「カオスマップ」とは?

関連ニュース

Web会議&Web面接システム解説、カオスマップでわかる法人向けビデオ通話サービスの今 - 11月22日(金)06:40 

働き方改革の一環として、多くの企業が柔軟な働き方ができる環境の整備に取り組んでいます。それを実現するツールの1つとして、導入が進んでいるのがWeb会議やWeb面接などの法人向けビデオ通話サービスです。Web会議・Web面接の各サービスにはどんな特長があるのか。また今後、どのような方向に進化していくのか。Web面接システムを開発・販売しており、「法人向けビデオ通話サービス カオスマップ」を発表したスタジアム社 執行役員 前澤 隆一郎氏が解説します。
カテゴリー:

会議を効率化する“ミーティングテック”のカオスマップが公開 - 11月20日(水)09:30 

「会議を成果が生まれる時間に変える」クラウドツール「Savetime」を提供するマキナは11月20日、ミーティングの効率化などに関するテックをまとめた「ミーティング・テック カオスマップ 2019」を公開した。このカオスマップでは「Google Calendar」、「Otter.ai」から「調整アポ」まで国内外のプロダクトが幅広く紹介されている。 マキナいわく、Savetimeのような「会議プロセス全体を支援し、生産性を高めるサービス」は近年増えてきてはいるものの、このカテゴリーには支配的な製品や仕組みが存在せず、サービスによってアプローチの仕方は様々。Savetimeと似たような「会議プロセス改善」のためのプロダクトとしては、HugoやHumble Dot、SmartHR子会社のSmartMeetingが紹介されている。 5Gの普及によってさらに増加すると考えられるオンラインミーティングの領域には、定番の「Zoom」や「Skype」はもちろん、VRを用いたミーティングを実現する「NEUTRANS BIZ」も含まれている。 音声認識の領域ではお馴染みのOtter.aiや、ミーティングの録音からタスクの作成までを自動化する「Voicea」、議事録を自動作成した上で要約まで作成する「Reason8」などが紹介されている。だがこれらが対応しているのは英語。マキナいわく、日本語では「複数...more
カテゴリー:

「カオスマップ」の画像

もっと見る

「カオスマップ」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる