「オカダ」とは?

関連ニュース

山田邦子(59)、レスラーのイケメン化に喜び。「ちょっと昔はね、みんな怪獣でした」 - 01月16日(木)22:46  news

sssp://img.5ch.net/ico/asopasomaso.gif 芸能界一のプロレスファンとして知られる山田邦子(59)が16日、4年連続で東京スポーツ新聞社制定「2019年度プロレス大賞」授賞式に駆け付けた。 式の途中でマイクを渡された山田は「どうも明けましておめでとうございます。綾瀬はるかです」とボケた。 「今日は各団体、みんな熟して、イケメンがチャンピオン。やっぱりいい時代が来たなと。 オカダ(カズチカ)君ももちろん格好いいですけど、清宮(海斗)君、それから宮原(健斗)君、みんな格好いい。 ちょっと昔はね、み...
»続きを読む
カテゴリー:

オカダカズチカとかいうチート級の男w - 01月16日(木)00:11  livejupiter

・新日本プロレスの看板レスラー ・恵体 ・イケメン ・高収入 ・スペイン語ペラペラ ・愛車はフェラーリ488GTB ・男根がサツマイモ級にでかい ・嫁が美人アイドル声優 ・アメリカのプロレス界でも絶大な人気 なんやこいつ… ...
»続きを読む
カテゴリー:

オカダ・カズチカ、“金メダルの雨”降らせる 2020年は「リスタート」 - 01月11日(土)14:46 

プロレスラーのオカダ・カズチカが10日、都内で行われた「第54回テレビ朝日ビッグスポーツ賞表彰式」に出席し、“金メダルの雨”を降らせた。
カテゴリー:

渋野が始球式!オカダ・カズチカに金…/写真特集 - 01月10日(金)19:52 

今年活躍したスポーツ選手や団体を表彰する「テレビ朝日ビッグスポーツ賞」の表彰式が10日、都内で開かれた。 昨年AIG全英女子オープンを制覇した渋野日向子、競泳の世界選手権で金メダル2個獲得した瀬戸大也らが出席した。 渋野がソフトバール投…
カテゴリー:

「結婚をしたら、声優を辞めろ」って言う奴の気持ちは分かるよな? 夫に抱かれてる奴が清楚キャラやってたらどう思うよ? - 01月10日(金)02:14  poverty

8組がゴールイン報告 声優の結婚ラッシュに沸いた19-20年末年始 2019~2020年にかけての年末年始は例をみないほどに声優の結婚発表が相次ぎ、SNSでも連日盛り上がりを見せた。 2019年に結婚を発表した声優を振り返りつつ、年末年始にかけてのゴールインラッシュの流れをまとめた。 年末年始に結婚発表した声優・立花理香、洲崎綾ら 昨年でいうと、三森すずことプロレスラーのオカダ・カズチカ(4月)、竹達彩奈と梶裕貴(6月)の結婚は特に大きな反響を呼んだが、 1月から2月にかけてアニメ『プリキュア』シリーズ声優の結婚が...
»続きを読む
カテゴリー:

ダルビッシュ有の助言「今になって気づいた」栄光と挫折味わった西岡剛が、たどり着いた新境地。 - 01月12日(日)10:05 

©Get Sports脚光を浴びていたスター選手でさえ、第一線を離れると瞬く間に世間の関心は遠のく。次々と新たなスターが生まれ新陳代謝が激しいプロ野球界では、そんな残酷な現実を突きつけられるのが常だ。しかし、どんな選手であれ、野球人生には大きな山と谷だけでは語り尽くせない、現在地に至るまでの様々な余白やグラデーションがある。2019年11月12日(火)に行われたプロ野球の12球団合同トライアウト。そこで大きく注目されたのが西岡剛だった。規定で2回までしか受験できないため、2年連続で挑戦した西岡剛は、今回が最後のトライアウトとなった。結果は4打数ノーヒット。「プレーヤーとして結果が出なかったのは残念」と、悔しい声が報じられた。さらに西岡は語った。「自分の中ではやり切ったうえでプレーしたので、振り返ってどうこうというのはあまりないですね」これは決して“勝負には負けた、でも全力を出し切ることが出来た”という紋切型のコメントでも、ただの強がりでもない。その発言の裏にあったのは、栄光と挫折だけの歴史ではあらわせない、西岡剛の切り取られることのなかった余白。驚くことに西岡は今シーズン、プロ17年目にして、初めて野球に全力で取り組んだという。その自負があったからこその“やり切った”という言葉だったのだ。2019年12月22日(日)に放送した『Get Sports』では、西岡選手にクローズアップし...more
カテゴリー:

オカダカズチカの試合ってつまらなくね? - 01月11日(土)05:33  livejupiter

技も展開も地味だし なんで人気あるの? ...
»続きを読む
カテゴリー:

【プロレス/新日本】東スポが内藤哲也&高橋ヒロムの祝勝会を独占キャッチ「俺がヒロム君を置いていなくなる人間だと思う?」 - 01月10日(金)17:00  mnewsplus

新日本プロレスのIWGPヘビー級&インターコンチネンタル2冠王者の内藤哲也(37)とIWGPジュニアヘビー級王者・ 高橋ヒロム(30)の東京ドーム2連戦祝勝会を独占キャッチした。2月9日の大阪城ホール大会で、内藤はKENTA(38)、 ヒロムはリュウ・リーとそれぞれ防衛戦を控える。その先に共通の景色を見据えつつ、防衛を誓い合った。 1・5東京ドームで偉業を達成した後の祝勝会を予告していた内藤は、約束通り本紙記者をファミレスに招集。さらには 1・4東京ドームでジュニア王者となったヒロムのお祝いも...
»続きを読む
カテゴリー:

中村俊輔「遠藤渓太の凄いところは“初速”」東京五輪世代で注目の日本人3選手 - 01月08日(水)18:12 

東京オリンピックの開催を控え、スポーツへの関心が高まる2020年。そんな今年のサッカー界の行方を占う国際大会「東京五輪アジア地区最終予選 AFC U-23選手権」が、1月8日(水)にタイで開幕する。同大会は、2年に1度開催される23歳以下の選手たちによるアジアNo.1決定戦。今回は東京オリンピックのアジア最終予選も兼ねており、開催国の日本を除く上位3カ国に出場権が与えられる(日本が3位までに入った場合は、4位に出場権が与えられる)。グループステージではA〜Dの4つのグループにわかれて総当たり戦を行ない、各組上位2か国がノックアウトステージに進出。東京五輪世代となるU-23のメンバーで挑む日本は、まずグループステージでカタール、サウジアラビア、シリアと熱戦を繰り広げる。フル代表も兼務する森保監督率いるU-23日本代表は、「東京五輪で金メダル!」を目標に掲げている。この「東京五輪アジア地区最終予選 AFC U-23選手権」は、東京五輪前唯一の公式戦であり、目標達成に向けてアジアNo.1の座は譲れない。前回、リオ五輪最終予選を兼ねた2016年大会では大激戦を勝ち抜き、決勝で宿敵・韓国との死闘を制してアジア王者に輝いた。東京五輪メダル獲得の行方を占う大事な大会、日本の東京世代に期待がかかる。©テレビ朝日そこで、1月9日(木)に行われる日本VSサウジアラビア戦を前に、世代別やフル代表として世...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「オカダ」の画像

もっと見る

「オカダ」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる