「カリフォルニア州」とは?

関連ニュース

電気自動車は夜間より昼間に充電した方が電力供給網のコストを抑えられる - 09月27日(火)20:00 

アメリカのカリフォルニア州が2035年以降のガソリン車新車販売禁止を宣言するなど、電気自動車の普及が世界中で進んでいます。電気自動車を充電する際には電気料金割引を受けられる夜間に充電するのが賢い選択に思えますが、スタンフォード大学の分析によってアメリカでは夜間よりも昼間に充電する方が電力供給網全体のコストを削減できることが判明しました。
カテゴリー:

グリーン水素の市場規模、2030年に605億6000万米ドル達成予測 - 09月26日(月)17:00 

株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:小野悟、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「グリーン水素の市場規模、シェア、動向分析レポート:技術別(PEM電解槽、アルカリ電解槽)、用途別(発電、輸送)、流通チャネル別、地域別、セグメント別予測、2022年~2030年」(Grand View Research, Inc.)の販売を9月22日より開始いたしました。【 当レポートの詳細目次 】https://www.gii.co.jp/report/grvi1122231-green-hydrogen-market-size-share-trends-analysis.htmlグリーン水素の市場規模は、2022年からCAGR39.5%で成長し、2030年には605億6000万米ドルに達すると予測されています。化石燃料経済に対する環境に優しい代替案として注目されている水素経済は、政府投資や補助金が増加しており、今後の同市場の需要を強化する可能性があります。市場は、さまざまな最終用途産業における再生可能エネルギー源の普及によって牽引されています。グリーン水素は、風力エネルギー、太陽光エネルギーなどの再生可能な発電源で、水の電気分解によって製造されます。さらに、再生可能エネルギーの規模が拡大することで、クリーンな発電のコストが低下し、2030年...more
カテゴリー:

「世界の商業用温室市場(~2027年):種類別(ガラス、プラスチック)、商品別(果物、野菜、花&観葉植物、苗木)、機器別(ハードウェア、ソフトウェア&サービス)、地域別」市場調査レポートを取扱開始 - 09月26日(月)15:00 

2022年9月26日H&Iグローバルリサーチ株式会社*****「世界の商業用温室市場(~2027年):種類別(ガラス、プラスチック)、商品別(果物、野菜、花&観葉植物、苗木)、機器別(ハードウェア、ソフトウェア&サービス)、地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、南米、その他地域)」市場調査レポートを取扱開始 *****H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「世界の商業用温室市場(~2027年):種類別(ガラス、プラスチック)、商品別(果物、野菜、花&観葉植物、苗木)、機器別(ハードウェア、ソフトウェア&サービス)、地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、南米、その他地域)」市場調査レポートの販売を2022年9月26日にMarketReport.jpサイトで開始しました。商業用温室の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。***** 調査レポートの概要 *****"世界の商業用温室市場は、2022年に355億米ドルと推定、予測期間中に11.6%のCAGRで成長し、2027年までに616億米ドルに達すると予測"温室は、透明な屋根と壁を持つ構造物で、ガラスやプラスチックで作られていることが多いです。温室では、さまざまな種類の植物が栽培され、その生育状況を監視・管理することができます...more
カテゴリー:

【サーフィン】パリ切符1号!五十嵐カノアWG日本勢初制覇「日本のために枠を取ることが目標」 - 09月26日(月)07:47 

サーフィンのワールドゲームズ最終日は24日、米カリフォルニア州ハンティントンビーチで行われ、男子の日本が団体で初優勝を遂げ、2024年パリ・オリンピック(五輪)の出場1枠を獲得した。 東京五輪銀メダルの五十嵐カノア(木下グループ)がワー…
カテゴリー:

【国際】事件現場の規制テープの前で“悩む”配達ロボット 周囲が協力してなんとか通行(米) - 09月26日(月)05:43  newsplus

海外発!Breaking News 2022.09.25 06:00 writer : tinsight-iruy 【海外発!Breaking News】事件現場の規制テープの前で“悩む”配達ロボット 周囲が協力してなんとか通行(米)<動画あり> 規制テープの張られた事件現場にやってきた配達ロボット (画像は『TODAY 2022年9月14日付「Food delivery robot rolls through crime scene in viral video」(NBC News)』のスクリーンショット) 今月13日、Twitterに投稿されたロボットの動画が話題を呼んでいる。そこには事件現場を囲う黄色い規制テープが張られた場所を、...
»続きを読む
カテゴリー:

牛を追い回しミルクを搾り取る「ワイルド・カウ・ミルキング」。サンフランシスコ近郊の郡で禁止に - 09月27日(火)16:03 

アメリカ・カリフォルニア州のサンフランシスコベイエリアにあるアラメダ郡は9月20日、ロデオイベント「ワイルド・カウ・ミルキング」の禁止を、満場一致で可決した。ワイルド・カウ・ミルキングは、牛を追い回し、無理やりミルクを搾り取るロデオだ。禁止条例は、イベントに反対する市民や動物保護団体や獣医、そして継続を求めるカウボーイやファンらが見守る中で可決された。ワイルド・カウ・ミルキングどんな競技なのかワイルド・カウ・ミルキングでは、母牛を子牛から引き離して競技場に放つ。そしてカウボーイチームが、投げ縄などで母牛を押さえつけ、ミルクを搾り取る。動物の権利擁護活動家たちは、長年このイベントを残酷だと訴え、禁止を求めてきた。過去には怪我をして安楽死させられた牛もおり、動物保護団体「ディフェンス・オブ・アニマルズ」は「馬鹿げているだけではなく極めて虐待的であり、危険で死をもたらす」と訴えていた。 ディフェンス・オブ・アニマルズのエリン・ドブジンさんは、アラメダ郡の決定を歓迎。「この禁止は、子牛から引き離されて苦痛を伴うイベントにさらされる授乳中の母牛を守る」と述べている。また、郡監督委員のリチャード・ヴァレさんは20日の審議で、イベントは牛を大きなストレスにさらすと指摘。「動物は演壇に上がることはなく、自らのために声を上げる機会がありません。誰が彼らを代弁するのでしょうか?」と訴えた。<ワイルド・...more
カテゴリー:

カリフォルニア州知事、仮想通貨ライセンスと規制の枠組みの拒否権発動 - 09月26日(月)15:40 

カリフォルニア州知事ギャビン・ニューサム氏は、デジタル資産のためのライセンスと規制の枠組みを確立する法案「Assembly Bill 2269」に署名することを拒否した。
カテゴリー:

オーストラリア近海で「正体不明の深海ザメ」が釣り上げられる - 09月26日(月)12:00 

先日、オーストラリア沖の海底から、不気味な笑みを浮かべた正体不明の深海ザメが引き揚げられました。 個体はすでに死んでいるものの、黒色のザラザラした皮膚に、大きなギョロ目と出っ張った歯が、まるでニタリと笑っているかのような表情を作り出しています。 最大の謎は、このサメが既知のどの種に属するのか不明であることです。 画像を見たサメの専門家の間でも、意見の一致が見られておらず、新種の可能性もあるという。 一体、このサメは何者なのでしょうか? 目次 沖縄にも生息するアイザメ科の一種か? 沖縄にも生息するアイザメ科の一種か? 正体不明のサメは、今月12日、トラップマン・バーマグイ(Trapman Bermagui)という名前で活動している釣り師の男性により、オーストラリア南東・ニューサウスウェールズ沖の水深約650メートルから釣り上げられました。 その後、バーマグイ氏が自身のFacebookにサメの画像を掲載したことで、一気に世界中の人々の注目を集めています。 コメント欄では、このサメがどの種に属するかについて、様々な推測が寄せられました。 その中で最も多かったのは、ダルマザメ(学名:Isistius brasiliensis)です。 ダルマザメは、世界中の熱帯〜亜熱帯エリアの深海に分布しており、確かに今回のサメと同じように、大きなギョロ目を持っています。 しかし、歯や顔の形など、そ...more
カテゴリー:

米カリフォルニア州のセブン・イレブンにクマが来.. - 09月26日(月)06:30 

米カリフォルニア州のセブン・イレブンにクマが来店し、入口付近に陳列されていたお菓子を万引きするという出来事が起きた。レジ係をしていたクリストファー・キンソンは、「本当に驚きましたよ。ドアが開いたと思ったら熊が入って来たんですから」と話す。
カテゴリー:

米テキサス州、エネルギー企業ボイコットの金融機関10社公表。州ファンドのダイベスト対象に - 09月25日(日)17:52 

米テキサス州のグレン・ヘガー州財務長官は8月24日、エネルギー企業への投融資をボイコットしていると判断した金融機関10社を公表した(*1)。年金基金など同州の政府系ファンドを通じたダイベストメント(投資撤退)の対象となる。 同州が公表した金融機関10社は、米資産運用会社ブラックロック(ティッカーシンボル:BLK)に加え、BNPパリバ(BNP)やクレディスイス(CSGN)といった欧州の金融機関9社となる。フィデリティやバンガードなどが組成した約350ファンドのリストも公表しており、同様にダイベストメントの対象になる。 ヘガー財務長官は22年3月、米国で最大の石油・ガス生産を誇るテキサス州のエネルギー産業を脅威にさらす金融機関を公表すべく、調査を行っていることを明らかにした。米エネルギー情報局(EIA)によると、同州は21年に米国の石油生産の43%、天然ガスの25%を生産したという。また、31ヶ所の製油所をもち、国の精製能力の32%をしめ、もっとも多くの製油所と精製能力をほこる。 ヘガー財務長官は「金融の世界におけるESG(環境・社会・ガバナンス)は不明瞭であり、株主にとって最善の利益となる決断をくださず、社会や政治課題解決を促進するために、その影響力を行使している」と述べた(*1)。一方、ブラックロックはテキサス州のエネルギー企業に1,000億ドル(約14兆3,000億円)超投じてお...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる