオープン 世界で拡大するCBDマーケット - 02月17日(月)07:56  newsplus

https://dime.jp/genre/856784/  大麻入りチョコレート、大麻入り紅茶、大麻入りカクテル…今、アメリカでは大麻が入った食品が大流行しています。 「大麻」というと「麻薬」のような違法なものを想起してしまいますが、これらの食品に入っているのは、大麻草の茎や種子から抽出された成分「CBD」です。 ■CBDとは? 「CBD(カンナビジオール)」とは、大麻草の茎や種子から抽出された成分のこと。 大麻草から採取できる「有効成分」には主に2種類あります。1つは、葉や穂から抽出されたTHC(テトラヒドロカンナビノール)。 そ...
»続きを読む
カテゴリー:

陶酔作用のない大麻成分CBD(カンナビジオール)の世界的リーダーが講演、3月8日(日)の学会5周年の春の学術セミナー2020の参加者募集中 - 02月05日(水)09:00 

日本臨床カンナビノイド学会(新垣実理事長)では、2020年3月8日(月)に東京グランドホテルで、春の学術セミナー2020を開催します。主に医療従事者向けのセミナーおよびシンポジウムですが、関心の高い人向けに一般参加も募集しています。カンナビノイドとは、大麻草に含まれる100種類以上の特異成分であり、1990年代に内因性カンナビノイド・システムの発見によって神経及び免疫等の体内調節に重要な役割があることが解明されつつあり、この分野での研究が急速に進展しています。また、19年1月にWHO/ECDD(依存性薬物専門委員会)では、医療利用の道を閉ざしていた大麻草の麻薬指定の見直しの勧告が発表され、この分野の国際的な関心が高まっています。我が国では、大麻取締法による規制によりヒトを対象とした臨床試験が禁止され、動物実験しか実施できない現状でしたが、昨年3月と5月の秋野公造議員による国会質問により、大麻草由来の薬物の臨床試験については、一定条件の下で実施可能という見解が厚労省から示されました。学会5周年の春の学術セミナー2020では、陶酔作用のない大麻成分のCBD(カンナビジオール)の世界的リーダーであるマーティン・リー 氏(Project CBD ディレクター)から「CBDが医学を根本から変える」というテーマで講演していただきます。米国の現状だけでなく、CBDの使い方なども講演いただけると期...more
カテゴリー:

日本初のCBD専門店とカフェが東京・原宿にオープン - 01月28日(火)15:00 

HealthyTOKYOは、流行の先端を行く有名な街・東京原宿に、日本で初のCBD専門店&カフェをオープンすると発表しました。オリジナリティあふれる店内では、CBDオイルを使った手作りでおいしいヴィーガンスイーツやドリンクを堪能できるだけでなく、HealthyTOKYOのCBD製品 ( https://healthytokyo.com/ja/shop/category/cbd-ja/ ) はフルラインナップ取り揃えています。HealthyTOKYO CBDショップ&カフェは、2020年2月1日、世界で一番人口の多い都市にオープンします。そのコンセプトは新しいものではありますが、HealthyTOKYOの会社自体は、長い歴史を持ちます。2016年に日本でいち早くCBDオイルを販売開始したパイオニア的存在です。また2018年には、羽田空港にHealthyTOKYOカフェ&ショップをオープンしました。これは日本の空港における最初のヴィーガンカフェです。原宿の新店では、HealthyTOKYO CBDオイルをフィーチャーした、ヴィーガンスイーツとドリンクを提供します。多彩なメニューの中には、ヴィーガン対応のチーズケーキ、モンブラン、ガトーショコラに加え、グルテンフリー のラザニアなどのフードメニューもあり、有機抹茶・コーヒーなどの飲み物も楽しめます。なおフード・ドリンクメニューの多くは、C...more
カテゴリー:

【合法大麻成分】陶酔作用のない大麻成分CBD(カンナビジオール)の世界的リーダーが来日講演 一般参加も可 3月8日 - 02月05日(水)21:50  newsplus

https://www.dreamnews.jp/press/0000209609/  日本臨床カンナビノイド学会(新垣実理事長)では、2020年3月8日(月)に東京グランドホテルで、春の学術セミナー2020を開催します。 主に医療従事者向けのセミナーおよびシンポジウムですが、関心の高い人向けに一般参加も募集しています。 カンナビノイドとは、大麻草に含まれる100種類以上の特異成分であり、1990年代に内因性カンナビノイド・システムの発見によって 神経及び免疫等の体内調節に重要な役割があることが解明されつつあり、この分野での研究が急速に進展しています...
»続きを読む
カテゴリー:

米国小売業界が注目。今年の「消費者への訴求力になる」3ワード - 01月29日(水)20:12 

米国小売業界最大の年次イベント「NRFビッグショー」が今年も年明け早々に開催。この会合を前に『メルマガ「ニューヨークの遊び方」』の著者で、マーケティングのプロでもあるりばてぃさんは、主催者の全米小売業協会が発表した「2020年の小売業界予測」から、セールスに繋がる3つのキーワードを抽出。それらの要素をどうブランドに取り入れるかが重要になると解説します。 2020年の米国小売トレンド 前回のメルマガでもお伝えしたようにお正月のないアメリカでは新年早々に様々なイベントが開催。今週末にはニューヨークでも北米最大の小売業界向けカンファレンスが開催される。800を超える出店ブース、400人超の登壇者、そして4万人もの来場者がある大規模なイベントなので、今年の小売業界の方向性を考える上でも非常に重要だ。 このカンファレンスを主催するのは全米小売業協会(通称NRF)。カンファレンスを控え、2020年の小売業界について専門家の意見をまとめた予測を発表しているのでみておこう。 なお、意見を寄せた専門家は、調査会社のベイン・キャピタル(Bain Capital)、消費者調査専門のトレンドウォッチング(Trend Watching)、小売関連カンファレンスのコード・コマース(Code Commerce)、そして、ニューヨーク大学のMBA教授のスコット・ギャロウェイ(Scott Galloway)である。...more
カテゴリー:

「カンナビジオール」の画像

もっと見る

「カンナビジオール」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる