「オンライン通販」とは?

関連ニュース

BOSE、直営店119店を閉鎖へ オンラインに軸足移行 - 01月17日(金)12:35 

米音響機器大手BOSEは17日までに、オンライン通販への軸足の移行を理由に、世界の直営小売店119店を閉鎖する方針を明らかにした。 BOSEによると、閉鎖されるのは北米や欧州、日本、オーストラリアの店舗。中国やアラブ首長国連邦(UAE)、インド、一部のアジア諸国にある約130店については営業を続ける。 BOSEは閉店の理由について、顧客はオンラインで製品を購入していることから、実店舗は必要ない...
カテゴリー:

メルカリで後払いサービスを悪用した詐欺発生。「損害賠償も」とPaidy側 - 01月15日(水)15:52 

 フリマアプリ「メルカリ」で今、トラブルが発生している。それはオンライン通販の後払い決済サービスを悪用した詐欺で、購入者は出品者への代金の他、決済サービスへの支払いを強いられてしまう仕組みだ。SNSでは「詐欺に遭った」と […]
カテゴリー:

App Annieが2019年のモバイルアプリをレポート、総売上13兆円超、ダウンロード2040億回 - 01月16日(木)18:00 

2019年のモバイルアプリの利用状況についてのレポートが発表された。ダウンロード総回数は新記録となる2040億回で対前年比6%のアップ、2016年と比較すると45%アップ。売上はアプリ本体価格、サブスクリプションなどのアプリ内課金を含めて1200億ドル(約13兆2000億円)だった。ユーザーは平均して毎日3.7時間を費やしていた。 この数字は「モバイルの現状」(State of Mobile)と題するApp Annieのレポートによるものだ。以下、いくつかのトレンドと将来予測をハイライトしてみよう。 同社によれば、2019年のモバイルアプリの利用拡大は主としてインド、ブラジル、インドネシアなどの人口の大きい新興市場の急成長によるものだという。これらの市場のダウンロード数は2016年と比較してインドが190%、ブラジルが40%、インドネシアが70%アップとなっている。中国の成長は80%だった。一方、米国におけるダウンロード数の伸びは5%と鈍化している。 しかし成熟市場のユーザーがアプリのダウンロードを止めたわけではないのはもちろんだ。対前年比の伸び率が低下したに過ぎない。 成熟市場には依然巨大なダウンロード数があり、2019年には米国だけで123億回、日本で25億回、韓国で20億回のダウンロードが記録されている。App Annieのダウンロード回数には再インストール、同一アプリのア...more
カテゴリー:

「オンライン通販」の画像

もっと見る

「オンライン通販」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる