「オプション取引」とは?

関連ニュース

楽天証券を利用するメリット・デメリットは?手数料の他社比較も - 07月08日(水)11:43 

現在、多くのネット証券会社がサービスを提供しています。ネットショッピングモールやクレジットカード、携帯電話などさまざまな事業を手掛ける楽天が運営している「楽天証券」もその一つです。 今回は、楽天証券の評判や利用するメリット・デメリットなどを紹介します。また、他のネット証券とどう違うのか比較もしますので、証券会社選びの参考にしてください。 目次 楽天証券とは 楽天証券で利用できるサービス 楽天証券を利用するメリット 3-1.取り扱う金融商品が豊富である 3-2.ポイントプログラムが充実している 3-3.他の楽天グループとお得に連携できる 3-4.業界トップクラスの手数料の低さ 3-5.投資に関わる情報やコンテンツが豊富 3-6.取引ツールが充実している 楽天証券を利用するデメリット 4-1.IPO投資では他の証券会社に分がある 4-2.外国株の取り扱いが他の証券会社より少ない 4-3.対人相談はできない 4-4.投資には通常ポイントしか使えない 楽天証券と他のネット証券との手数料の比較 5-1.1回ごとに発生する国内株取引手数料 5-2.定額制の国内株手数料 まとめ 1.楽天証券とは SBI証券のウェブサイトを見る 楽天証券は、楽天市場や楽天モバイルなどでおなじみの「楽天グループ」のネット証券会社です。 顧客満足度を専門に調査する会社「J.D.パワー」による「2019年個人資産...more
カテゴリー:

【元トレーダーが解説!】仮想通貨FXで大事なファンダメンタルズ分析 - 06月26日(金)10:57 

証券会社を経て、仮想通貨(暗号資産)取引所でトレーディング業務に従事した後、現在は独立して仮想通貨取引プラットフォームのアドバイザリーや、コンテンツ提供事業を運営する中島翔氏のコラムを公開します。 目次 仮想通貨FXでファンダメンタルズ分析を行う前にチェックすること コロナショック後に高まった株価との相関性について 経済環境や政策を理解してからビットコイン価格を分析する 仮想通貨市場の中で見るべき3つのポイント 4-1. 半減期 4-2. オプションSQ 4-3. 仮想通貨の規制関連ニュース 金融市場のファンダメンタルズ分析に対応していく 仮想通貨(暗号資産)のマーケットでは取引参加者が個人投資家から機関投資家まで幅広く増えてきました。その動きの中で暗号資産のマーケットが単独で動いていた時代から現在は伝統的なアセットクラスの資産に関係しながら動いている場面が増えています。 仮想通貨FXを行う上では短期売買から数週間から長くても1ヶ月程度の売買を行うことになる投資家が多いかと思いますが、ここでは仮想通貨FXを行う上でトレーダー目線から大事な点を解説したいと思います。 短期売買だからといってニュースから相場を考える必要はないというわけではありませんので、そこを留意して読み進めてください。 ①仮想通貨FXでファンダメンタルズ分析を行う前にチェックすること 仮想通貨FXのファンダメンタ...more
カテゴリー:

なぜ20歳の若者に100万ドル近い取引ができたのか…株取引アプリのユーザーが損失を苦に自殺 - 06月23日(火)10:45 

その学生の死は、ハイリスクなオプション取引を簡単できるようにすることの危険性を表している。
カテゴリー:

bitFlyer(ビットフライヤー)からビットコインを「送金」する方法をご紹介 - 07月02日(木)19:38 

仮想通貨(暗号資産)投資を始めようという時に、どの取引所を利用するかは判断しにくいと思います。国内で多くのユーザーを抱えるbitFlyerは、仮想通貨取引を始めるのにうってつけのサービスが揃っている仮想通貨取引所です。 bitFlyerのビットコイン取引サービスは国内でも高い人気がありますが、市場全体に目を向けると仮想通貨(暗号資産)の運用方法には多くの選択肢があります。そのため、ユーザーの中にはbitFlyerで購入したビットコインを別の企業に送金してレンディング(貸暗号資産)に回したり、別の取引所でしか利用できない銘柄(XRP/JPY、MONA/BTCなど)でトレーディングをする、などで運用している人もいます。 ビットコイン投資の初心者にとって、初めての送金作業は緊張するものです。ビットコインのネットワークはbitFlyerが管理している訳ではないため、送金先アドレスの入力を間違えると取り返しがつかない場合もあり、細心の注意が必要です。そこで今回はbitFlyerで取得したビットコインを別の場所へ送付する方法についてご説明します。 ①ビットフライヤーの3つのポイント bitFlyerは、株式会社bitFlyerが運営する仮想通貨(暗号資産)取引所です。国内の主要メガバンクやベンチャーキャピタル(SMBCベンチャーキャピタル、みずほフィナンシャルグループ、三菱UFJキャピタル等...more
カテゴリー:

仮想通貨市場に警戒感 10億ドルビットコインオプション取引が満期日に - 06月26日(金)08:39 

6月26日の金曜日ビットコイン(BTC)の10億ドル(約1060億円)分のオプション取引が満期日を迎える。過去30日間ビットコイン相場にははっきりしたトレンドはみられておらず、明日の一大イベントを前に不安を募らせる投資家も多いだろう。
カテゴリー:

「オプション取引」の画像

もっと見る

「オプション取引」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる