「オリンピック憲章」とは?

関連ニュース

【ネトウヨ対策】東京都 ヘイトスピーチ対策、公的施設の利用制限案を提示 - 01月13日(日)16:03  seijinewsplus

 ヘイトスピーチ対策などを盛り込んだ東京都の条例に基づく初めての審査会が9日、都庁で開かれた。ヘイトスピーチを防ぐため、どのような場合に都の施設の利用を制限できるかなどを議論。今年度中に施設の利用制限の基準を定める予定で、条例は4月から全面施行される。  「都オリンピック憲章にうたわれる人権尊重の理念の実現を目指す条例」で、昨年10月に成立した。都立公園の施設やホールなどの利用を事前に制限できるようにしたのが特徴だが、具体的な基準は決まっておらず、課題となっていた。  審査会は大学教授や弁護...
»続きを読む
カテゴリー:

電通ダイバーシティ・ラボが「LGBT調査2018」を実施 - 01月10日(木)16:15 

2019年1月10日 株式会社電通 電通ダイバーシティ・ラボが「LGBT調査2018」を実施― LGBT層に該当する人は8.9%、「LGBT」という言葉の浸透率は約7割に ― 株式会社電通(本社:東京都港区、社長:山本 敏博)においてダイバーシティ&インクルージョン領域に対応する専門組織「電通ダイバーシティ・ラボ」(以下「DDL」)は、2018年10月に全国20~59歳の個人60,000名を対象に、LGBTを含む性的少数者=セクシュアル・マイノリティ(以下「LGBT」層)に関する広範な調査を行いました。その結果、LGBT層に該当する人は8.9%、「LGBT」という言葉の浸透率は68.5%となりました。加えて今回の「LGBT調査2018」では、LGBT層に対する性別・年代別の好意・容認度の傾向や職場の環境、メディアの影響力、行政による制度づくりに対する意見などについても聞いています。当社は2012年と2015年にもLGBT調査を実施していますが、今回は国際的な大型スポーツ大会を目前に、東京都でもSOGI(Sexual Orientation Gender Identity:性的指向、性自認)に関する差別を禁止する条例が制定され、各職場での理解促進や制度づくりが進んでいるという実情を踏まえ、新たに調査を実施することにしました。 本リリースでは、本調査で得られたファインディングスの一部を...more
カテゴリー:

山本太郎「嘘と利権と人権侵害の東京オリンピックは返上すべき!」 内閣委員会でJOC竹田恆和に追及(2016年) - 01月12日(土)21:48  poverty

2016.5.31内閣委「2020年 東京オリ・パラ特措法一部改正案」~嘘と利権と人権侵害の東京五輪は返上すべき!! https://blogos.com/article/177776/ ○山本太郎 ありがとうございます。生活の党と山本太郎となかまたち共同代表の山本太郎と申します。 東京オリンピック・パラリンピック特別措置法改正案について質問いたします。 招致疑惑でかなりお疲れではないでしょうか。JOC竹田会長に質問したいと思います。今日はこの後ヨーロッパに旅立たれるということで、急遽スケジュールを変更して来ていただいて、ありがとうございま...
»続きを読む
カテゴリー:

オリンピック憲章に係る条例 公施設利用制限基準案募集 - 01月10日(木)15:58 

東京都オリンピック憲章にうたわれる人権尊重の理念の実現を目指す条例第11条に規定する公の施設の利用制限に関する基準案(以下「基準案」といいます。)(別紙について、広く都民の皆様からの意見を募集します。
カテゴリー:

「オリンピック憲章」の画像

もっと見る

「オリンピック憲章」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる