「オフィスワーカー」とは?

関連ニュース

米国において商業施設事業を開始 - 02月18日(火)14:03 

2020年2月18日 大和ハウス工業株式会社 代表取締役 芳井敬一 大阪市北区梅田3-3-5 米国において商業施設事業を開始  大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:芳井敬一)は、アメリカ合衆国(以下、米国)において、商業施設事業を開始しました。  その第一弾として、当社はカリフォルニア州アーバイン市内の商業施設「TRADE(トレード)」を取得し、運営管理を開始しました。  「トレード」の運営管理は、現地法人のDaiwa House Texas Inc.(ダイワハウステキサス)を通じて行うもので、管理運営は全米大手の不動産会社Lincoln Property Company グループ(以下、リンカーングループ)に委託しました。  今後、当社は米国において、現地法人を通じて商業施設や賃貸用不動産などを購入・開発するとともに、当社グループのスタンレーマーチン社の戸建住宅事業を合わせ、2022年3月期に売上高1,550億円を予定しています。  また、現在展開しているASEAN、オーストラリアなどでの事業を発展させ、2022年3月期に海外売上高全体で4,000億円を目指します。 ●ポイント 1.日本食レストランや美容系サービスなどの店舗が入居する商業施設 2.徒歩圏内のオフィスワーカー及び近隣住民が対象 3.人口増加が著しいカリフォルニア州オレンジ郡アーバイン市 4....more
カテゴリー:

アーバンリサーチ×ファミリーマート 新業態オープン - 02月12日(水)06:26 

 アーバンリサーチは、ファミリーマートとフランチャイズ契約を結んだ新業態「アーバン・ファミマ‼」を12日、東京・虎ノ門ヒルズビジネスタワー2階にオープンする。オフィスワーカー向けのコンビニエンスストア「ファミマ‼」...
カテゴリー:

ファシリティ管理・働き方改革を支援するオフィス家具IoTサービスモデルの開発 - 02月05日(水)15:00 

2020年2月5日 株式会社オカムラ ファシリティ管理・働き方改革を支援する オフィス家具IoTサービスモデルの開発 オフィス家具の設置場所・使用頻度のデータ化で企業の戦略的なファシリティマネジメントを推進 マイクロソフトのクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」とサトーのセンサーを活用して連携 2020年2月、株式会社オカムラ(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:中村 雅行、以下オカムラ)は、「IoT」技術を用いて、オフィス内における家具の設置場所・使用頻度をセンシングしデータ化、蓄積・分析したデータに基づいた戦略的なファシリティ投資につながる新しいサービスモデルの開発に着手します。このサービスは、日本マイクロソフト株式会社(本社: 東京都港区、代表取締役 社長:吉田 仁志、以下日本マイクロソフト)のクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」と、株式会社サトー(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:小沼 宏行、以下サトー)のセンサーを活用し、各社と連携して展開します。 サービスモデルの開発にあたり、「未来のオフィス空間」を実現していくための会員型コワーキングスペース「point 0 marunouchi」での実証実験を2020年中に行い、2021年からのサービス提供を目指します。 近年、働き方改革やデジタルトランスフォーメーションの推...more
カテゴリー:

家具屋さんに教わった“作業椅子を選ぶポイント”が参考になりすぎると話題 - 猫背をさける方法など3つ - 01月30日(木)10:36 

デザイナーで広告漫画家の有柚まさきさん(@m_msak7)が大手家具店で教わったという“作業椅子を選ぶポイント3つ”。正しく座るための姿勢、猫背にならないためのポイント、肘(ひじ)置きの正しい使い方などが分かりやすく図解されていて、オフィスワーカーの皆さんにも参考になる内容でした。
カテゴリー:

お前ら和製英語を何個知ってる?wwww - 02月13日(木)02:02  livejupiter

サラリーマン→オフィスワーカー アルバイト→パートタイムジョブ レジ→キャシア ファックス→ファクシミリ ノルマ→クウォタ サービス→フリー オブ チャージ ネームカード→ビジッティンカードゥ グランドオープン→グランドオープニング バーゲンセール→セール ベテラン→エキスパート テリトリー→スペシャルティー ベースアップ→ペイレイズ パワハラ→アビュース オブ オーソリティ セクハラ→セクシャル ハラスメントゥ ガードマン→セキュリティガードゥ コストダウン→コストリダクション アフターサービス→アフターセールス...
»続きを読む
カテゴリー:

世界初!AIが「年収を上げる」食事をアドバイスするサービスが本格スタート - 02月12日(水)06:00 

年収アップは食事から。健康意識の高いオフィスワーカーにおすすめの、新サービスをご紹介したい。1月末に本格スタートした「WorkUp AI」というサービスは、PCにダウンロードした専用アプリが、PCカメラ、キーボード、マウスを通して、「キーボードのタイプ数」「マウスカーソルの移動距離」「保存したファイル数」「プログラムの切り替え数」「パソコンの前にいる時間」「笑顔の回数」などを自動的に測定し、利用者のワークパフォーマンスを数値化、見える化。AIが独自のメソッドにより、パフォーマンス向上・生涯年収向上に必要な栄養素を含む食生活のアドバイスをおこなうというものだ。気になるそのメソッドというのは、5,000名以上のデータと、食事と生活習慣についての50万通りの組み合わせにより、ディープラーニングと統計学的な解析手法を駆使したもの。さらに、利用者が各メソッドを取り入れた場合、生涯収入にどの程度影響するのかも具体的な金額で算出して提示してくれるという。昨年のβ版を経て、今回正式にサービスを開始するにあたり、週に2回、医師、管理栄養士など、約700人の専門家の知見をもとにAIが生成した日々のワークパフォーマンスについてのコメントや、選りすぐりの健康情報が「LINE」のメッセージとして届けられるようになった。これにより、習慣的・継続的に食生活の改善に取り組めるようサポートしてくれる仕組み...more
カテゴリー:

15億円超を調達したSpatialは没入的VR/ARでオフィスのバーチャル化を狙う - 01月31日(金)14:30 

VR/ARはまだ一般消費者向けプロダクトとしてはメインストリームとなっていないが、MR(混合現実)テクノロジーによってバーチャルオフィスを実現しようとするスタートアップが資金を調達することに成功している。 Spatialが提供するのは「ホログラフィック・オフィス」だ。これは共同作業のプラットフォームで 複数のオフィスワーカーが同一の3D仮想空間を共有し、人々をアバターで表示することにより少ないリソースで相手があたかも同じ部屋にいるような体験を可能にする。会話したり図表をバーチャルな壁に掛けて示すことも可能だ。いわばGoogle Hangoutや Zoomのバーチャル・リアリティー版というところだ。 以下のSpatioalの紹介ビデオは私が今月のCESで撮影したものだ。
カテゴリー:

「オフィスワーカー」の画像

もっと見る

「オフィスワーカー」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる