「オゾン」とは?

関連ニュース

「世界の乳酸エチル市場2022年-2031年:グレード別(医療、食品、技術、工業)」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました - 12月02日(金)14:30 

2022年12月2日株式会社マーケットリサーチセンタ-株式会社マーケットリサーチセンタ-(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「世界の乳酸エチル市場2022年-2031年:グレード別(医療、食品、技術、工業)」調査資料の販売を2022年12月2日に開始いたしました。乳酸エチル市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。■レポ-トの種類:グロ-バル市場調査レポ-ト■レポ-トのタイトル:世界の乳酸エチル市場2022年-2031年:グレード別(医療、食品、技術、工業)■英文タイトル:Ethyl Lactate Market (Grade: Pharma, Food, Technical, and Industrial) - Global Industry Analysis, Size, Share, Growth, Trends, and Forecast, 2022-2031■発刊日:2022年11月16日■出版社:Transparency Market Research(トランスペアレンシーマーケットリサ-チ)■レポ-ト形態:PDF(Eメ-ルによる納品)■主な掲載内容乳酸エチル市場は、生分解性、無毒性、低蒸発性、非腐食性、非オゾン破壊性などの特徴を持つことから、「グリーンソルベント」として世界的に注目されています。また、食品添加物として香料や香水の製造に...more
カテゴリー:

“オゾン除菌のプロフェッショナル”がお届けする オゾンミライ通信 No.3 2022年月11号 - 11月29日(火)14:00 

2022年11月29日 NEWS LETTER 株式会社タムラテコ “オゾン除菌のプロフェッショナル”がお届けする オゾンミライ通信 No.3 2022年11月号 < 12月は地球温暖化防止月間 > “オゾン”でサステナブルな衛生対策を ~急増する“コロナごみ”の実態や地球環境にやさしい“オゾン除菌”の仕組みを解説~    オゾン関連製品の専門メーカーであるタムラテコは、意外と知らないオゾンの基礎知識から、オゾンの身近な活用シーン、オゾン除菌の仕組みと効果まで、オゾンに関する情報をまとめてお届けしています。     環境省では、平成9年12月に京都で開催されたCOP3(気候変動枠組条約第3回締約国会議)を契機として、平成10年から12月を地球温暖化防止月間と定めています。2015年に国連で採択された「SDGs(持続可能な開発目標)」でも、目標13に「気候変動に具体的な対策を」を掲げており、地球温暖化に対する対策が急務になっています。そこで今回は、衛生対策と地球環境の関係性に着目し、“オゾン除菌“が地球温暖化対策のためにできることをご紹介します。       温室効果ガス排出量の現状  日本では、2...more
カテゴリー:

南極オゾンホール面積 南極大陸の約2倍に #日テ.. - 11月25日(金)20:12 

南極オゾンホール面積 南極大陸の約2倍に #日テレNEWS
カテゴリー:

愛する父の最後の願いは、安楽死を手伝うこと フランソワ・オゾン監督新作の予告&ポスター公開 - 11月25日(金)11:00 

フランスの名匠フランソワ・オゾンの新作で、第74回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に正式出品された「すべてうまくいきますように」の予告映像とポスタービジュアルが披露された。オゾン監督がフラ...
カテゴリー:

「デボン紀の大量絶滅」の原因は”木の根”だった!? - 11月16日(水)12:00 

今から3億年以上前の古生代・デボン紀では、海洋生物を中心に約8割の生物が絶滅したと考えられています。 その原因には、これまで「超新星爆発によるオゾン層破壊」説、「大規模火山の噴火」説などが挙げられてきました。 今回、アメリカの「インディアナ大学-パデュー大学インディアナポリス校(IUPUI)」地球科学科に所属するガブリエル・フェリッペリ氏ら研究チームは、新たに「木の根による藻類繁殖」説を発表。 当時起こった「木の根」の変化によって海へ栄養分が放出され、藻類が爆発的に繁殖。生物たちは酸素不足で絶滅してしまったというのです。 研究の詳細は、2022年11月9日付の科学誌『Geological Society of America Bulletin』に掲載されました。 目次 木が枯れると根から栄養分が放出されて「藻類が繁殖する」地球の「リン濃度の上昇」と「最古の森林の消失」 木が枯れると根から栄養分が放出されて「藻類が繁殖する」 過去、地球上では5つの大規模な大量絶滅があったと考えられています。 そのうちの1つは、約3億7400年前に発生した古生代・デボン紀の大量絶滅です。 この時までに、陸上には植物と昆虫が繁栄しており、海には多種多様な海洋生物が存在していました。 Credit:Joseph Smit(Wikipedia)_Devonian しかし、大量絶滅によって海洋生物の約8...more
カテゴリー:

「世界のスラックワックス市場2022年-2031年:グレード別(ライト、ヘビー)、用途別(パラフィンワックス、キャンドル製造、建築板材、その他)」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました - 11月29日(火)14:30 

2022年11月29日株式会社マーケットリサーチセンタ-株式会社マーケットリサーチセンタ-(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「世界のスラックワックス市場2022年-2031年:グレード別(ライト、ヘビー)、用途別(パラフィンワックス、キャンドル製造、建築板材、その他)」調査資料の販売を2022年11月29日に開始いたしましたスラックワックス市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。■レポ-トの種類:グロ-バル市場調査レポ-ト■レポ-トのタイトル:世界のスラックワックス市場2022年-2031年:グレード別(ライト、ヘビー)、用途別(パラフィンワックス、キャンドル製造、建築板材、その他)■英文タイトル:Slack Wax Market (Grade: Light Grade and Heavy Grade; Application: Paraffin Wax, Candle Manufacturing, Construction Boards, and Others) - Global Industry Analysis, Size, Share, Growth, Trends, and Forecast, 2022-2031■発刊日:2022年11月16日■出版社:Transparency Market Research(トランスペアレンシーマー...more
カテゴリー:

オゾンホール最大面積、過去10年で2番目 特殊な雲の発達で 気象庁 - 11月25日(金)21:31 

 気象庁は25日、南極上空でオゾンの量が極端に少なくなる現象「オゾンホール」の今年の最大面積が、10月5日に観測された2640万平方キロメートルだったと発表した。南極大陸の約1・9倍に相当し、過去10年のうちで2番目に大きい。
カテゴリー:

「世界のクロロメタン市場2022年-2031年:製品別(塩化メチル、塩化メチレン、クロロホルム、四塩化炭素)」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました - 11月25日(金)15:30 

2022年11月25日株式会社マーケットリサーチセンタ-株式会社マーケットリサーチセンタ-(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「世界のクロロメタン市場2022年-2031年:製品別(塩化メチル、塩化メチレン、クロロホルム、四塩化炭素)」調査資料の販売を2022年11月25日に開始いたしましたクロロメタン市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。■レポ-トの種類:グロ-バル市場調査レポ-ト■レポ-トのタイトル:世界のクロロメタン市場2022年-2031年:製品別(塩化メチル、塩化メチレン、クロロホルム、四塩化炭素)■英文タイトル:Chloromethane Market (Product: Methyl Chloride, Methylene Chloride, Chloroform, Carbon Tetrachloride) - Global Industry Analysis, Size, Share, Growth, Trends, and Forecast, 2022-2031■発刊日:2022年11月16日■出版社:Transparency Market Research(トランスペアレンシーマーケットリサ-チ)■レポ-ト形態:PDF(Eメ-ルによる納品)■主な掲載内容クロロメタンは有機可燃性ガスであり、有毒で無色です。クロロメタン(CH...more
カテゴリー:

安楽死を巡る父娘の葛藤 フランソワ・オゾン新作「すべてうまくいきますように」ティザービジュアル - 11月17日(木)11:00 

フランスの名匠フランソワ・オゾンの新作で、第74回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に正式出品された「すべてうまくいきますように」のティザービジュアル、場面写真が一挙お披露目された。安楽死を...
カテゴリー:

ツイッター人気

こんなの見てる