「カオスマップ」とは?

関連ニュース

子育Tech委員会が子育て領域サービスをまとめた「子育Techサービスカオスマップ(2020年版)」を公開 - 07月29日(水)10:58 

「子育Tech委員会」(こそだてっく いいんかい)は7月29日、子育てにまつわるサービスをまとめた「子育Techサービスカオスマップ(2020年版)」を作成・公開した。合計57サービスを6つのカテゴリーに分類し掲載している。 女性のキャリア進出・核家族化・共働き家族の増加に伴い、昨今、新しい子育てのあり方が問われている。。そのような社会を背景に、テクノロジーを用いた子育てサービスが様々な分野で誕生し日本の子育てを支えたいと取り組んでいるという。 そこで子育Tech委員会では、子育てにまつわるサービスについて、合計57サービス・6カテゴリーに分類した「子育てTechカオスマップ」を作成した。なお同マップは、ロゴの大きさや配置など業界規模やシェアとは関係性はないとしている。 アルバム・写真関連: 家族や子どもの写真関連サービス 医療・サービス: 家族や子どもの心身の健康をサポートするサービス IoT/AI: インターネット・AIを用いた育児関連サービス メディア: 育児に役立つコンテンツ配信メディアサービス SNS/コミュニケーション: ママ同士のコミュニケーションサービス ツール(記録管理・サービス): 赤ちゃんのお世話や子供の教育に関するサービス 子育Tech委員会は、カラダノートが発起人となり、2018年5月に発足した有志組織。2020年7月現在の参画企業は、カラダノート、フ...more
カテゴリー:

AIポータルメディア「AIsmiley」がAIアノテーションカオスマップ2020を公開 -AIモデル開発をしたい方必見、最適なアノテーションサービスが見つかる- - 07月14日(火)10:00 

人工知能を搭載したサービスの資料請求ができるAIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリー(東京都渋谷区、代表取締役:板羽晃司)は、アノテーションのサービス、ツールをまとめた「 AIアノテーションカオスマップ2020」を2020年7月14日に公開しました。掲載数は合計64サービス。■アノテーションとは?アノテーションとはデータにタグを付ける作業のことです。AI開発には、画像、音声、テキストなど様々な形式のデータが用いられますが、何の処理や加工も施されていないデータを機械学習アルゴリズムに放り込んでも、学習は一向に進みません。データにタグをつける(=データに対して意味、注釈をつける)ことにより、機械学習ではそのデータにある特徴や法則を自動的に見つけ出し、未知のデータに対する回答や、これから先のデータ予測などができるようになります。アノテーションとはいわば、「機械学習における不可欠な前処理」と言うことができるでしょう。■AIアノテーションカオスマップ作成の背景近年、アノテーション関連サービスを提供している企業も多くなってきています。人材を提供するサービスが一般的ですが、専用ツールを販売したり、その両方を提供したりする企業も多くなってきている印象です。AIの活用が一般的になりつつある現代だからこそ、ぜひこの機会にアノテーション関連サービスにも目を向けてみてはいかがでしょ...more
カテゴリー:

AIポータルメディア「AIsmiley」がAIアノテーションカオスマップ2020を公開 -AIモデル開発をしたい方必見、最適なアノテーションサービスが見つかる- - 07月14日(火)10:00 

人工知能を搭載したサービスの資料請求ができるAIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリー(東京都渋谷区、代表取締役:板羽晃司)は、アノテーションのサービス、ツールをまとめた「 AIアノテーションカオスマップ2020」を2020年7月14日に公開しました。掲載数は合計64サービス。
カテゴリー:

「カオスマップ」の画像

もっと見る

「カオスマップ」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる