「カザフスタン」とは?

関連ニュース

シニア夫婦が巡った世界100カ国の旅行記『ジジ&ババの何とかかんとか!100カ国制覇 好奇心のおもむくままに』、2020年7月7日発売開始(牧歌舎)、1,600円(+税)。 - 07月07日(火)12:00 

旅を可能にするのは、お金、時間、健康(体力)、家庭環境、気力の5つの要素、この内の気力こそが自分を旅に誘う原動力、そしてその源は好奇心に他ならない。旅に出て初めて己がわかり、予定調和でない意外性に遭遇するとき、思わぬ感動に包まれる。そんな「掘り出し物」を期待して、好奇心が刺激される旅を、気力の限り、続けたい。(本文より) 17年間で、ヨーロッパ34カ国、中近東・アジア29カ国、オセアニア・南北アメリカ24カ国を制覇。前半50カ国はダイジェストで、後半50カ国は15回の旅ごとに、見聞きした現地の生情報や痛快なエピソードなど旅の醍醐味の数々を紹介。肌で感じた臨場感と深い洞察から導かれた著者ならではの世界観・人生観が、軽快なタッチで綴られた紀行の行間から滲む。ルート図、旅程付きなので、旅の道標、心得としても十分可能。目次まえがき1 50カ国ダイジェスト(二〇〇三年一一月一九日~二〇一五年四月六日)虐(しいた)げられし人々の暮らす平原(二〇一五年六月二九日~七月八日)-フィンランド(二回目)・エストニア・ラトビア・リトアニア・ポーランド-2 民族の誇りと確執(二〇一五年九月二四日~一〇月一日)-アゼルバイジャン・ジョージア(グルジア)・アルメニア-3 仏陀を祀(まつ)る国々を巡る手作りの旅(二〇一五年一二月四日~一二月一三日)-タイ・ミャンマー・ラオス-4 北欧のロマンに満ちた列車と船の旅...more
カテゴリー:

サシャ・バロン・コーエン、極右集会に潜入しドッキリ敢行 - 07月01日(水)11:00 

「ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習」や「ブルーノ」などの社会派ドキュメンタリーコメディで知られる英コメディアンのサシャ・バロン・コーエンが、またしても体当たり取材を成功...
カテゴリー:

ジンコソーラー、チリ初の産業用ハイブリッド型メガソーラー に60.9MWの両面発電モジュールを供給 - 06月29日(月)13:00 

2020年6月22日、日本初の年間出荷量がGWを超えた太陽光発電会社ジンコソーラー(NYSE:JKS)は、チリ初の産業用ハイブリッド型メガソーラーに60.9MWの両面発電モジュールを提供すると発表した。同発電所はアントファガスタ州カラマ市外でおよそ10キロメートルに位置し、発電設備容量60.9 MWの太陽光発電所と90 MWの風力発電所を併設したハイブリッド型発電所である。約15万4710枚のジンコソーラー両面発電モジュールを採用する同発電所は、2021年初に完成するという、年間発電量は約184MWhを見込む。ジンコソーラーのラテンアメリカ地域ゼネラルマネージャー・Cuterは「同発電所はラテンアメリカ初の、ジンコソーラーの透明バックシート両面発電モジュールを取り付ける発電所です。チリはラテンアメリカのメガソーラーの最大市場で、ジンコソーラーは現地で高品質モジュールを広めて、ラテンアメリカの再生可能エネルギー事業をサポートしています。ジンコソーラーの両面発電モジュールは従来のモジュールに比べて太陽光発電の「LCOE(均等化発電原価)」を大幅に低減しました。今後数ヶ月間、ジンコソーラーはチリで、より多くの両面発電モジュールを販売する予定です。」と語った。ジンコソーラー(JinkoSolar Holding Co., Ltd.)についてジンコソーラー(NYSE: JKS)は太陽光発電産...more
カテゴリー:

【コレクション・リポート】中央アジア最大のファ.. - 06月26日(金)18:35 

【コレクション・リポート】中央アジア最大のファッション・ウィークをリポート カザフスタンの大自然と食を楽しむ旅
カテゴリー:

【コレクション・リポート】中央アジア最大のファ.. - 06月24日(水)13:50 

【コレクション・リポート】中央アジア最大のファッション・ウィークをリポート カザフスタンの大自然と食を楽しむ旅
カテゴリー:

ジンコソーラー182セル標準サイズの580W「Tiger Pro」モジュール日本発表 - 07月02日(木)09:00 

6月30日、ジンコソーラー新製品オンライン発表会が成功的に開催された。今回はジンコソーラー初の試みであるオンラインセミナーである。セミナーでは、ジンコソーラーは標準化182mm×182mmの「Tiger Pro」モジュールを発表した。「Tiger Pro」シリーズは、マルチバスバーとタイリングリボン(Tiling Ribbon)技術の基に研究開発され、変換効率21.21%、最大出力が580Wに達した。「Tiger Pro」の182セルのデザインが物流、設置、高効率の保証など方面でも業界の発展の傾向である。それ以外、ジンコソーラーは両面発電モジュールの理想的な設置方法についても詳細に紹介し、「最大580Wの高出力新製品は日本グリッドパリッティ時代の到来を推進できる」と表示した。「Tiger Pro」シリーズは業界チェーンで非常に高い互換性を持っている。中国青海省海南のプロジェクトではジンコソーラーのTigerモジュールを採用され、従来のソリューションと比較すると、 単位時間では3.67%高くなる。太陽光発電市場の変化と長期展望について、2032年「卒FIT」急拡大問題や電気料金の上昇など長期的な市場環境の変化と伴って、再エネ電力の価値上昇することや非住宅「卒FIT」急拡大、自家消費が一層拡大することも予想できる。産業界では、出力や変換効率の向上することも市場の需要となる。「ジンコソー...more
カテゴリー:

Narkasaでは、投資家が希望の通貨で仮想通貨を購入可能 - 07月01日(水)10:01 

イスタンブール--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 世界の仮想通貨市場は現在2650億ドルに迫る価値を持ち、毎日700億ドル近い取引が実行されています。一方、仮想通貨トラッカーのCoinmarketcapによると、世界で現在314カ所の仮想通貨取引所が運営されています。しかし、このような取引所のほとんどでは、仮想通貨を購入するために米ドルかユーロしか使用することができません。 しかし、イスタンブールの仮想通貨取引所であるNarkasaでは、そうではありません。投資家は、いくつもの通貨で仮想資産を購入することができます。さらに、この新たなサービスでは、立ち上げから90日以内に実行されたすべての取引で手数料を50%割引にするキャンペーンを行っています。 「世界各地の156種類の通貨」 12言語で最先端のテクノロジーとサービスを提供するNarkasaは、いくつもの通貨で迅速かつ安全に仮想通貨取引を行うプラットフォームを投資家に提供しています。「ドルとユーロに加え、Narkasaはロシア・ルーブル、ウクライナ・フリヴニャ、ブラジル・レアル、カザフスタン・テンゲ、トル
カテゴリー:

鳥はなぜ酸素の薄いエベレストを越えて飛べるの? - 06月28日(日)12:00 

Credit:depositphotos point 鳥は哺乳類には無い効率的な呼吸器系をもっている 恐竜も鳥類と同じ呼吸器系をもっていた この特別な呼吸器系のおかげで恐竜は大きな体を維持でき、鳥類は上空飛行できる インドガン(Anser indicus)はカモ目カモ科マガン属に分類される鳥類です。夏はカザフスタンやモンゴルで過ごし、冬になるとインドへと南下し超冬することで知られています。 しかし、カザフスタンとインドの間には世界で最も高いヒマラヤ山脈があります。しかし毎年、何百万ものインドガンたちがヒマラヤ山脈を越えて移動しています。 彼らの上空飛行を可能にしているのは、鳥類が持つ特別な呼吸器系です。 科学・文化・哲学情報を提供する「NAUTILUS」は、鳥類の呼吸器系の特異性とそのシステムの獲得に至った経緯を考察しています。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 鳥類の特別な呼吸器系 世界で最も高い山であるエベレストは8848mにもなります。山頂での酸素は地上の3分の1であり、熟練の登山家でも酸素ボンベを必要とします。 普通の人がいきなりこの状態にさらされると、2~3分で意識消失すると言われています。当然、その場所で運動することなどできないでしょう。 インドガン/Credit:de...more
カテゴリー:

【コレクション・リポート】中央アジア最大のファ.. - 06月26日(金)08:20 

【コレクション・リポート】中央アジア最大のファッション・ウィークをリポート カザフスタンの大自然と食を楽しむ旅
カテゴリー:

ユニバーサル、ティムール・ベクマンベトフ監督の“スクリーンライフ”映画を5本獲得 - 06月23日(火)15:00 

米ユニバーサル・ピクチャーズが、カザフスタン出身のティムール・ベクマンベトフ監督の制作会社Bazelevsが手がける“スクリーンライフ”映画を5作品獲得する契約を締結したと、米Deadlineが...
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「カザフスタン」の画像

もっと見る

「カザフスタン」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる