「カタルシス」とは?

関連ニュース

フローティング・ポインツが語る「日本のこと」「自身のルーツ」「『Crush』のテーマ」 - 10月19日(土)22:00 

10月18日、ついにFloating Points(フローティング・ポインツ)のニューアルバム『Crush』が発売された。サミュエル・シェパードがクリエイトする音楽は、ダンスミュージックにカテゴライズされるものだけど(実際に踊れるし)、それ以上の魅力があると思う。とっても知的で洗練されていて、クレイジーでもある。それはサム自身のパーソナルな部分が関係しているのかもしれない。電子音楽家であり、DJであり、彼は神経科学のサイエンティストであり、そして陽気でおしゃべりな人でもあります(音だけ聞いてると寡黙な人だと思うよね?)。つまり、とても興味深い人物だ。サマーソニック出演のために来日していたフローティング・ポインツことサミュエル・シェパードにインタビュー!「日本でのライブは、他の国と違う」〜サマーソニックを終えて〜ベンサマーソニックの出演、お疲れ様!フェス自体の感想から聞きたいな。サム最高だった。めちゃくちゃいいイベントだったよ、とくにサカナクションが印象に残ってる。何について歌っているのかわからないブラジルの曲を聞くときみたいに、歌詞が全く理解できない曲聞くのは僕にとってエキサイティングなことなんだ。ただ、周囲の日本人に聞いてみたんだけど、サカナクションの歌詞はすごくいいらしいね。難解というより、意味が深いってみんなが言っているのを聞いて、より興味を持ったよ。ベンは日本語ができるんだ...more
カテゴリー:

SEED全話観たんだけど正直感動した - 10月09日(水)00:11  news4vip

終わったあとのカタルシスがヤバい ...
»続きを読む
カテゴリー:

空の境界ってくそつまんなくね? - 10月04日(金)20:49  news4vip

ステイナイト好きだから読んだけどマジで話がよくわからん 自己完結してる設定集みたいな話 ピンチを脱したり、悲惨な奴が強大そうな敵に一矢報いたり、悪人じゃない奴を殺すことになったりなんか壮絶なことやってるはずなのに、不思議なほどに爽快感もカタルシスも特にない これ好きな奴マジでいるの? ...
»続きを読む
カテゴリー:

『風ノ旅ビト』や『Sky』で知られる“thatgamecompany”設立者ジェノヴァ・チェン氏インタビュー。作品を作るうえで大切にしているのは“カタルシス” - 10月02日(水)11:00 

『風ノ旅ビト』や『Sky』で知られるゲームスタジオ“thatgamecompany”の設立者である、ジェノヴァ・チェン氏のインタビューをお届けする。
カテゴリー:

恋なんて、できないと思ってた「初恋、カタルシス。」20Pの描き下ろしを加え書籍化 - 10月19日(土)20:40 

鳩川ぬこ「初恋、カタルシス。」が、本日10月19日に発売された。
カテゴリー:

宇野維正が解説、『ゲーム・オブ・スローンズ』を新たな次元へと押し上げたミゲル・サポチニクという才能 - 10月08日(火)11:25 

『ゲーム・オブ・スローンズ』の魅力の一つは、いわゆる一般的なTVシリーズとは一線を画したショットのカタルシスにある。その立役者となったのが、シーズン5から参加したミゲル・サポチニク監督だ。この2010年代を代表するグローバルなメガ・コンテン・・・
カテゴリー:

『全員死刑』新鋭監督・小林勇貴が新たに放つ! クレイジー・パンク・バイオレンス・アクション! 映画『爆裂魔神少女 バーストマシンガール』 限界突破!パンチの効いた アクションカット8点解禁!! - 10月02日(水)18:00 

『全員死刑』新鋭監督・小林勇貴が新たに放つ! クレイジー・パンク・バイオレンス・アクション! 映画『爆裂魔神少女 バーストマシンガール』 限界突破!パンチの効いた アクションカット8点解禁!!たった一人の弟を殺された女子高生の壮絶な復讐劇を描いて、日本を飛び出してアメリカでも大ヒットを飛ばした伝説のカルト・ムービー『片腕マシンガール』(08・井口昇監督)を基に、まったく新しいストーリーと世界観で描くリブート作品『爆裂魔神少女 バーストマシンガール』が、11月22日(金)より、ヒューマントラストシネマ渋谷、シネマート新宿他での公開が決定!監督は、本物の不良少年たちを起用した問題作『孤高の遠吠』(15)で世間を騒がせ、間宮祥太朗主演の『全員死刑』(17)でメジャー映画デビューを飾り、今期のドラマイムズ「スカム」(MBS/TBS)の監督も務める、現在もっとも勢いがある新鋭監督、小林勇貴。原作にあった「グロテスクなスプラッター」や「ジャパニーズ・オタク・テイスト」を残しつつも、「不良感度満点のバイオレンス」、「一線を超えまくる描写」、「滅茶苦茶なようで実は痛快なカタルシス」、等々、小林勇貴ならではのヤバすぎる世界が炸裂。優等生的作品が多い昨今の日本映画界にケンカを売るような、伝説の『狂い咲きサンダーロード』を彷彿とさせる、パンクでクレイジーな傑作が令和の時代に誕生した。近未来、日本の何処か...more
カテゴリー:

【音楽】 AKB48、総選挙なしでも初週100万枚突破継続中 原点回帰した 「サステナブル」を分析 - 09月29日(日)09:16  mnewsplus

MVの中でAKB48の歴史を振り返りつつ、17歳の矢作萌夏をセンターに置くことで 驚くほど若返っている印象を受けるのが、AKB48の「サステナブル」です。 2019年9月30日付のオリコン週間シングルランキングで、AKB48の「サステナブル」は、初週138万枚を売り上げて1位を獲得しました。 AKB48が初週で100万枚を超えるのはいつまで続くのだろうと思いもしますが、総選挙がなくても100万枚を超え続けています。 MVを見ると、制服を着たメンバーが緑の中を自転車で走ったり、ソフトクリームを食べたりしていて、 思わず「普通のアイドルみ...
»続きを読む
カテゴリー:

「カタルシス」の画像

もっと見る

「カタルシス」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる